空間デザイン

Designcafe™ からのお知らせ。プレスリリースなど。

Designers File 2019 にDesigncafeが掲載されました。

Designers File 2019 

今月発売されるDesigners File 2019にDesigncafeが掲載されました。Designers File 2019は、建築、空間、プロダクトデザインなどの「立体デザイン」のデザインアーカイブで、Designcafeは主に2018年までの建築デザインと空間デザインの仕事(商業建築デザイン、ショールーム、店舗デザイン、展示会ブースデザイン)を中心にスケッチ&プロトタイプページにも掲載して頂きました。書店やAmazonで絶賛発売中ですので、ぜひお手に取ってご覧ください。


Designers File 2019

  • 編集:カラーズ
  • 定価:本体2,870円+税
  • 発行:カラーズ
  • 発売:株式会社 ボーンデジタル
  • ISBN:978-4-86246-440-8
  • 総ページ数:292
  • サイズ:B5判

HYOD Headquarters / HYOD-PLUS

数多くのGPライダーに愛されるブランド”HYOD”。Feel of manufactureをテーマにした新本社&旗艦店舗

GPライダーのレザースーツの企画製造からスタートし、ライダー向けのアパレル、ライディングギア全般を手がけるHYOD(ヒョウドウプロダクツ)の新本社と旗艦店の建築デザインと空間デザイン。ファクトリー部門であるHYOD Origin Worksを併設し、企画から製造、販売まで、HYODのブランドフィロソフィーを体感できる施設づくりが求められた。

デザインコードとして掲げたのは “Feel of manufacture” 。HYODブランドの根底にある丁寧で精密なモノづくりのマインドを「感触」として体感できることを念頭に、シンプルで素材感を生かした造形、カラースキームを選定し計画した。

建築では、ファクトリー感を意識しながらサーキットのPITをモチーフに、テクスチャーの異なる素材を選定することで、遠視と近視での見え方の差異、昼夜での見え方の差異を意識した。また空間では、スチール生地材を中心とした什器を、整然としすぎないプランニングで計画し、プロダクト毎にコーナー感の醸成を企てた。

 

カテゴリー       モータースポーツアパレル・店舗設計デザイン、商業施設設計
ロケーション      静岡県・浜松市
プロデュース        HYOD  兵頭昭則
MDマネージメント    HYOD  菅野慎二
建築基本デザイン    Designcafe 平澤太
建築実施設計      米山素文アトリエ 米山素文
空間デザイン、実施設計 Designcafe 平澤太、佐久間理恵
設計協力(照明計画)  ウシオライティング 阿部知子
クライアント      株式会社ヒョウドウプロダクツ(HYOD)
コンストラクター(建築)石川建設株式会社 
コンストラクター(内装)株式会社ヤマト
撮影          朴の木写真室 木村昂貴

 

Brand “HYOD” which is loved by much GP riders. The new head office & flagship store which featured the theme of Feel of manufacture.

HYOD which I start from the plan production of the leather suit of the GP rider, and deals with apparel for riders, overall riding gear. This design is building design and space design of the HYOD new head office. I provided HYOD Origin Works which was a production section of HYOD along, and, from a plan to production, sale, the making of facilities which could sense brand philosophy of HYOD bodily was demanded.

The design code that we suggested “Feel of manufacture “. 
It was simple andin mindchose moldingthe color scheme which Imade use of a feel of texture in and planned 
what could sense the politeexact product mind in the basis of the HYOD brand bodily as “the touch“.

In choosing different material of the structure as a motif in PIT of the circuit while being conscious of a feeling of factory with the building of the material is seen; by a change of the, the night and day was seen, and was conscious of a change of the. In addition, in the space, I planned the household articles mainly on steel cloth materials by the planning that was not too much orderly and planned breeding of a feeling of corner every product.

