Designcafe-Blog | ブログ

Designcafe™ の主宰者、平澤太のブログです。デザイン考、ライフワーク、インサイト、旅行などを不定期に綴っています。

環境デザインのこと・その2

IMG_2024.JPG

写真は僕が参画しているプロジェクトの1つで某駅ビルの環境デザインプロジェクトの現場です。週末で完成しますから今が佳境ですね。僕の事務所はお陰様で色々なお仕事の相談を頂くのですが、今年はこの環境系のインテリアデザインのプロジェクトに参加する機会に恵まれたと思っています。この写真のプロジェクトは、設計というよりも環境と接点を持つテナントのデザインディレクションが僕のミッション(環境のデザインも参加していますが)で、テナントサイドのデザイナーとデザイン上の調整や指摘、指導を行っていく仕事です。テナントによっては、グランドルールやSI(ショップアイデンティティー)を持っているテナントもあるので、そのルールとの整合をある程度考えてあげないと旨く纏まりません。

環境デザインは、施設のコンセプト、戦略、ターゲットクラスターを明確にしデザイン言語を確定していくのですが、通常の店舗(路面ショップの建築からテナントショップまで問わず)と異なり、内外要素との折衝や接点が多い故の問題事項が山積することが常です。それをデザインという方法で解決していく訳ですが、自分たち以外の立場の人たち・・営業、運営等のクライアントサイドから構造、設備、施工等の施工サイド、そしてテナントサイドと周辺の方達への理解を持ち合わせないと上手くいきません。

先週、僕の事務所でデザインを手伝わせて頂いた池袋P”Parcoの地下1階の環境リニューアルがオープンしたのですが、同じ環境デザインでもクライアントの考え方やポリシーで進め方は180度違います。そういう意味で高い柔軟性とデザインとしての解決手段の引き出しの多さが必要なのかもしれません。今回、2つの案件を経験して改めて感じました。

テクノラティプロフィール

環境デザインのこと その1

僕のような商業施設やショールームをメインに設計している方は皆さん一緒だと思うのですが仕事的には1年で一番ピークがこの時期。12月に向けてオープンする案件の施工(の設計管理)と来春オープンする案件の設計業務が丁度バッティングするんですね。大手の設計事務所やディスプレイ会社の設計部門ですと、ノルマもあるでしょうからもっと忙しいかも知れませんね。

今年は去年以前と比べて環境設計(500坪以上の商業施設のテナント以外のパブリックデザイン)の案件が多く一番の変化なのですが、今まではテナント側で設計していた立場がパブリックデザインという立場で逆転すると、色々とまどうことが多いのです。まずジャッジを受けるべき相手、協議し折衝しないといけない相手が格段に増えること。当たり前なのですが、規模の大きさに比例して関わる方の数も増えるのでコミュニケーションを円滑に取っておかないと現場の人たちに迷惑がかかってしまうんですね。

環境設計の多くは、消防と建築の各種法規との格闘になります。法規と格闘すること自体は、あらゆる建築物、商業施設、展示施設全てに言えますが、大型商業施設の環境は、施設の環境以外にそこに出店するテナントの設備要素も加味して絡んでくるため、複雑で難しいのです。その為、僕らのようなデザイン(意匠設計)担当以外に、建築実施設計担当、給換気設備担当、給排水設備担当、電機設備担当、テナント調整&折衝する内装管理室、コストマネージメント担当、そして実際の施工を行うゼネコン(サブコン)と施工担当以外の各種設計&エンジニアが協働して、実際のファシリティの構築と平行してこの法規と格闘していくわけです。「僕、このデザインが良いから、みんなこれでいくよ!」とはいかないのです(笑)。通常一番大変なコスト調整以外の部分にも難しさがあります。

色々な難局があるわけですが、オープン1ヶ月前がヤマでそこまでにテナントとのデザイン調整が完了すれば、概ね現場の設計管理のみですみます。現場は一番大変なのですけど、もうちょっとでこの状況なるので、待ち遠しいです。仕事はこれだけでは無いのですが、大きい案件から落ち着くと仕事のペースも落ち着くので、頑張りたいです。。

静岡へ

今日は朝から新幹線に乗り静岡へ行って来ました。目的は靴屋さんの設計と販促ツールのデザインなどをセットにした依頼で、初めて面識を持つクライアントです。わざわざ駅まで迎えに来て頂いたので恐縮しつつ、現地視察へ。。築30年ちょっと木造モルタル造2階建てのいわゆる一昔前の木造で出来た既存のお店(建物の持ち主は依頼主)をフルリノベーションします。ただ、階段を新設したり、柱の一部を移設したり、移設に伴って構造を見直して補強したりなので色々やることが多そうです。オリエンがメインだったので、お店を作り直すきっかけや動機、新しいお店に求めることなどファシリティーの部分の説明を中心にお聞きし、その後現場の写真や実測、周辺環境などを調査して今日は引き上げました。次回はこれを元にアウトラインを作成しプレゼンします。年末オープンが希望とのことだったのですが、アクションプランを一度立てて現実的に可能かどうかもプレゼン時に提示します。正直厳しい・・・(笑)

クライアントと昼食を頂いた後に帰りの新幹線に乗りとんぼ返りで東京へ。事務所に戻ってサイン業者と近日オープンのサインの制作打合せを済ませ、メールを処理し、竣工間近の自由が丘の現場へ。ダメチェック(手直し工事の事前チェック)と残工事の確認、追加工事の内容をクライアントと確認し、時間も遅くなったので近所の小樽食堂でクライアントと食事。お店の方は完成直前なので今日は前祝い的な部分と商品の事で意見交換。帰宅は12時となんともヘビーな一日でした。。

