Vectorworks

Designcafe™ の主宰者、平澤太のブログです。デザイン考、ライフワーク、インサイト、旅行などを不定期に綴っています。

保護中: デザインツール・ソフト思考 vol.2 “DX時代のデザインツール・ソフト”

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

デザインツール・ソフト思考 vol.1 デザインツール・ソフトの選定と評価

今回のテーマ「次世代デザインツールの導入と評価」ですが、端的に言うと導入しているCADやレンダリングソフト、ドローツールと言った「デザインや設計に使うツール」の評価と改善、改善の上で必要となるツールの導入検討の考察です。

また3DプリンターやVRなど、汎用化しつつある新しいテクノロジーにも目を向け、必要となれば計画的に導入を検討し、社内メンバーへの啓蒙と教育、導入費用の捻出まで検討を行い、計画的な指標のもとに社内のレベルアップ(提案の冗長化や効率化、現場へのフィードバックの効率化、ライブラリーの充実など)を図るものです。特に中小企業の場合、最も裁量を持つ所長たるトップが多忙を極めている事が多く、中々評価に加われない、もしくはテクノロジーに関心が低く、今あるツールで何となく満足しているなど、ネガティブな要素が多いようです。

クリエイティブツールの見直しの経緯

Designcafeの場合、基幹となるCADと3DCGのモデリング&レンダリングを分けており、3D CADはVectorworks(Architect / Fundermentals. 以下VW)のハイ・ローミックスで、3D CGはShade3Dを使用し、この併用スタイルで10年以上使ってきました。Vectorworksがレンダリングエンジンを統合する前の時代でしたが、PLANや2D作図はVW、デザインはShadeで3Dを描き起こすような、今からすると非常に変則的(ややこしい)な使い方をしています。

Shade3D

この使い方は、現状メンバー全員が会得しているので問題ないのですが、やはり効率の観点では望ましくなく、新卒採用でも入社してからShade3Dを習得する労力(3D CADの普及で大学、専門学校ではほぼ使われていない。インテリア系の学科はVW、建築学科はRevitやARCHICADを履修するケースが殆ど)、実質的にShade3D ⇄ VW間の3Dインポートが効かないこと、データーが分かれてしまうなどデメリットを強く感じるようになりました。

VWの3Dを全く使わないわけではないのですが、BIMなどの高機能化に伴い動作(特に3Dレンダリング)が非常に重く、同時にMac本体の冗長化の限界を感じるようになり、ある程度自由に描けるShade3Dを好んでしまったのが本音です。PCであれば、ある程度のシステムを自由に組むことができますが、MacはBTOでカスタムしても限界があります。そこでVWの3D CADの特性は生かしながら、レンダリングやビジュアライゼーションを分けられないか?を模索するようになりました。

ビジュアライゼーションと作図効率:Vectorworks

Designcafeでもビジュアライゼーションはとても重視しており、提案力からの実施設計能力は、空間デザインの業界でも非常に重要な要素になります。同時に、3Dと2Dの作図を分けてしまうと、各々に反映する際に手動で作業することになり、非効率です。そこで、デザインワークフローとしてはShade3Dはスタディ(検討)ツールに留め、今後はVWによる2D&3D検討(モデリング)→レンダリングソフトによる&ビジュアライゼーションと分け、VWの3Dモデリングと親和性があることを条件とし検討しています。

VWにこだわるのは、日本の空間デザイン業ではほぼデファクトスタンダードになっている事とVWのArchitectで使える各種ビューポートの使い勝手が良く、これを活用すれば展開図や断面図といった作図が自動で効率的に行えるためです。また、標準のディティールを3Dシンボル登録することで、3Dも共有化することが可能になります。空間設計でも、適宜3Dでの確認は必須であり、ディティールにこだわるほど3D CADでのモデリング&作図の一元化は必須です。

ビジュアライゼーションで検討しているソフトは2つあり、Keyshotと49Architekt(Designcafe関連の建築設計事務所)でも導入したTwinmortionです。まだ評価中なのでどちらでいくかは決めていませんが、この二つのうちどちらかになると思います。

 

レンダリングソフトの選定基準:KeyShot / Twinmortion

この二つのソフト、KeyshotTwinmortionが共通していることは、モデリングを行わない、レンダリングとビジュアライゼーションに特化しているということです。モデリングは別のソフトで作成(今回の場合はVW)したものを3Dフォーマットで取り込み、面毎にレンダリングしていくイメージになります。

Keyshotは、上のビデオを見れば一目瞭然ですが、リアルタイムでイメージの確認ができること、テクスチャーのマッピングが簡単で照明設定もデフォルト設定が容易(というよりもプリセットされている)な為、デフォルトの設定(Apple標準仕様)でもフォトジェニックに仕上げることができます。もう一つ評価しているのは高機能なグラフィックボードを搭載していなくてもプロセッサーのバランスでパフォーマンスが決まるということ。デフォルト仕様のMacでもパフォーマンスが期待できます。直感的なインターフェースなだけに軽快なことは非常に重要です。

KeyShotは特別なハードウェア、グラフィックカードを必要としません。KeyShotはPC上にあるコア、スレッドの全てを有効に使いレンダリングを行います。PCの処理速度を速くするとそれに比例してKeyShotのレンダリングスピードも速くなります。コア数、スレッド数と比例してパフォーマンスが向上します。コア数を二倍にすると計算速度も二倍、つまり半分の時間でレンダリングが終了します。keyshot.jpより抜粋

