News

Designcafe™からのお知らせ

頌春 令和六年 / 2024年

Adobe Firefly 古都金沢の年始の街並み 51835

Adobe Fireflyで生成した金沢の年末年始の風景

皆さま、明けましておめでとうございます。
2024年の年頭に当たり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。Designcafeは得意先、協力先、スタジオ近隣の地元の皆様に恵まれ、今年の6月に創業設立20周年、3月に法人設立15周年を迎えます。改めて皆様に感謝申しあげます。

特に法人設立からの15年間は、リーマンショックからスタートし、東日本大震災、そして新型コロナウイルス感染症による社会活動の停滞など大きな社会変動を経験しながらも、要請される新しい取り組みに一つ一つ向き合ってきました。創業設立20周年を機にDesigncafeのこれまでの活動から環境領域におけるコミュニケーションデザインをベースとした「空間ブランディング」にシフトし、活動して参ります。これは、ビジネスにおける重要なタッチポイントである空間(店舗、ショールーム、展示会ブース)の中に仕組みや仕掛けをデザインし、行動を誘発させることでビジネスをより良い方向に加速させるスキームです。既にいくつかのプロジェクトが始動しており、今年より実装が始まります。Designcafeが標榜するマルチパーパスな空間ブランディングをご期待ください。

昨年は、世界中で猛威を振るった新型コロナウイルス感染症が5類感染症に移行「アフターコロナ」期に入り、世情も落ち着きを取り戻しました。同時に世界的に見ると地域情勢の不安(ウクライナ危機ガザ・イスラエル紛争)が頻発し、コロナ禍からの影響によるサプライチェーンの供給不安が継続しています。原材料や食物の大半を輸入に頼る日本にとっても関心を寄せざるを得ない状況です。翻って日本では、日銀の金融緩和政策の継続により円安が加速し、輸入材の殆どが軒並み値上げに進みました。内需国である日本にとって大きな影響を受ける円安ですが、海外では金融引き締めの影響が経済活動により明確に波及することで、低位な成長を続ける可能性が指摘されており、特に中国は、地方政府による行き過ぎた不動産開発(不動産バブル)の終焉と中央政府の目立った景気刺激策が効果を発揮していない故、景気減速に歯止めがかかっていません。金利差での円安に目を奪われがちですが、内需においては、家計に関して経済活動の再開やインバウンド来訪者の急回復、企業分野ではデジタル化や気候変動対応などへの設備投資の活性化といった(海外に比べ)好材料も多く、現状の円安進行であれば耐えうると見る専門家もいます。私たちが手がける空間ブランディングや環境デザインはクライアントのビジネスの属性から外需も内需も影響を受けやすいため、今後も注視していきたいと思います。

コロナ禍以降、私たちの行動様式もマインドも一変しましたが、ビジネスにおいてはリモートワークやオンラインコミュニケーション下での働き方などDxの浸透が進みました。Designcafeでは、出勤とリモートを併用するシフトワーク(ハイブリッドワーク)を継続して実施しており、現在では日本橋(東京)、金沢(石川)の2ヶ所に在勤(在住)するスタイルでアフターコロナの初年度を過ごしてきました。今後もDesigncafeのポートフォリオも拡充させていくための働き方、Designing-Dxやワークフローも含めてさまざまな取り組みを継続していきます。

他方目を向けると、働く場所を問わなくても遠隔地で働けるメリットを享受している人たちを中心に、暮らし方や働き方に対して新しい価値観が醸成されつつあります。この新しい流れに対応すべく昨年の4月には、北陸・金沢に自社物件によるデザイン拠点” HiDEOUTLab ” (ハイドアウトラボ)をオープンし、Designcafeが手がける空間ブランディングに不可欠になる生成AIやトポロジー解析、ジェネレーティブデザインの利活用を前提とした検証作業を進めてきました。北陸新幹線が敦賀まで延伸する今年からは金沢近郊の企業(インバウンド向けサービス)や大学・専門学校との協業による新しいビジネスもスタートし、実装に舵を切ります。

この先の10年、20年先を見据えた初年度、2024年のDesigncafeを皆様よろしくお願いいたします。

2024年/ 令和6年 元旦 平澤 太

追伸:このエントリーを掲載直後に石川県能登地方で大変大きな地震が発生しました。北陸全域で被災しており、この度の震災に対し、心からお見舞い申し上げますとともに地域の皆様のご無事と、一日も早い復興をお祈り致します。

