Da nang/Hoi An 2016 Vol.04|Hội An district ホイアンの街

ホイアンのDistrict。細い路地が続きます。

ホイアンの民家の路地

ブロックはこんな感じ。

ホイアンの建築中の民家。組積造で地震が怖い造りです

ホイアン、チャンフー通り

ホイアン、チャンフー通り

ホイアン、チャンフー通りのサイン

Hoian Roasteryの店内の天井。古民家をそのまま活用しています

Hoian Roasteryの外観

カフェ

Hoian Roasteryの軒下

Hoian Roasteryのミルクシェイク。

福建会館のエントランス

福建会館

福建会館の祭壇。おなじみの渦巻線香が。

福建会館の回廊をつなぐ通路

福建会館の祭壇。

福建会館のガーデン。多様な植栽が施されています。

福建会館のガーデン内にある龍の噴水。

福建会館の客間。左はISSUNの田中行さん。

ホイアンの街並

古都ホイアンのトゥボン川の港

ホイアンの雑貨屋

トゥボン川

ホイアンの雑貨商

民家で昼寝している少年。のどかです。。

ホイアンの夕方。夏場日差しの厳しいホイアンは夕方から人で賑わいだします

チャンフー通りの夕方

道という道が露天商で賑わいます

生活に必要なありとあらゆるものが露天に並びます

観光客向けのカフェ

ホイアン市場。活気がありました、ものすごい臭気でした。

マーケットの中

マーケットで談笑しているおばちゃん

雑貨商。ほぼ観光客向け。

雑貨商

ホイアンの洒落たカフェ

ホイアンの港。土が堆積して浅瀬になった為、港としての機能はダナンに譲ることに

古民家を活用した店

ホイアンの雑貨商

レストランの壁にあったノンラー (葉笠)を使った壁照明

ホイアンのアイコン、ランタン。

ホイアンの夜景

Hội An district 古都ホイアン

古都ホイアンのトゥボン川の港

ホイアンは、ダナンから南へ30キロ、トゥボン川の河口に位置する古い港町。ヨーロッパ人にはファイフォと呼ばれ、中国人街を中心に古い建築が残り、1999年にユネスコの世界文化遺産に登録されています。歴史的には、フエに広南阮氏政権が樹立される16世紀末以降、ポルトガル人、オランダ人、中国人、日本人が来航し国際貿易港として繁栄しました。ダナンと異なりベトナム戦争時代に破壊されることもなく街並みは残され、当時の繁栄ぶりを今に伝えています。

トゥボン川

ホイアンの街並。露天商が賑やかです。

ホイアンのDistrict。細い路地が続きます。

福建会館

福建会館のエントランス

福建会館は17世紀に創建された華人の會館で、ホイアンの交易が最も盛んだった頃に社交場として造られました。祭壇の奥には天后聖母が祀られています。中国庭園が敷地の大半を占め、龍の石刻や象嵌のタイルなどがあしらわれとても贅沢な造りをしています。

福建会館の祭壇。おなじみの渦巻線香が。

福建会館の客間。左はISSUNの田中行さん。

福建会館のガーデン内にある龍の噴水。

福建会館のガーデン。多様な植栽が施されています。

福建会館の祭壇の建具

福建会館の回廊をつなぐ通路

<福建會館>
住所:46 Tran Phu Street.,Hoi An
電話番号:050 3861 252
営業時間:7:00-17:30

Hoian Roastery

Hoian Roasteryの外観

コーヒー豆を選別し、自家焙煎を行い、時折ワークショップを開催する西洋人オーナーこだわりの本格派コーヒーショップ。ホイアン市内に3店舗構え、観光客で賑わっています。焙煎コーヒーからベトナムコーヒまで一通りあり、ケーキやマフィン、イタリアンアイスクリームなど小腹を満たしてくれるスイーツもあります。店内はオーセンティックで古民家を改修したインテリア。

Hoian Roasteryの店内の天井。古民家をそのまま活用しています

Hoian Roasteryの軒下

Hoian Roasteryのミルクシェイク。

HOI AN ROASTERY(ホイアン・ロースタリー)
http://hoianroastery.com/
■チャンフー通り店
135 Tran Phu , Hoi An
0235-392-7772 , 0908-038-330
営業時間:7:00~22:00

 ホイアンの街並

ホイアンの建築中の民家。組積造で地震が怖い造りです。このブロック、モロッコでも見かけました。

ブロックはこんな感じ。

ホイアンの民家の路地

ホイアン、チャンフー通り

ホイアン、チャンフー通り

ホイアン、チャンフー通り

ホイアン、チャンフー通りのサイン

ホイアンの雑貨屋

ホイアンの洋服屋

民家で昼寝している少年。のどかです。。

ホイアンの夕方。夏場日差しの厳しいホイアンは夕方から人で賑わいだします

グエンタイノックの夕方

道という道が露天商で賑わいます

生活に必要なありとあらゆるものが露天に並びます

観光客向けのカフェ

ホイアン市場。活気がありました、ものすごい臭気でした。

マーケットの中

マーケットで談笑しながら買い物しているおばちゃん

雑貨商。ほぼ観光客向け。

石を売っている店もあります。建材でしょうか。

ホイアンの洒落たカフェ

ホイアンの港。土が堆積して浅瀬になった為、港としての機能はダナンに譲ることに

古民家を活用した骨董店

ホイアンの飲食店

レストランの壁にあったザルを使った壁照明

ホイアンのアイコン、ランタン。

ホイアンの夜の路地

古き良き田舎町といった風情を残すホイアンですが、街が小さいゆえ1日あれば十分に堪能できます。ホイアンはこの時期、日差しがかなり強く湿度も温度も高い為、日中の野外の活動はかなり制約され、実際に現地の人は、屋内で避暑しながら生活している感じがあり、夕方〜夜にかけて(観光客がはけてきた頃)屋外に繰り出します。とても印象的だったのは、子供達。店が閉まる20:00以降になると一斉に野外に飛び出してサッカーやバドミントンで遊んでいました。観光の街ですし、この気候ですし。

ベトナム戦争でも破壊を免れたのは、古都という側面も大きかったと思います。日本も太平洋戦争では京都が戦災を免れましたが、古都などの遺産を破壊すると、戦争で勝っても遺恨を残しますからね。

Da nang / Hoi An 2016 Reported by Futoshi Hirasawa