Morocco 2017 Vol.03|Fes el bali فـاس‎ フェズの旧市街 1

Borj Fez, Fès, 街で一番大きなショッピングセンターでカルフールが入っています

Bab Boujloud “The Blue Gate” ブージュード門。この門が旧市街の正門とされています。

レストラン

Bab Boujloud “The Blue Gate” ブージュード門を入って直ぐレストランや商店がもの凄い密度で立ち並びます

旧市街の街の様子。目抜き通りのルー・タアラ・スギヤ。

旧市街の街の様子。目抜き通りのルー・タアラ・スギヤ。

今回の宿、Dar El Bali(ダル エル バリ)の玄関。似た様な玄関が多いので凄く迷いました。

Dar El Bali(ダル エル バリ)の中庭上部

Dar El Bali(ダル エル バリ)のプリンセス、アミハ。ノルウェージャンフォレストキャットのツンデレちゃん。

今回の宿、Dar El Bali(ダル エル バリ)の玄関。似た様な玄関が多いので凄く迷いました。

Dar El Bali(ダル エル バリ)の中庭のテーブルセット

Dar El Bali(ダル エル バリ)の中庭正面反対側。この1階に泊まりました

今回の宿、Dar El Bali(ダル エル バリ)の中庭正面。典型的なアラベスク様式でシンメトリー

Dar El Bali(ダル エル バリ)の中庭反対面。典型的なアラベスク様式でシンメトリー

Dar El Bali(ダル エル バリ)の中庭反対面。典型的なアラベスク様式でシンメトリー

Dar El Bali(ダル エル バリ)の中庭反対面。

Dar El Bali(ダル エル バリ)の中庭反対面。典型的なアラベスク様式でシンメトリー

Dar El Bali(ダル エル バリ)の中庭反対面。典型的なアラベスク様式でシンメトリー

Dar El Bali(ダル エル バリ)の部屋の内部

Dar El Bali(ダル エル バリ)の部屋のドアの開閉。二重ドアで凝っています。

Dar El Bali(ダル エル バリ)の部屋内部のアラベスク様式のタイル装飾

中庭の隅に置いてあった、レストランのショップカード

Fesの夕景。南側を眺める

Fesの夜景。北側を眺める

Fesの街の路地

Fesの路地

Fesの路地

Fesのメインストリートの一つ、タラースギラの露天商

Fesのメインストリートの一つ、タラースギラの露天で売られていたフルーツ

Fesのルー・デポストの風景

Fesのルー・タラーデ・ポストの風景

Fesの通りの一つ、ルー・タラーデ・ポストをレストランChez Hakimから眺める。

Chez Hakimで出されていたミートプレート

Restaurant Chez Hakim(シェズ・ハキム)の店内の様子

先付けのオリーブとモロッコの伝統的なスープ、ハリラ。

モロッカンサラダ

Chez Hakimのハリラ。モロッコの伝統的なスープ

Chez Hakimのラムチョップ

Chez Hakimのチキンタジン。抜群の美味しさ。

Chez Hakimのベジタブルタジン鍋。これも抜群。

Chez Hakimの看板。目印はこれだけ。笑

Fesのメディナの風景

Fesのメディナの至る所にある、水汲み場。アラベスクのタイル装飾が美しいです。

Fesのメディナのメインストリート、タラー・ケビラ。露天が店じまいした後。

Fesのメディナのメインストリート、タラー・ケビラの露天

Fesのメディナのメインストリート、タラー・ケビラの露天

Fesのメディナのメインストリート、タラー・ケビラの路地

リヤド、ダル・エル・バリ近所の路地

リヤド、ダル・エル・バリ近所の路地の落書き

リヤド、ダル・エル・バリ近所の路地

Dar El Bali(ダル エル バリ)の部屋内部のアラベスク様式のタイル装飾

Dar El Bali(ダル エル バリ)の部屋でメールチェック中の平澤。メクネスワインを3本持ち込み、オーナーさんに呆れられました。笑

 世界遺産 フェズの旧市街 Fès el bali

フェズはラバト、マラケシュ、メクネス、カサブランカといった都市と共にモロッコの観光資源となっていて、その複雑な構造の旧市街地は迷路にも例えられ、1981年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。この旧市街はFes el bali(フェズ・エル・バリ)と呼ばれていますが、Fesの街全体では北側に位置し、駅を含めた現在の街のインフラは南側の新市街に集中しています。