金沢のHiDEOUTLabも被災しましたが、幸い怪我人はなく、建物・機材等の損傷も軽微で、1月5日の仕事初めは通常通りの予定です。沢山の方からお見舞い、安否のご連絡をいただきました。改めてご心配おかけしましたこと、また安否を気遣ってくださった心遣いに感謝いたします。しばらく余震が続く見込みで用心しながら、地域の再建にも微力ながら注力して参ります。

Designcafe 2024 年賀状 用紙:Mr.Bスーパーホワイト180kg 印刷:オフセット印刷(4C)Design:Designcafe 

Happy New Year to everyone.
At the beginning of the year 2024, we would like to wish you all a very Happy New Year and thank all our customers, partners and local residents in the vicinity of our studio, as Designcafe celebrates its 20th anniversary in June this year and its 15th anniversary as a legal entity in March. Once again, we would like to thank you all.

Particularly in the 15 years since the establishment of the corporation, we have faced new initiatives one by one as requested, while experiencing major social changes, starting with the Lehman Shock, the Great East Japan Earthquake and the stagnation of social activities due to the COVID-19. On the occasion of its 20th anniversary, Designcafe will shift from its previous activities (communication design in the environmental field) to ‘space branding’ based on communication design. This is a scheme to design mechanisms and devices in spaces (shops, showrooms, exhibition booths), which are important touchpoints in business, to induce action and accelerate business in the right direction. Several projects have already been launched and will be implemented this year, so look out for multi-purpose space branding from Designcafe.

Last year, the COVID-19 that raged around the world entered an ‘after-corona’ phase, and public sentiment has calmed down. At the same time, on a global scale, regional unrest (Ukraine crisis, Gaza-Israel conflict) has been frequent, and supply chain supply concerns continue due to the effects of the corona disaster. The situation is also of concern to Japan, which relies on imports for the majority of its raw materials and foodstuffs. In Japan, in contrast, the ongoing monetary easing policy of the Bank of Japan has accelerated the depreciation of the yen and led to across-the-board price increases for most imported materials. The yen’s depreciation has a major impact on Japan, a country with domestic demand, but overseas, it has been pointed out that the effects of monetary tightening will have a clear ripple effect on economic activity and may lead to continued low growth, particularly in China, where the end of excessive property development by local governments (property bubble) and the lack of significant economic stimulus by the central government have led to a slowdown in the economy. The economic slowdown has not been halted because of the ineffectiveness of the local government’s excessive property development (property bubble) and the central government’s conspicuous economic stimulus measures. Although the yen’s depreciation due to interest rate differentials tends to attract attention, there are many positive factors in domestic demand (compared with overseas demand), such as the resumption of economic activity and a sharp recovery in inbound visitors with regard to households, and in the corporate sector, the revitalisation of capital investment in digitalisation and climate change, etc. Some experts believe that the current yen depreciation will be tolerable. Our work in spatial branding and environmental design is easily influenced by domestic demand due to the nature of our clients’ businesses, so we will continue to monitor this closely.

The Corona disaster has changed the way we behave and our mindsets, but in business, Dx has become more prevalent, with remote working and working under online communication, etc. At Designcafe, we continue to implement shift work (hybrid work) that combines attendance and remote working. We have spent the first year of AfterCorona in a style where we now work (and live) in three locations – Tokyo, Kanazawa and Kariya. We will continue with various initiatives, including working styles, Designing-Dx and workflows that will also expand Designcafe’s portfolio in the future.

On the other hand, new values are being fostered in terms of how people live and work, especially those who enjoy the benefits of working remotely without having to choose where they work, and to respond to this new trend, in April last year we opened our own design base in Kanazawa, Hokuriku, using our own property. HiDEOUTLab” (HiDEOUTLab) opened in Kanazawa, Hokuriku in April last year. This year, we will also start a new business in collaboration with a company (inbound services) in the Kanazawa suburbs.

We look forward to working with Designcafe in 2024, our first year looking ahead to the next 10 or 20 years.

New Year’s Day, 2024 / HIRASAWA FUTOSHI

P.S.: Immediately after this entry was published, a very large earthquake occurred in the Noto region of Ishikawa Prefecture. We would like to express our deepest sympathies for the earthquake and pray for the safety of everyone in the region and for an early recovery.

