Designcafe-Blog | ブログ

Designcafe™ の主宰者、平澤太のブログです。デザイン考、ライフワーク、インサイト、旅行などを不定期に綴っています。

忘年会 2013

先週の金曜日は、うちの事務所の忘年会でした。2004年の創業の年から毎年末やっている忘年会ですが、丁度丸10年。10年ってあっという間ですね。確か、最初の忘年会は9人くらいの飲み会でした (笑)。

忘年会は、その年のバロメーターみたいになっていて、特にお世話になったメーカーさんや恊業したデザイナーや建築家、フォトグラファーやグラフィックデザイナーなど事務所にとって「身内」のような近い人だけを誘ってやっており、ここ数年は顔ぶれが固定化しているせいか、横のつながりもなじみのある会になってきました (笑)。毎年書いている事ですが、僕らのような仕事は一人ではできないし、色々な職能の人たちの力を借りて成立しているので、こういう場と言うか感謝の気持ちを伝える場所は大切です。一年を良い事も悪い事も含めて振り返って、そして忘れる事。来年一年をより良くする為にリセットする、重要な儀式です (笑)。

今回の会場は、蔵前のシエロイリオに出来たばかりの貸し切り専用の「ファニングルーム」で、隅田川とスカイツリーを眺めながら、イタリアンとスパニッシュのビュッフェスタイルで楽しみました。ほぼ立食スタイルですが、この方が色々な人と話が出来るし、いいですね。イーストトーキョーを代表する大箱カフェということもありますが、この日を楽しみに来てくださった人も居て良かったです。

二次会は、上層階にあるリバヨンで。リバーサイドの四階にあるからこの名前なのですが、ここはお座敷のようになっていて、卓球台があり、卓球チームと呑み語りチームで分かれて楽しみました。いいですね、こういうのも。

去年の忘年会は結局最後引きづり出され、想っていた事が言えずじまいでしたが、今年は参加してくださった皆さんを一人一人、感謝の気持ちを込めて僕から紹介しました。丸10年でやっと思った通りにできたかな、と。

東京・う・つ・す・会 – 浅草 –

僕が所属している JIPAT(東京インテリアプランナー協会)のイベント、東京・う・つ・す・会に参加してきました。初冬の浅草を観光しながら写す(写真)映す(スケッチ)移す(詩など w)をテーマに思い思いの浅草を切り取るイベントです。 僕は、愛用しているレンジファインダータイプのデジタルカメラ(FUJIFILM X-Pro1)と単焦点広角レンズ(21mm)と明るい単焦点の標準レンズ(53mm)の二本を携えて、初冬の浅草の街を散策しながら撮影してきました。

僕らの散策コースは、浅草寺雷門→仲見世→本堂→銭塚地蔵尊→浅草はなやしき→伝法院通り→東武浅草駅→隅田川テラス→東京クルーズ発着場&吾妻橋→浅草観光センター。このコースを約3時間掛けて廻りました。この日は天気もよく、暖かかったので観光客がとても多かったのですが、なかなかここまで真剣に?写真を撮る事も少ないので、ファインダーを覗きながら切り取る風景に熱中しました。

撮影終了後は、カフェ・ムルソーで各々うつしてきた作品を品評。写真にせよスケッチにせよ、見る人の視点によって同じような景色でも異なって見えますし、魅力の引き出し方に個性が出ますね。それがとても興味深かったです。ちなみにこのカフェ、隅田川沿いの絶好のロケーションで、食事もおいしく(僕はビーフシチューを頂きました)食後のドルチェも良堪能できました。

Tokyo Motor Show 2013 -東京モーターショー2013

今年も東京モーターショーへ、事務所のメンバーで行ってきました。
Designcafeでエキシビションのスタンドデザインを手がけるようになってから、特に意識して行っている東京モーターショーですが、今年は前回以上にエコカーが百花繚乱といった感じで、環境共生や環境配慮に則った車が数多く出展していました。 モーターショーは(ご存知の方も多いと思いますが)その国のメーカーが世界に先駆けて発表する(ワールドプレミア)が目玉で、今回の東京では国産車各社が目玉となる新車をリリースしています。