Twinmortionは、ゲームソフトを手掛けている会社が開発した「没入型建築ビジュアライゼーション」なる概念で作られたリアルタイムレンダリングソフトで、高精度なレンダリングと動きのあるパノラマ、標準または360°のVR ビデオに仕立てることができます。基本的には建築での利用が前提で多くのプリセットシンボルも建築向けに作られていますが、空間で使用することも可能です。

このソフトをDesigncafeで導入するメリットは、建築が関わってきたり路面店舗などのデザインでの活用、将来的には49との協働によるプロジェクトの際に共有できることなどが挙げられます。デメリットは、非常にハイスペックな仕様のMac(特にメモリーとGPU)が必要な為、全員で使うようにできるとなると、一部のMacを交換しないといけなくなることです。

スタディーモデリング の模索: Fusion 360 / Shapr3D

上記の流れで整理すると下記のようなデザインフローになります。

1 : スタディーモデリング    Shade 3D / Shapr3D
2 : モデリング&3D作図  Vectorworks Architect
3 : レンダリング Keyshot or Adobe Dimension
4 : ビジュアライゼーション  Twinmortion & Adobe Photoshop
4: オーサリング Adobe Illustrator

原則は2と3を中心にしていく流れです。Mac本体の更新(Designcafeの場合3〜4年で更新)もこのセットアップと動作環境を前提にした内容になります。1に関しては必須ではなく今後は使える人のみで、新卒者には習得を求めていかない予定ですが、これはShade3Dが今後安定した供給がなされるか?(これまで数回開発販売会社が変わった経緯がある)こと、またエクスポートの問題(後出)から、別のスタディーモデリングツールも模索しています。

そんな状況の中で今年から試験的に使用しているのは、AUTODESKの3D CADである Fusion 360 と Shapr3D(シェイパー3D)というハンガリーで開発されたiPad-Pro専用の3D CADです。OPEN GLライクで非常に軽快に動作する部分では共通しており、共にインダストリアル向けの3D CADという部分でも共通しています。その中でもShapr3Dは非常にユニークでアップルペンシルでのユーザビリティーで直感的に使えることと、OpenGLライクな見た目ながら、3Dで形状を押し出したりラウンドさせたりテーパーさせたり自由に形状を作り込むことができます。このユーザビリティーは衝撃的でApple Award 2020を受賞したことも肯けます。実際に1ヶ月程度の使い込みでほぼ習得できます。

機能的な部分では Fusion 360 に軍配が上がります。レンダリングができないShaprに対して、レンダリングまで統合されたFUSIONはジェネレーティブなデザインが可能で、操作性もよく、また導入の敷居が低い(Fusion360 の基本機能のみにアクセスできる個人用 Fusion 360 は非商用の用途に限り、1 年間無償で利用可能)です。また、デバイスもPC、Macの両方で使えます。

翻って Shapr3D の良いところは、場所を選ばず気軽に外に持ち出してデスクトップCADにインポートできるスタディモデルが作成できることでしょうか。MacBookと違い、アップルペンシルを使う直感的なユーザビリティだけでなく、すぐ起動するiPadの特性を十分に生かしており、軽快な操作感を大切にしている部分に好感が持てます。

現在スタディ用としてShade3Dを使っていて一番困るのは3D形状の取り込みをVectorworksで行った時に非常に不安定なことでした。Parasolidに対応していないShade3Dを空間デザインで活用するにはスタンドアロンとして割り切る必要があり、現在の3D CADとの親和性を考えるとこれは致命的です。Shade3Dの開発思想を考えるとやむを得ない部分もあるのですが、世界的な3D CADの流れはParasolid(x_t)の流れになっていて、プロダクトデザインなども含めて3Dの標準カーネルになっています。Fusion360もShapr3DもParasolidをサポートしているので、ネイティブファイルを保存する他にParasolidで保管すれば、Vectorworksや49が導入しているARCHICADへの受け渡しも可能なります。そしてもう一つ重要なのは、Vectorworksだけでなく、既出のKeyshotやTwinmortionへのエクスポートも可能なこと。完全な互換性が確保できるということです。

今後のデザインワークソリューションの流れ

Autodesk製品やAdobe製品のようなサブスクリプションの流れも然りですが SOLIDWORKS 仕込みの Onshape のような完全なクラウドで使える3D CADの流れが今後主流になってくると思います。デバイスの性能や5Gなどのネット環境の向上を背景とした、フルクラウド型のアプリケーションは、ネット環境さえあれば働く場所を選ばないメリットがあり、これから先の協働でのデザインワークが大きく変革する可能性を秘めています。そういう意味で現状はまだ過渡期と言えそうです。

同時にどのようなツールを使うにしてもファイルデーターの互換性が担保されていないと致命的になるため、既出のParasolid(x_t)をサポートしていることが必須条件になります。

最後に

現在評価中なので、まだ導入後のレビューができませんが、成果物としてのクオリティの向上とそれに対する労力の軽減とコストバランス。これを判断するとなると、スタッフメンバーだけでは困難で経営者側も積極的に関与していくことが肝心です。特にVRや3Dプリンターが普通に導入できる環境が揃っている今は、ツール全体をもう一度見直すいいタイミングだと考えています。最近話題になっている、DX=デジタルトランスフォーメーションを我々のようなデザイン業に当てはめると、それはクリエイティブツールの洗練化に繋がっていくような気がしてならないからです。

僕の場合、自分だけで悩まないように、目的とゴールを見据えた上で積極的に周りも巻き込んで考えるようにしています。メンバーにとっても自分ごとですから。建築や空間デザインは「枯れた技術の応用」ですけれど、優れたプレゼンテーションとアウトプット、実施能力はいつの時代も必要な能力です。これを忘れずに、新しいテクノロジーを携えて進んでいきたいと考えています。