The HiDEOUTLab in Kanazawa was also affected by the disaster, but fortunately no one was injured and damage to buildings and equipment was minor, so the start of work on 5 January will be as normal. We have received many messages of sympathy and safety from many people. Once again, we would like to thank you for your concern and concern for our safety. We expect aftershocks to continue for some time, so we will remain vigilant and focus on rebuilding the region, even if only in a small way.

2023年(令和5年)年末のご挨拶

今年も早いもので残すところ7日余り、年末のご挨拶をさせていただく時期となりました。

3年間猛威を振るった新型コロナウイルス感染症も春先から5類に引き下げられ、アフターコロナ期に入ったこの7ヶ月は、新しい引き合いをいただく機会の多い、またDesigncafeにとってもこれまでの知見が問われた2023年でした。アフターコロナ下での空間デザインと空間ブランディング、デジタルブランディングを包摂させ、環境におけるコミュニケーションデザインのあり方を見つめ直しながら、積極的に新しいチャレンジを行えたことは大きく、これから先につながる転換期の一年でした。約6年かけて準備してきた弊社初のデザインラボ”HiDEOUTLab”も運用を開始し、東京と金沢の二拠点での業務がスタートしたこともあり、年間通じて良縁に恵まれ、慌ただしい年の瀬を迎えました。

弊社の年末年始の休暇ですが下記の通りとなっております。年始は、令和6年(2024年)1月5日からスタートします。皆様も良い年末年始をお過ごし、お迎えください。

2023年
12月27日(水曜日)通常営業 / 最終日
12月28日(木曜日)終日休業
12月29日(金曜日)終日休業
12月30日(土曜日)終日休業
12月31日(日曜日)終日休業
2024年
1月1日    (月曜日)終日休業
1月2日    (火曜日)終日休業
1月3日    (水曜日)終日休業
1月4日    (木曜日)終日休業
1月5日    (金曜日)通常営業(仕事始め)
(東京、金沢共に同じ予定になります)

With just over seven days to go this year, it is time for year-end greetings.

After three years of viral outbreaks, the new coronavirus infection was lowered to category 5 in early spring, and the last seven months of the post-corona period have been a year in which Designcafe has had many opportunities to receive new enquiries, and for Designcafe, our findings have been questioned. It has been a year of turning points for the future, as we have been able to actively take on new challenges while rethinking the nature of communication design in the environment, encompassing spatial design, spatial branding and digital branding under the after-corona. Our first design lab, HiDEOUTLab, which we have been preparing for about six years, is now operational, and we have started work from two bases, in Tokyo and Kanazawa, and we have been blessed with good relationships throughout the year.

Our New Year’s holiday schedule is as follows. The new year will start on 5 January 2024. We wish you a happy new year’s holiday.

2023.
Wednesday, 27 December: normal business hours / last day
Thursday, 28 December: closed all day
Friday, 29 December: closed all day
Saturday, 30 December: closed all day
Sunday, 31 December: closed all day
2024
Closed all day on Monday 1 January
Closed all day on Tuesday, 2 January
Closed all day on Wednesday, 3 January
Closed all day on Thursday, 4 January
5 Jan (Fri) Normal business (first day of work)
(The same schedule applies to both Tokyo and Kanazawa)

2023年、残暑お見舞い申し上げます

Notojima2023

本年は立秋を過ぎましても不安定な天候が続き、なお酷暑が続いております。皆様くれぐれもお身体ご自愛ください。今年は春先から新型コロナウイルス感染症が5類に引き下げられて以降、私たちの生業の環境も従前の状況を取り戻し、おかげさまで繁忙しております。この状況を支えていただいているクライアントの皆さま、及び取引先の皆さま、社員一同心より感謝申し上げます。

今年は北陸・金沢にサテライトラボとしてHiDEOUTLabを開設し、二拠点での活動を始めて4ヶ月経過しました。まだまだ不慣れですが、Designcafeを引き続き宜しくお願い申し上げます。

Photo: 能登島 七尾北湾 2023年8月

This year, even though the first autumn has passed, the weather has been unstable and the heat is still on. Since the reduction of new coronavirus infections to category 5, our business environment has been busy and has recovered to its previous state, for which all of us are sincerely grateful. This year we also opened HiDEOUTLab as a satellite lab in Kanazawa, Hokuriku, and four months have passed since we started our activities at two locations. Although we are still new to this, we would like to thank you for your continued support of Designcafe.