 その中で、各社のスタンドデザインは、そのブランドを象徴する大切な要素であるので、各社気合いを入れて(笑)色々仕掛けてきます。ここ数回のモーターショーの傾向としては、CM連動型(CMや広告の知名度を生かして、ストーリー性のある展示がメインでTOYOTAやHONDAなど主に国内メーカーが実践)かプロダクト・ブランド訴求型(所謂従来の展示でブランドアイデンティティやプロダクトバリューを訴求する直球の展示で、主に欧州メーカーが実践)の大きく二つに別れます。 来場者の関心はあくまでも車なので、展示車をどう魅力的に訴求していくか?ということであれば前者も後者も差がないと思いますが、印象として強く残るのは前者、ブランドの品格を感じるのは後者といった感じでしょうか。

 個人的にCM連動型ブースで印象に残ったのはHONDA

「枠にはまるな。」という今期のステートメントに則った、シンプルな会場構成にメッセージを散りばめたスタンドデザインを展開。国産車の中でも現実的にリリースされそうな2台のミッドシップ「S660 CONCEPT」と「NSX CONCEPT」がステージ上でメイン展示されており、12月に発売されるヴェゼルなど、見所満載。

本田技研工業という社名には、自動車の文字も、2輪車の文字もなくさまざまなものを作り出す意味が込められていますが、今回のモーターショーでは4輪車、2輪車、汎用機、ロボットなどを展示しており、ステートメントをそのままに“枠にはまるな。”というメッセージを強く訴えかけています。ショータイムで流される映像もHONDAが町工場から2本のスパナでスタートした事を想起される映像で、2個のナット(二輪)が街に飛び出し、タイヤのごとく疾走しながら、次第に4個(四輪)、最後はジェット機へ昇華していきます。この映像はとても素晴らしくて、しばらく見入ってしまいました。コピーといい映像のデフォルメの仕方といいHONDAは上手いですね。

スタンドデザインとしては、突出した見所はありませんが、自社をどう上手く来場者に伝え、訴えかけていくか?という視点ではとても機能していたブースデザインだと思います。
東京モーターショー2013 HONDA stand

プロダクト・ブランド訴求型ブースで印象に残ったのはAUDIとVWとスバル

AUDIとVWについては、毎回期待を裏切らないというか(笑)スタンドデザインも見せ方も上手く、世界中を廻るモーターショーで統一したブランドイメージを訴求しています。欧州メーカーは、ユーザーとの距離感を少し持たせる・・間を取るようなスタンドデザインが多いですが、今回の2社は点在させながらユーザーフレンドリーに導線されていて好感が持てました。特にVWは、TOYOTAと並ぶ全カテゴリーの多様な車種を持つメーカーですから、特に必要としていたのかもしれません。TOYOTAがCMをそのまま会場に持ち込んでいったやり方と対局を成しますね。
東京モーターショー2013 AUDI stand
東京モーターショー2013 VW stand

 東京モーターショー:スバルブース個人的にはSUBARUのスタンドデザインも印象に残りました。 世界の名だたる自動車メーカーが軒を連ねるので、派手な側面に目が行きがちですけど(笑)、シンプルながらも巧妙にプランニングされた配置・・バックウオール前のLEVORGの見せ方など、裏手に廻らないと見えない(見せない?)手法は、東京では目新しいし提案する上でも勇気が居るのではないかと(笑)。SUBARUは他の乗用車メーカーに比べて車種が少ない事もありますが、ブランドカラーのブルーとLEVORGのカラーがスタンドケーシングのホワイトとよくマッチしていて素敵でした。前回もスバルのスタンドデザインはとても良かったのですが、今回も感銘を受けました。
東京モーターショー2013 SUBARU stand

