The 45th Tokyo Motor Show 2017 “YOKOHAMA Rubber”

100周年の節目をダイナミックな造形で寿ぐ

創立100周年を迎えたYOKOHAMA(横浜ゴム)。長い歴史の中で培ってきた技術の蓄積と未来へ向けた次世代技術を訴求しながら「展示車両を用いない」「展示商材であるタイヤのみ」にフォーカスを絞った展示空間を展開。グラススクリーンを用いたシースルーな映像とエモーショナルなエレメントで展示構成を行なった。ブースの象徴となるエモーショナルなエレメントは、YOKOHAMAのアイデンティティである5本のスラッシュラインと100周年記念ロゴマーク。このエレメントは、100周年のさらに先の未来に向けて力強く進んでいく情熱を発光体で表現し、YOKOHAMAの高い技術力とチャレンジスピリッツを象徴している。

-
ブースデザイン _  Designcafe 平澤 太 / 小川周一郎
イベントプロデュース _  COMMONS 今井 誠
クリエイティブディレクション _ COMMONS 佐藤敏弥
イベントディレクション_ スリーライト 中川貴夫 / 小野俊太郎
プランニングディレクション _ Mitt 加山秀之
プロダクション _ Threelight / EXTRADREI / 昭栄美術
エージェンシー _ COMMONS
クライアント _ ヨコハマゴム
撮影 _ 小渕喜幸
カテゴリー _ 展示会ブースデザイン・イベントブース・展示会装飾・トレードショー
ロケーション _ 東京ビックサイト

Category: Exhibition Stand / Exhibition Booth Design
Location: Tokyo/JAPAN
Design: HIRASAWA FUTOSHI  / OGAWA SHUICHIRO / Designcafe
Produce: IMAI MAKOTO / COMMONS 
Creative Direction: SATO TOSHIYA / COMMONS
Product Direction: NAKAGAWA TAKAO / EXSTRADREI
Production: Threelight / EXSTRADREI / SHOEI BIJUTSU
Client: YOKOHAMA Rubber
Photo: OBUCHI YOSHIYUKI