今回泊るリアドがあるフェズの旧市街、フェズ・エル・バリはチュニジアからの移住者の居住区が元となったフェズ川西岸のカイラワーン地区と、イベリア半島からの移住者の居住区が元となった東岸のアンダルス地区で構成されおり、二つの地区は川をまたぐ市壁に囲まれています。

Borj Fez, Fès, 街で一番大きなショッピングセンターでカルフールが入っています。モダンな建築。

Fes駅からタクシーで10分程度のCTM(国営バス)のバスターミナルへ向かい、明後日のシャウエン行きのバスチケットを購入してから、晩酌用のメクネスワインを手に入れようと街で一番大きなショッピングセンターであるBorj Fezへ。この日の宿である、リヤドは旧市街の中にあり遅くまでやっているBarは皆無で、街中でお酒を飲める所が限られるからです。

Bab Boujloud “The Blue Gate” ブージュード門。この門が旧市街の正門とされています。コンパクトな門。

Bab Boujloud “The Blue Gate” ブージュード門脇のモロッカン・レストラン

Bab Boujloud “The Blue Gate” ブージュード門を入って直ぐレストランや商店がもの凄い密度で立ち並びます

旧市街の街の様子。目抜き通りのルー・タアラ・スギヤ。

旧市街の街の様子。目抜き通りのルー・タアラ・スギヤ。

今回の宿、リヤド Dar El Bali(ダル・エル・バリ)へ

Fes滞在中の宿は、Bab Boujloud “The Blue Gate” ブージュード門から徒歩で10分くらいの場所にあるDar El Bali(ダル・エル・バリ)にお世話になりました。フランス人のオーナーさんとモロッコのスタッフさん、そしてノルウェージャンフォレストキャットのアミハがおもてなししてくれるこじんまりとした素敵なリヤドです。リヤドは本来、モロッコの伝統的な住宅を意味しますが、こと旅行で使う場合は民宿のような宿をさします。フェズ旧市街の住宅では中庭が室内空間として積極的に利用されていて、中庭の上に簡素な屋根が掛かっている事が多く、これだけの人口密度があっても建物の中は開放感があり、静かで驚かされます。