東京モーターショーは回を追うごとにECOを訴求した環境指向のモーターショー(他の都市で開催されるモーターショーとの棲み分けもありますが・・)になっており、今回も日本ならではのハイエンドテクノロジーを各社競いながら、「日本ブランドの訴求」を最重要テーマとして据えています。近年の自動車テクノロジーは、日本とドイツが牽引してることを考えると、ずれてはいません。 同時にアメリカメーカーの不在、日本マーケットの縮小からくるイベントとしての祝祭感は寂しい感じで、主催者側の想いと来場者の意識が乖離しているのかなと思いました。 イベントは想いと志と同じ位、モノが売れていないと厳しいということなのでしょうね。

 

IFFT interior lifestyle living 2013

先週末に東京ビッグサイトにて開催された、IFFT interior lifestyle living 2014に行ってきました。元々は東京国際家具見本市(IFFT)にメサゴメッセが主催するインテリアライフスタイルが加わって2008年にリニューアルスタート。年二回開催のインテリアトレードショーとして業界ではとても有名な展示会です。その中でも今回の展示会はLIVINGにフォーカスを当てていて、主に住まいのインテリアや周辺プロダクトの紹介しています。

僕らは主に家具と住設関連のプロダクト中心に、見回ってきましたが収穫も多く、特にプラスチックの糸を絡ませて創った素材やオーセンティックな家具金物の「まかないパーツ」、美しいガラス細工を9組の作家さんとともに出展していたglass studioがとても良かったです。

また、h conceptが展示していた自立する傘(名前忘れました・・)が個人的にはツボで、出たらすぐ購入しようと思っています。ちょうど傘が欲しかったので ww 

全体的に、日本のメーカーの出展が主体になっていますがもう少し海外(特にヨーロッパ)のアイテムが見たかったかな。メサゴメッセ主催になって、特にハイムテキスタイルやドイツのインテリアライフスタイルとの親和性が上がっている訳ですし、メーカーサイドも出展効率を高める事が出来ると思います。規模的に6月開催と比べこじんまりとしているのですが、クオリティが高いので期待しています。。

TOKYO DESIGNERS WEEK 2013 Vol.1

今年も、TDWに行ってきました。

東京を代表するデザインのイベントで毎年10月下旬から始まる東京のデザインイベントの総本山、みたいな位置づけで開催されています。景況感に左右されやすいデザインイベントですが、今年も「FES -祭り-」をメインテーマにデザインアソシエーションNPOが主催。今年の特徴としては、アジア圏のクリエイターが出展するアジアアワード、オンライン・クリエイターズマーケットCreema(クリーマ)や東京事変のメンバー亀田誠治とのコラボレーション企画、放送作家の小山薫堂が発起人の市民主体型プロジェクト「東京スマートドライバー」のコミュニケーションデザインラボラトリー、日本最大級の料理人コンペティション・・・といったデザインにまつわる生業の全て「食・住・遊」の新企画を含む20以上のコンテンツを展開しています。まさに祭りですね。

中心と成っているのは、デザイナーのプロダクト展示、クリエイターと企業のコラボレーション企画、学生展示で、コンセプトを明解にする過程を見せたり、プロトタイプを提示したりと見所満載で、各所でユニークなワークショップも開かれました。年々子供連れの方が増えているのも納得。また、ドーム会場では著名アーティストのLIVEも開かれます。

個人的に良かったのはLEXUSのインスタレーション、プロダクトでは「マモリス」、学生展では「竃」、そしてスモーキングスペースでしょうか(笑)。 LEXUSは「車が一切登場しない」代わりに鉄骨のフレームに木材をつなぎ合わせた、空中を走り抜けるようなインスタレーションで、とてもエモーショナルな展示構成。上質感の印象を非常にスタティックに構成しています。 マモリスは椅子とヘルメットと一体化したユニークな椅子。ヘルメット部分はいつも座面の下に隠れていて、いざというときに被ると、背もたれ部分は首から背中をガードする優れものです。イスのパーツが防災機能を担うという便利かつユニークなデザイン。学校の椅子に採用して欲しいなと思いました。 学生展の「竃」も即席のキッチンをレンガブロックで積み上げる簡易的なものですが、その仕組みが簡単に誰でも出来るよう指南されていて、地産地消、そのサスティナブルな取り組みが評価できます。