Noto Island Nanao-Kita Bay Aug 2023

Designers File 2023

3月13日に発売されるDesigners File 2023にDesigncafeが掲載されました。

3月13日に発売されるDesigners File 2023にDesigncafeが掲載されました。Designers File 2023は、建築、空間、プロダクトデザインなどの「立体デザイン」のデザインアーカイブで、Designcafeは主に2022年の空間デザインの仕事(ストアデザイン、マンションリノベーション、展示会ブースデザイン)から選定して掲載して頂きました。書店やAmazonで絶賛発売中ですので、ぜひお手に取ってご覧ください。


Designers File 2023

日用品から家具、ビルまで、今頼みたいデザイナー、建築家の最新仕事BOOK
本書「デザイナーズFILE」は、プロダクトから工業製品、インテリア、空間、建築まで、あらゆる立体デザインを扱う日本唯一のデザイン年鑑です。デザイナー、建築家をはじめ、モノ作りに携わる人々、そして学生など次世代のデザイナー候補の皆様にご愛読、ご活用いただいています。2011年版からスタートした本書は、おかげさまで、この2023年版で13年目を迎えました。今後もデザイナーと新しいデザインを求める人たちをつなげるメディアとして、お役に立てるように頑張ります。本書は最新の「日本デザイン」のパッケージです。
・最先端の日本デザインの写真集/資料として
・デザイナーをお探しの企業の皆様のガイドブックとして
・学生などデザイナーを目指す方々の指標として
読者の皆様には、さまざまな視点で本書をご活用いただければ幸いです。

  • 出版社 ‏ : ‎ ボーンデジタル (2023/3/13)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2023/3/13
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 296ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4862465501
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4862465504
  • 寸法 ‏ : ‎ 25.7 x 18.2 x 2.1 cm

EventBiz vol.30 / BOOTH DESIGN SELECTION 2023

イベント系情報サイト”展示会とMICE”を運営している、株式会社ピーオーピーが出版している展示業界紙”Event Biz vol30”のBOOTH DESIGN SELECTION 2023にDesigncafeが展示会ブースと展示構成をデザインさせていただいている”Beauty World JAPAN KANSAI AXXZIA booth”が掲載されました。専門誌の為、一般書店では取り扱いされていない店が多いですが、ご関心のある方は是非ご覧ください。

コロナ禍の落ち込みから、ようやく回復の動きが見られた2022年の展示会業界。特集①の「BOOTH DESIGN SELECTION 2023」では、そんな展示会を彩った珠玉のブースを紹介する。特集②「展示会のプロに聞く! 出展成功のカギ」では、あらゆる立場の展示会のプロたちに、それぞれの得意分野から出展成功のためのノウハウをインタビュー。悩める出展者の課題を解決する。

定価   2,200円(税込)
発売日  2023年2月28日
体裁   A4/92P

頌春 令和五年 / 2023年

用紙:Mr.Bスーパーホワイト180kg、印刷:オフセット印刷(グレースケール)デザイン:Designcafe 

皆さま、明けましておめでとうございます。
2023年の年頭に当たり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

約三年間、世界中で猛威を振るった新型コロナウイルス感染症ですが、世情も落ち着きを取り戻し、withコロナへの移行が始まっています。私たちの行動様式は一変しましたが、一方で、ビジネスにおいてはリモートワークやオンラインコミュニケーション下での働き方などDxの浸透が進みました。Designcafeでは、出勤とリモートを併用するシフトワーク(ハイブリッドワーク)を継続して実施しており、Designcafeのポートフォリオも拡充させていくための働き方も含めてさまざまな取り組みを継続しています。

今年の4月には、北陸・金沢に自社物件によるデザイン拠点” HiDEOUTLab ” (ハイドアウトラボ)がオープンします。ライフサイクルアセスメントを考慮したコンパクトなパッシブアーキテクチャーの中にDesigning Dxを軸としたデザインラボ、IoTを活用したスマート・リノベーションをプレゼンテーションできるモデルを併設した施設です。また、開設に伴い現地スタッフ採用も計画しています。初年度の今年は、ラボの稼働と地場の知名度向上に力を入れつつ、2019年から知見を積み上げ、試験導入を進めていたDesigning-Dxを今年から全てのプロジェクトで実装し、クライントの意思決定の迅速化に貢献していきます。