CGソフト「Shade」

ここの所プレゼンが立て込んでいてなかなかblogの更新がままならなくなってしまったのですが、ようやく元の生活に戻れそうです。今回は2案件のプレゼンを先週と今週と立て続けであったのですが、そのうちの1件は久しぶりに自分でパース(CG)を起こしました。ここ数年、役割的に僕自身がパースを描くよりも、外注してしまった方が時間が節約できる事もあって自分で書くのは久しぶりだったのですが、良い機会だと思い愛用しているCGソフト「Shade」を Shade 8 professionalにアップデートしました。プレゼンでアップデートするのはかなり勇気が要ることなんですが、こうでもしないと(新機能を)覚える機会を失いそうなので、思い切って実行。結果は散々だったのですが、Radiosity3は、思ったよりもいい感じでした。

僕のCG歴は、1996年頃からなので約9年くらいのキャリアになりますが、Shadeを本格的に使い始めて6年くらい。その前は ModelShopという当時はワイヤーフレームしか組めないCGソフト(・・と呼べるのかな。笑)でモデリングを行って、Photoshopでテクスチャーを貼り込むような事をやっていました。デジタルなんだけど、色付と素材は手動、陰影や照明も手動(笑)なので、手書きの雰囲気も出るんですね。なのでShadeやstrataやFormzがリリースされて、デモ見たときは大感激したものです。今だと選択肢も増えてリアルなパースは当たり前になっていますよね。

今回プレゼンの資料作って思ったのは、資料の作り方はプロジェクトの規模や範囲によって変わるとしても体裁そのものは、ここ10年変わっていないことです。少なくてもアプリケーションは、変わっていない。9年前はデジタルでやること自体が物珍しがられた部分もあって、内容よりも成果物で仕事が決まってしまう事(余り良い事じゃないけど)も度々ありました。今はありえないでしょうけど。それと同時に、「当たり前だから」故に、内容も体裁もより良いものにしておかないと、直ぐ外されてしまうことです。なのでCGや模型と言った「3次元の表現が可能な成果物」のクオリティには凄く神経を使います。

今回のプレゼンでは、外注する際にお願いしているCGパーサーに2件ともお願いしよう思っていたのですが、1件が精一杯との回答だったので、一度は他のパーサーを捜しつつ結局自分で描きました。本当は自分で描かないでその間に企画書の内容を詰める時間に割きたかったのですが、初めて取り組む人ほどコミュニケーションの疎通で時間を費やしてしまうので時間的な余裕が無かった訳です。デザイナーやアーキテクトは自分で検証できる上でもCGそのものは使えるスキルを持っていた方が良いに決まっているのですが、同時に自分と同等以上の分身も探さないといけないのでしょうね。今回身にしみて感じました。。

Organic cafe & Planet3rdの閉店

今年に入って思い出深いcafeが2つ立て続けて閉店してしまいました。一つは元祖「ゆるカフェ(勝手に命名)」の中目黒のorganic cafe。そしてもう一つがブロードバンドカフェのマスターピースとも言うべき渋谷新南口のPlanet3rd。organic cafeは、東京のクリエイターがこぞって通った名店でしたね。ご飯も美味しいし、今のカフェの流れを最初に作った記念碑的なお店でした。イームズ等ミッドセンチュリーのファニチャーやガジェットで彩られた空間は、居るだけでハッピーになれたものです。個人的には20代に良く通い、ここ数年は少し落ち着いたお店(特に食の指向が変わったことが大きい)にシフトしたこともあって、閉店したのも友人からの話で知りました。せめて最後くらい立ち会えればよかったなと、後悔しています。

もう一つのお店、Planet3rdも週末よく利用したお店で、Barとクラブが複合した展開と、新南口という「穴場立地」と、Macが常備されていてちょっとした時間つぶしにもってこいということが気に入って、開店した当初は殆ど毎日行っていました(笑)。そのころはお客さんも疎らですごく良かったけど、閉店間際は食事時は混雑していて、外人の利用率も高かったから時間を外さないと、Mac席に座れないことも度々ありました。食事はとびきり美味しいカフェ飯・・と言うわけではなかったけれど、店員の接客も良くて居心地が良かった。今やCDのコンピレーションもリリースしたり、全国区になりつつある Planet3rdですけど、元をただせば、渋谷新南口高架下から全てが始まったわけですから何か寂しさを感じます。役目が終わったということなのでしょうかね。。

リーフレット

主に新規の得意先に配るリーフレットが出来上がってきました。去年、今年手がけたプロジェクトを中心に3枚折りのマットコート紙にプリントしたものです。表はスミで内側は白+スミの硬派な感じですが(笑)、構成も偏らないように注意して編集したので印刷屋から上がってきたときは悦に浸れました。この手の、いわゆる販促物は枚数を刷り込んでしまうと刷新しにくくなってしまう(常に最新の内容にしたいので)為、どうしても小ロット(100~500枚)で発注したいのですが、なかなか対応してくれる印刷屋さんが少ない。僕の所は去年から取り引きしている印刷屋さんでお願いしているのですがオンデマンドの小ロット印刷に対応してくれて、価格も良心的なので助かっています。名刺も封筒も同じ印刷屋さんに発注しています。

日本橋界隈はキンコーズなどのDTPセンターが交差点毎にあるのでプレゼン前の大量プリント&製本とかはキンコーズ、プリントの仕上がり重視の場合は印刷屋さんと使い分けをしています。キンコーズが事務所の近くにあるのは重要です(笑)。ちなみに印刷屋さん密度も結構濃いです(笑)。。