今回、コンテンツが大幅に増えた事もあって、全体を見るには一日必要でしたが、僕らが行った時は天候もよくゆっくり見回る事が出来ました。年々多様化するデザインの役割が、そのまま明文化されたような今年のTDW。ユニークやウケ狙いばかりでなく(笑)、多様性に富んでいてとても面白かったです。

印刷EXPO vol.3 印刷アイドルCMYK展

盟友、佐藤浩二(Cosy Design Studio)が参加している印刷EXPO vol.3 印刷アイドルCMYK展 (東京巡回展:2013.09.09~09.20) なるイベントに行ってきました。印刷EXPOは、印刷会社の印刷技術や表現をより多くの方に知ってもらうために「普段ではやらないような印刷・加工にも積極的に挑戦してみよう」という展示会で、伝票や封筒やパンフレットや看板、シールやパッケージ、段ボールなど様々な印刷物や印刷手法を凝らした作品を作ることで、より多くの人に印刷物に対する興味と関心を持ってもらおうと参加企業各社とデザイナーが試行錯誤しながら作品を創っています。

実際、見ると解るのですが「よくここまで創ったなあ」と思える作品が目白押しで、僕のような印刷素人でも十分楽しめる内容です。このVol3では、架空の印刷アイドル「CMYK」を想定して、そのノベルティからポスター、はたまたドレスまで創り込んでいて w それをアイドルの子達(ボランティアの女子大生らしい w)に着てもらい、ビジュアルの創り込みをしています。関心と喚起得る為には、このぐらいやらないと話題にならないかもしれませんね(笑)

東京の初日に行ってきましたが、そのまま打ち上げにも参加(笑)。会場でばったりの池上くんとCosyと3人で酔っぱらいながらの3ショット。オーガナイズされた三原さん馬場さん北村さんもフレンドリーで楽しいひとときでした。

暑気払いと鰻

秋のプロジェクトが続々キックオフし、ちょうどバテ始めるお盆時。

暑気払いと鰻を頂きに日本橋本町へ行ってきました。行った先は、オオカワ建築設計室(の所長オオカワさんの家の跡地 w)。ちょうどこの裏手にオオカワさんの旦那様の焼き鳥屋さんがあり、家の立替で空き地になった場所で鰻を頂くことになった訳です。ちなみにこの鰻は、今年からウチのメンバーに入った理恵ちゃんの実家(鰻の養殖農家なのです)で、元気に育った鰻。理恵ちゃんが、ウチにくる前にインターンシップでオオカワさんの所でお世話になった関係もあり、お誘い受けた訳です。鰻を送ってもらっても焼けないしなあとか思っていたら、思っても無いカタチで堪能することができました。

今日は暑かったけど、鰻と冷や奴とビールが堪能できて良かったです。誘ってくださったオオカワさんとスタッフの皆さん、本当にありがとう。また誘ってくださいね。

Singapore 2013 Vol.7 オーチャードロード

シンガポール研修の最後は、オーチャードロードです。
とは言っても、食事して散策しただけなのですが w 美味しいローカルフードのお店は無いかと色々探して決めたのが「Straits Kitchen ストレイツキッチン」です。グランド・ハイアットホテルの1階にある、ビュッフェ形式のレストラン。

多民族国家シンガポールのルーツとなる各民族の建築様式を再編集してモダンに設えたインテリアデザインで、デザインは日本の「スーパーポテト」が担当。スーパーポテトのインテリアデザインでローカルフードを楽しむことができます。素晴らしい!オープンキッチンには中華、マレー、インド、シンガポールの名物料理が並び、チキンライス、ラクサ、ナシゴレン、ロティプラタ、ダールカレーなどを好きなだけ選べます。エッグタルトや亀ゼリーなどのローカルデザートも充実していて、実際に来ていた方達も多種多彩。それはそうでしょうね。ハイセンスで色々な国の料理がビュッフェスタイルで食事が出来るお店って、シンガポールでもここぐらいしか無いと思いますし。ちなみにお値段は、飲み物込みで一人60S$.(約4500円)くらい。ローカルフードのビュッフェで考えると妥当な価格感。東京で飲み食いする事と比較してもリーズナブルです。クオリティーも高いしお薦め!