Designcafeにとってはチャレンジの年となる2023年は1月4日から始動いたします。
本年もよろしくお願い申し上げます。

2023年/ 令和5年  元旦   平澤 太

Designcafe 2023 年賀状 
用紙:Mr.Bスーパーホワイト180kg
印刷:オフセット印刷(グレースケール)
デザイン:Designcafe 

2022年(令和4年)年末のご挨拶

今年も早いもので残すところ10日余り、年末のご挨拶をさせていただく時期となりました。

コロナ禍も三年目に入り、一時は感染爆発の予断を許さない状況になりましたが、世情が落ち着いて対応した感じもあり、昨年に比べ大幅に回復したきた実感が得られた一年でした。空間デザインを生業とするDesigncafeもWithコロナ下での空間デザインのあり方、またコミュニケーションデザインのあり方を見つめ直しながら、リトライすることが多かったように感じています。コロナ禍の対応は引き続きますが、潮目が変わった感もあり、特に後半は良縁に恵まれ、新たなチャレンジに関わりながら無事、年の瀬を迎えました。コロナ禍で浸透したテレワークとシフトワークの併用は今後も維持しつつ、新たな年もチャレンジし続けていく所存です。

弊社の年末年始の休暇ですが下記の通りとなっております。年始は、令和5年(2023年)1月4日からスタートします。Withコロナを自覚しつつ、一人でも多くの人が安全で健康に過ごせますよう祈念したいと思います。

2022年
12月27日(火曜日)通常営業
12月28日(水曜日)バックオフィスのみ午前中営業
12月29日(木曜日)終日休業
12月30日(金曜日)終日休業
12月31日(土曜日)終日休業
2023年
1月1日    (日曜日)終日休業
1月2日    (月曜日)終日休業
1月3日    (火曜日)終日休業
1月4日    (水曜日)午後より通常業務いたします。

The year is fast approaching and it is time for us to give our year-end greetings.

The covit2019 crisis has entered its third year, and for a time the situation was unpredictable due to the outbreak of infection, but there was a sense that the situation had calmed down and the situation was being addressed, and it was a year in which we could feel a significant recovery compared to last year. Designcafe, which makes its living designing spaces, also felt that it had a lot to retry while rethinking how space design and communication design should be under the With Corona situation. Although we continue to deal with the Corona disaster, there is a sense that the tide has turned, especially in the second half of the year, and we have been blessed with good relationships and have safely reached the end of the year while being involved in new challenges. We will continue to maintain the combination of shift work with teleworking that permeated the Corona disaster, and we will continue to take on new challenges in the new year. We will continue to take good infection control measures and spend the New Year’s holiday resting and preparing for the coming year.

Our New Year’s holiday schedule is as follows. The new year will start on 4 January 2023, and we would like to wish as many people as possible a safe and healthy holiday season, being aware of the With Corona.

Designcafe™️ ウェブサイトを刷新

以前ご覧いただいた方はお気づきかもしれませんが、本ウェブサイトの刷新を行いました。全般的に手入れしていますが、見た目は微調整にとどめ、年明けにリリースするスタジオサイトDesigncafe.orgとの棲み分けと連携を視野に入れてリニューアルしています。従前の機能を据え置きながら二つのサイトのフッターの共通化、アーカイブサイトとしてのデザインの調整、スマートフォン対策としてのレスポンシブデザインの見直し、表示領域の大型化を中心に手入れしました。

このサイトは2009年に立ち上げ2013年にレスポンシブ化と一度目のリニューアル、2016年にデザインのリニューアルを含めた二度目のリニューアル、今回が3回目のリニューアルになります。過去訪問頂いた方はブラウザのキャッシュ(閲覧履歴、画像、Cookie)を削除してご覧くださいm(__)m

2022年 夏期休暇のお知らせ、7月下旬からの業務体制について

2022年8月11日(木曜日)〜8月16日(火曜日)の間、夏期休暇でお休みを頂きます。お盆期間の前後は、メンバー各自個別での有給休暇取得を奨励しているため、お盆期間中の業務に関しては担当者に個別にてご確認ください。なお上記期間中にメールにて頂きましたご質問やご意見への回答は8月16日以降でご連絡させていただきますので、ご了承下さい。 進行中・進捗中のプロジェクトに対してのレスポンスは、可能な限りメールにてお願いいたします。

また、7/中旬以降全国的にコロナウイルス罹患者が増大していること、通勤時の罹患リスクを鑑み、7/25より原則テレワーク勤務とさせていただいております。現場やお引き渡し等、一部の業務を除き打ち合わせもWebMTGを推奨しております。皆様のご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症対応について:2022年7月25日更新