 

Category: Store Design @ Motor Sports Clothing
Location: Hamamatsu SHIZUOKA /JAPAN
Architectural design: HIRASAWA FUTOSHI / Designcafe
Store Design: HIRASAWA FUTOSHI / SAKUMA RIE / Designcafe
Produce: HYODO AKINORI / Hyod Products
MD Management: KANNO SHINJI / Hyod Products
Constractor&Direction: Ishikawa-cnst / Yamato
Client: Hyod Products
Location: Hamamatsu SHIZUOKA /JAPAN
Photo: KIMURA KOKI

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 外観夕景 駐車場側

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 外観夕景 道路側

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUS 外観全景 夕景 

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUS 外観導入面 夕景 

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 店舗外観 駐車場側のHYODのシンボル、クレストサイン

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUS 外観エントランス 夕景 

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観エントランス

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 HYODブランドエリア

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 オンデザインコーナーとブランドバナー

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 オンデザインコーナー

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 レジカウンターとブランドバナーを見上げる

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 ハードパーツコーナー

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 レイヤーコーディネートのトルソーディスプレイ

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 レイヤーコーディネートのトルソーディスプレイとブランドバナー

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 ヘルメットコーナーの什器デザイン

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 レザースーツコーナー

 

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 レザースーツオーダーカウンター

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 ROMAN BLACKコーナー

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 ROMAN BLACKコーナー

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 D3Oコーナー

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 D3Oコーナー

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 インカムコーナー

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 2Fコミュニケーションラウンジから店舗一階エリアを眺める

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 2Fコミュニケーションラウンジから店舗一階エリアを眺める

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 2Fコミュニケーションラウンジから店舗一階エリアを眺める

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 2Fコミュニケーションラウンジから1F店舗エリアを眺める

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 ピットウェイティングスペース(待合室)

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 ピットウェイティングスペース(待合室)2

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 トイレピクトサイン

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 男子トイレ

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 女子トイレ

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUSの店舗デザイン 内観 本社側エントランス

 

 

 

 

 

HYOD-PLUS 2F Communication lounge

HYOD PLUSに新設されたHYODとユーザーを繋げるコミュニケーションラウンジ

GPライダーのレザースーツの企画製造からスタートし、ライダー向けのアパレル、ライディングギア全般を手がけるHYOD(ヒョウドウプロダクツ)の新本社とHYODフラッグシップストア「HYOD PLUS」の2Fに新設したコミュニケーションラウンジの空間デザイン。

HYODブランドを支えるモノづくりをユーザーに啓蒙するためのイベントスペースとして、また、HYODフレンズと呼ばれる契約ライダーとユーザーの接点としてのコミュニケーションスペースとしての活用を念頭に置きながら、通常営業時はレストスペースとして活用。コーヒーカウンター、ベンチステージを計画した。

オープニング時には、100名ほどのHYODフリークが来場し、GPトップライダーであるHYODフレンズのトークセッションを楽しんだ。

 

カテゴリー       モータースポーツアパレル・店舗設計デザイン、商業施設設計
ロケーション      静岡県・浜松市
プロデュース        HYOD  兵頭昭則
MDマネージメント    HYOD  菅野慎二
空間デザイン、実施設計 Designcafe 平澤太、佐久間理恵
設計協力(照明計画)  ウシオライティング 阿部知子
クライアント      株式会社ヒョウドウプロダクツ(HYOD)
コンストラクター(内装)株式会社ヤマト
撮影          朴の木写真室 木村昂貴


Category: Store Design @ Motor Sports Clothing
Location: Hamamatsu SHIZUOKA /JAPAN
Architectural design: HIRASAWA FUTOSHI / Designcafe
Store Design: HIRASAWA FUTOSHI / SAKUMA RIE / Designcafe
Produce: HYODO AKINORI / Hyod Products
MD Management: KANNO SHINJI / Hyod Products
Constractor&Direction: Ishikawa-cnst / Yamato
Client: Hyod Products
Location: Hamamatsu SHIZUOKA /JAPAN
Photo: KIMURA KOKI

 

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUS 2Fコミュニケーションラウンジ 内観 ベンチステージ側より全景

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUS 2Fコミュニケーションラウンジ 内観 階段側より

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUS 2Fコミュニケーションラウンジ 内観 階段側より

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUS 2Fコミュニケーションラウンジ 内観 ラウンジ側より店舗エリアを眺める

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUS 2Fコミュニケーションラウンジ 内観 ソファー側よりベンチステージを眺める

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUS 2Fコミュニケーションラウンジ 内観 カフェカウンター側を眺める

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUS 2Fコミュニケーションラウンジ 内観 カフェカウンター