今回の宿、Dar El Bali(ダル エル バリ)の玄関。似た様な玄関が多いので凄く迷いました。

Dar El Bali(ダル エル バリ)の中庭正面。典型的なアラベスク様式でシンメトリー

Dar El Bali(ダル エル バリ)の中庭正面反対側。この1階に泊まりました

Dar El Bali(ダル エル バリ)の中庭上部

Dar El Bali(ダル エル バリ)の中庭のテーブルセット

Dar El Bali(ダル エル バリ)のプリンセス、アミハ。ノルウェージャンフォレストキャットのツンデレちゃん。

Dar El Bali(ダル エル バリ)の中庭反対面。典型的なアラベスク様式でシンメトリー

Dar El Bali(ダル エル バリ)の部屋の内部

Dar El Bali(ダル エル バリ)の部屋のドアの開閉。二重ドアになっており、象嵌の装飾で凝っています。

Dar El Bali(ダル エル バリ)の部屋内部のアラベスク様式のタイル装飾

中庭の隅に置いてあった、レストランのショップカード

Dar El Bali(ダル エル バリ)の部屋内部のアラベスク様式のドアの象嵌

部屋でメールチェック中の平澤。メクネスワインを3本持ち込み、オーナーさんに呆れられました。。

典型的なフェズの家屋を改修してつくられたリヤドDar El Bali(ダル エル バリ)ですが、宿としての機能を最小限に抑え、できるだけ往年の姿で残されており、写真の様なモロッコイスラムの建築様式やアラベスク様式が堪能出来ます。幾何学性、左右対称、反復はアラベスクの神髄でありイスラムの象徴です。西アジアから中東、北アフリカに広大な信者圏を保つイスラム教ですが、建築に関しては一定の規則性の中に地域特性があり、バリエーションがあります。モロッコの場合、メッカから遠くは慣れている事もあるのかもしれませんが、例えばモスクのミナレット(塔)は見慣れた円形ではなく箱形でモダンな印象があります。

イスラム教は偶像崇拝(仏教であれば仏像、キリスト教であればキリスト像にあたるもの)を堅く禁じていますから、生き物の姿を描く絵画や彫刻が発達しなかった訳で、その代わりアラベスクのような幾何学性を伴うタイルパターンや象嵌が発達する訳です。これを最大限に生かすのは、建築であり空間でムスリムの芸術的表現と意欲が高度に発揮されています。また、カリグラフィーや写本技術(コーランを広めるため)隆盛を極めることになります。

 Fes el bali。街の夜景

Fesの夕景。南側を眺める

Fesの夜景。北側を眺める

Fesの街の路地

Fesの典型的な路地

Fesのメインストリートの一つ、タラースギラの露天商

Fesのメインストリートの一つ、タラースギラの露天で売られていたくるみ?

Fesのルー・タラーデ・ポストの風景

Fesの通りの一つ、ルー・タラーデ・ポストをレストランChez Hakimから眺める。

Fesのメディナの風景

Fesのメディナの至る所にある、水汲み場。アラベスクのタイル装飾が美しいです。

Fesのメディナのメインストリート、タラー・ケビラの露天

Fesのメディナのメインストリート、タラー・ケビラ

Fesのメディナのメインストリート、タラー・ケビラの露天

リヤド、ダル・エル・バリ近所の路地

リヤド、ダル・エル・バリ近所の路地の落書き

リヤド、ダル・エル・バリ近所の路地

Fes。初日の夕食 

Chez Hakimの看板。目印はこれだけ。笑

Restaurant Chez Hakim(シェズ・ハキム)の店内の様子

Chez Hakimで出されていたミートプレート

Fes初日の夕食は、トリップアドバイザーで評判の良かったレストラン Chez Hakimにしました。リヤド、ダル・エル・バリから徒歩5分程度。Fesの旧市街では、モロッコ料理以外のレストランを探す方が酷なのですが(笑)僕的には旅行中ずーっとモロッコ料理でも飽きない自信があるので、迷わずこの店へ。 

Chez Hakimの先付けのオリーブとひよこ豆の和え物。

Chez Hakimのモロッカンサラダ

Chez Hakimのハリラ。モロッコの伝統的なスープ

Chez Hakimのラムチョップ

Chez Hakimのタラのタジン鍋。抜群の美味しさ。

Chez Hakimのベジタブルタジン鍋。これも抜群。

欲張りすぎて頼んでしまった事もあり、食べきれず少し残してしまったのですが、 どれもこれも安定の美味しさ。モロッコは野菜も豊富で海産物も肉(豚や肉食動物以外)も豊富なので、自ずとレシピのバリエーションも豊富。今回の旅全体で言えますが、食で外す事は無かったです。美味しいものを食べると印象に残るし、良い思い出になりますからね。ちなみにこれだけ食べて180MAD(=2020円。2017年2月)。

 レストラン Chez Hakim
n 12 El Batha, Rue de la Poste | Fes, Fes 30030
+212 5357-40816

 

Morocco 2017 Reported by Futoshi Hirasawa

過去のDesigncafeのデザイン旅行記はこちらのページでご覧ください。