東京都 新型コロナウイルス感染症対策サイトより

Designcafe(以下弊社)では、新型コロナウイルス感染症の対応について得意先、取引先、スタッフとその家族の安全確保を最優先に考え、対応を含め行政からの要請に協力してまいりました。

2022年夏場から急増している新型株(オミクロン株)由来の感染者拡大を考慮し、当面の間、リモートワークでの業務に戻し、スタジオでの作業が必要な時のみ出勤の形態に切り替え、当面の間のプロジェクトに対応いたします。面前での打合せや現場対応も必要度(緊急度)に応じて対応してまいりますが、打合せ等は可能な限りWebMTGツール(Teams/Zoom)で対応させていただきます。

社内(マネジメント及びバックオフィスのみ)は常駐しており通常営業を行っておりますが、得意先、取引先、スタッフとその家族の安全確保を最優先に対策対応を実施し、行政からの要請に協力してまいります。

1. 社内における対応

  • スタジオ内にアルコール消毒液設置、手洗いの実施、マスク着用、検温の実施。
  • スタジオ内の飛沫感染防止対策(アクリルパーテーション)
  • スタジオ内の定期的な換気の実施。抗原検査キットの常備。
  • スタジオワークを必要最小限にとどめ、当面リモートワークを実施。
  • 対面での打合せを避け、オンラインミーティングで対応。
  • 当面の社内会食を見合わせ、昼食時のテイクアウトサービスの利用を推奨。
  • 事前に予定を頂いているケースを除き、来訪者の方は入口での対応とさせて頂きます。
  • リモートワーク下での情報セキュリティを徹底し、コミュニケーションツールの拡充対応。LINE WORKS(社内外), MS-Teams(社外)導入
  • 購入決済をカード決済にて対応
  • 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の利用を呼びかけ。
  • 指定感染症であることを認識し、罹患者及び濃厚接触者の対応については行政の指針に従い行動してまいります。

2 社外における対応

  • バックオフィスに関しては社内に常駐し、通常対応しております。
  • 担当者への連絡(メール)は通常通り対応しておりますが、電話での問い合わせについては担当者に直接お問い合わせください。
  • 得意先取引先様との調整の上、越境を伴う出張は当面自粛します。
  • 現場での設計監理など外出を伴う対応を除き、原則リモート対応とさせていただきます。
  • 対面での会議は必要度に応じて対応いたしますが、WebMTGを推奨しております。
  • 新規のお問い合わせでWebMTGをご希望の皆様はお問い合わせください。
  • 社外セミナー・忘年会等の宴席への参加、不特定多数の人が集まる場所への訪問は当面自粛します。

 

Designcafeの新型コロナウイルス感染症対策は、管轄行政窓口からの案内に基づき感染症対策ポリシーを策定、実施しています。

 

2021年までの新型コロナウイルス対応について(アーカイブ)

Designers File 2022

3月18日に発売されるDesigners File 2022にDesigncafeが掲載されました。Designers File 2022は、建築、空間、プロダクトデザインなどの「立体デザイン」のデザインアーカイブで、Designcafeは主に2021年の空間デザインの仕事(ストアデザイン、マンションリノベーション、展示会ブースデザイン)から選定して掲載して頂きました。書店やAmazonで絶賛発売中ですので、ぜひお手に取ってご覧ください。


Designers File 2022

日用品から家具、ビルまで、今頼みたいデザイナー、建築家の最新仕事BOOK
本書「デザイナーズFILE」は、プロダクトから工業製品、インテリア、空間、建築まで、あらゆる立体デザインを扱う日本唯一のデザイン年鑑です。デザイナー、建築家をはじめ、モノ作りに携わる人々、そして学生など次世代のデザイナー候補の皆様にご愛読、ご活用いただいています。2011年版からスタートした本書は、おかげさまで、この2022年版で12年目を迎えました。今後もデザイナーと新しいデザインを求める人たちをつなげるメディアとして、お役に立てるように頑張ります。本書は最新の「日本デザイン」のパッケージです。
・最先端の日本デザインの写真集/資料として
・デザイナーをお探しの企業の皆様のガイドブックとして
・学生などデザイナーを目指す方々の指標として
読者の皆様には、さまざまな視点で本書をご活用いただければ幸いです。

  • 発売日:2022/03/18
  • 出版社: ボーンデジタル
  • サイズ:312ページ
  • ISBN:978-4-86246-525-2

発売日:2022年3月18日