オーチャードロードは、時間もなかったので散策しただけですが、東京でいう所の銀座・有楽町みたいな感じの界隈なので、人出がとても多いです。土曜日の夜だったので余計かもしれませんが。個人的に街を観察するのが好きなので、歩いていても飽きなかったですが、その中で面白かったのがマクドナルドのスタンド。露天形式で展開で出しているマクドナルドを初めて見ました w

今回のシンガポールの研修は、前回の上海に比べても、割とまじめに(?)事前に調べていた所を見て回ったのですが、写真やインターネットで観るよりも印象が異なったり、スケール感が異なったりと体感しないと解らない事が多かったです。ただ、想像していた以上にスケール感があって良くある「思ったより小さくて残念」みたいな事は殆どありませんでした。 バーチカルグリーンも徹底していましたし。

そんな感じのシンガポール、個人的にはとても楽しめました。来年の行き先も大凡決めていますが、メンバー全員で良い体験が出来ると良いなって思っています。

文:平澤太、撮影:平澤太・佐久間理恵

Singapore 2013 Reported by Futoshi Hirasawa
Singapore 2013 Vol.1 マーリーナベイ・サンズ
Singapore 2013 Vol.2 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
Singapore 2013 Vol.3 サザンリッジス
Singapore 2013 Vol.4 VIVO CITY
Singapore 2013 Vol.5 ピナクル@ダクストン
Singapore 2013 Vol.6 ボート・キー&チャイナタウン
Singapore 2013 Vol.7 オーチャードロード

Singapore 2013 Vol.6 ボート・キー&チャイナタウン

ボート・キー(Boat Quay)は、ラッフルズプレイスの程近くにある波止場の名残で、現在はレストランやバーなどの一大スポットになっています。キー quayとは波止場の意味。シンガポール独立当初のボート・キーは、不法滞留者のジャンク船が並び、不衛生で随分と荒んでいた様ですが、独立後の護岸整備と拡幅で今の景観が完成し至ります。その後、昔からあった周辺の建物をリノベーションしたレストランやバーが出現し、対岸のエンプレス・プレイスのコロニアル建築群のナイトビューの効果と相まって、人気のエリアになった訳です。

中心部のニュー・ブリッジ・ロード、サウス・ブリッジ・ロード周辺が伝統的にチャイナタウンと呼ばれており、マリーナ・ベイからも近い位置にあります。Vol.5で既出のピナクル@ダクストンもこの近く。(マレーシアの華僑政権が分離独立したいきさつもあり、国全体がチャイナタウンとも言えますが。笑)シンガポールのチャイナタウンは、ロケーションも利便性も他の民族と比べて便利です。コロニアル風の住居が軒を連ねていますが、中は1階にお店、二階に住まいとなっていて中国の様式を色濃く影響された造りになっています。

チャイナタウンのお楽しみはなんと行っても食事。 男女問わず忙しく働いている人が多いシンガポールの人々は、外食が中心。ホーカーズが充実していて、格安で食事が出来ます。こういうローカルフードに舌鼓を打つのが海外のチャイナタウンの楽しみの一つですね。

文:平澤太、撮影:平澤太・佐久間理恵

Singapore 2013 Reported by Futoshi Hirasawa
Singapore 2013 Vol.1 マーリーナベイ・サンズ
Singapore 2013 Vol.2 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
Singapore 2013 Vol.3 サザンリッジス
Singapore 2013 Vol.4 VIVO CITY
Singapore 2013 Vol.5 ピナクル@ダクストン
Singapore 2013 Vol.6 ボート・キー&チャイナタウン
Singapore 2013 Vol.7 オーチャードロード