Da nang/Hoi An 2016 Vol.03|Naman Retreat ナマン・リトリート 3

ナマンリトリート前の東シナ海(Biển Đông Việt Nam)。思ったよりも綺麗な海でした。

コンベンション棟。中規模の会合が開ける規模感です。

パブリックプール。

ナマンリトリートの利用者のみ使用できるプライベートビーチ。

ナマンリトリートの宿泊者のみ使用できるプライベートビーチ。

レジデンス棟からコンベンション棟に連なる路地。カートが行き来します。

購入型レジデンス周辺の路地

物産店が入るヴィラ

ハイハイレストランとパブリックプール

レジデンス棟を繋げる路地。

アパートメント棟の前にある共同プール。

PURE SPA 棟。他のバンブーで土着的な建築と異なり、ルーバーと蔦で構築された建築。この組み合わせ、最近の東南アジアではよく見かけるスタイルです。

PURE SPA棟

PURE SPA 棟の外観のディティール。

PURE SPA 棟の1Fロビー。水盤と蔦の効果で涼しげに感じます。

PURE SPA 棟の1Fロビーの設え。

PURE SPA 棟の1Fロビー。白基調のモダンなインテリア。

PURE SPA 棟の1Fロビー。水盤と蔦の効果で涼しげに感じます。

PURE SPA 棟の1Fロビー。中庭を介してコリドールなフロアレイアウト。水盤と蔦の効果で涼しげに感じます。

PURE SPA 棟の1Fロビー。白基調のモダンなインテリア。

PURE SPA 棟のコリドー。ここからトリートメントルームに上がります。

PURE SPA 棟の1Fロビーのルーバー。

PURE SPA 

PURE SPA 棟。他のバンブーで土着的な建築と異なり、ルーバーと蔦で構築された建築。この組み合わせ、最近の東南アジアではよく見かけるスタイルです。

PURE SPA 棟の外観のディティール。

15室のトリートメントルーム、男女共用のジャグジーバスルーム、スチームル ーム 、サウナ 、エクササイズジム、ヨガパビリオンで構成されているPURE SPA。マッサージから指圧マッサージ、ボディラップ、ペディキュアまで多様なトリートメントコースが有り、宿泊するともれなくマッサージのサービスが受けられます。

PURE SPA 棟の1Fロビー。水盤と蔦の効果で涼しげに感じます。

PURE SPA 棟の1Fロビーの設え。

PURE SPA 棟の1Fロビー。白基調のモダンなインテリア。

PURE SPA 棟の1Fロビー。白基調のモダンなインテリア。

PURE SPA 棟の1Fロビー。水盤と蔦の効果で涼しげに感じます。

PURE SPA 棟の1Fロビー。中庭を介してコリドールなフロアレイアウト。水盤と蔦の効果で涼しげに感じます。

PURE SPA 棟のコリドー。ここからトリートメントルームに上がります。

PURE SPA 棟の1Fロビーのルーバー

 トリートメントルーム内はさすがに撮影できませんでしたが、ハーブオイルを使ったマッサージで、ホーチミンで流行っているストーンマッサージでは有りませんでした。施術の方は可もなく不可もなくで、特段なものでは有りませんでした。宿泊者がもれなくサービスとして付帯されるので、日中でも混雑しており、サービスのクオリティが担保しきれないのでしょうね。この辺は改善されると良いなと思います。

ナマンリトリートの周辺環境。リゾート考察。

ナマンリトリート前の東シナ海(Biển Đông Việt Nam)。思ったよりも綺麗な海でした。

購入型レジデンス周辺の路地

ナマンリトリートは、目の前が東シナ海(Biển Đông Việt Namと呼ばれています)で、典型的な海岸リゾートです。ここに宿泊用のアパートメント、レジデンス、物産ショップの棟、レストラン、バー、ラウンジの他、購入権のあるレジデンス、年間40日のヴィラ利用権のレンタルプログラム、分配収益が受けられるサービスなど、利用の形態が多彩です。この多彩なプログラムを支えているのは、間違いなくこの環境とファシリティーです。

アパートメント棟の前にある共同プール。

レジデンス棟を繋げる路地。

ハイハイレストランとパブリックプール

物産店が入るヴィラ

レジデンス棟からコンベンション棟に連なる路地。カートが行き来します。

ナマンリトリートの利用者のみ使用できるプライベートビーチ

ナマンリトリートの利用者のみ使用できるプライベートビーチ。

Bラウンジ前のパブリックプール。

パブリックプール

コンベンション棟。中規模の会合が開ける規模感です。

PURE SPA 棟。他のバンブーで土着的な建築と異なり、ルーバーと蔦で構築された建築。

規模感的にはそれほど大規模ではないナマンリトリートですが、多様な利用方法を担保するためのファシリティが備わっており、このリゾートが昨今のリゾートトレンドを踏襲しながら、経年での魅力を計算し計画されていることがよく解ります。現在のリゾートは、投資の効率から勘定するとショートトリップの観光客相手だけでは成立しません。長い期間の中で投資を考慮すると、建築を含めた環境デザインは大切なポイントであり、そこに付帯するサービスは差別化を生み出す大きな武器となります。ナマンリトリートは、その点で非常に解りやすく、発展途上の国のディベロッパーが開発しただけに成長の余地を感じました。クオリティーもまずまずで、これからに期待したいです。

ナマン・リトリート NAMAN Retreat

Truong Sa Road, Ngu Hanh Son District, Da Nang, Đà Nẵng 550000 ベトナムnamanretreat.com
+84 236 3959 888

Da nang / Hoi An 2016 Reported by Futoshi Hirasawa