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUS 2Fコミュニケーションラウンジ 内観 ベンチステージ

ヒョウドウプロダクツ本社屋 HYOD-PLUS 2Fコミュニケーションラウンジ オープニングフェスタ時のトークセッション様子

DSA日本空間デザイン賞 2018

一般社団法人日本空間デザイン協会が主催している空間デザインのアワード「DSA 空間デザイン賞2018」の発表があり、弊社にてデザインを担当させて頂いた空間デザインとエキシビションデザインの計3作品が入選しました。受賞作は下記の通りです。

The 45th Tokyo Motor Show 2017 “YOKOHAMA”
JAPANSHOP2018 CYUON
Beautyworld Japan 2017 AXXZIA

DSA空間デザイン賞は、一般社団法人日本空間デザイン協会が主催する、世界最大規模の空間環境系のデザイン賞で、この1年間の空間環境系の優秀な作品を評価、公表し、新しいクリエイターの発掘とデザイン活動の向上、領域拡大を目指し顕彰するものです。改めてクライアントの皆様、エージェンシー&プロダクション関係者の皆様、ありがとうございました。

NIPPON PAINT AUTOMOTIVE COATINGS HQ-Show Room

色の儚さを”鏡花水月”に準えたショールーム

自動車専門のペイントベンダーである、日本ペイント•オートモーティブコーティングス本社イノベーションセンターに新設されたショールームの計画である。自動車向けの色彩をプレゼンテーション、発信する場として、この場所で提案される色彩にフォーカスが当たる仕組みづくりが求められた。この新設されたイノベーションセンターの顔となるショールームのデザインテーマは「鏡花水月」。自動車塗装に限らず色彩には流行があり、色の寿命とその儚さを鏡花水月の4文字に準えたモノトーン基調のマテリアルに置き換え、空間表現を行った。

カテゴリー       ショールーム•空間デザイン
ロケーション      大阪府・枚方市 (198平米)
クライアント      日本ペイント•オートモーティブコーティングス株式会社
企画、コンセプト    日本ペイント•オートモーティブコーティングス D-LOG
デザインディレクション Designcafe 平澤太
インテリアデザイン   Designcafe 平澤太、小畠衛、佐久間理恵
設計協力(照明計画)  マックスレイ 阿部知子
コンストラクター    株式会社シーエーリーディング 山崎陽太、五十嵐翔太
撮影 河田弘樹


Category: Showroom Design @ Paint Vender
Location: Osaka/JAPAN
Creative Direction: HIRASAWA FUTOSHI / Designcafe
Design: HIRASAWA & OBATA MAMORU & SAKUMA RIE / Designcafe
Produce: YABUSHITA CHISATO / NIPPON PAINT AUTOMOTIVE COATINGS
Constractor&Direction: IKARASHI SHOTA & YAMAZAKI YOTA / CA Leading
Client: NIPPON PAINT AUTOMOTIVE COATINGS
Photo: KAWADA HIROKI

 

Global Golf Shimokitazawa

様式美に潜む仕組み

最新の弾道計測器とシュミレーションゴルフを併設した、ゴルフレッスン教室の空間デザイン。空間デザインのテーマは「パシフィックモダン&リゾーツコンシェルジュ」。クライアントからリクエストされた「パシフィックモダン」の設えと様式を入れながら、最新の弾道計測器による解析とその結果をレッスンプロが見ながらレクチャーする仕組みは、さながらホテルのコンシェルジュのような「問題を解決」する仕組みに準える。また快適なショット環境を生み出すため、ショットエリアは3打席に押さえながら間合いをとり、隣の打席が気にならないように配慮している。

2014年11月完成。107sqm 30坪。

カテゴリー _ ゴルフレッスン教室・店舗設計デザイン・インテリアデザイン
ロケーション _ 世田谷区・下北沢
クライアント _ グローバル住販(Theグローバル社)
企画 _ グローバル住販 後藤明
空間デザイン _ 平澤太・佐久間りえ(Designcafe-Inc.)
照明計画 _ Maxray 稲田純平
施工(ラウンジエリア) _ CAリーディング 五十嵐翔太・伊勢和貴
施工(ショットエリア):コスモスポーツ
撮影 _ 小渕喜幸