Advanced 3D Printing Expo 2019 “DOW TORAY”

3Dプリンターの持つ三次元造形の可能性をポリゴンフィクスチャーで可視化する

モックアップに留まらずデザイン、設計から完成品までシームレスで製造し、製品化までFIXすることができる昨今の3Dプリンター。その最新技術を一堂に集めた本展示会に出展したダウ・東レ社の展示ブースデザインのテーマは”ポリゴンフィクスチャー”。展示会の装飾規定のアウトラインをポリゴンで結び、シャープな造形で3Dプリンターの可能性を暗示した。

クリエイティブディレクション _ Designcafe 平澤 太
ブースデザイン _Designcafe 平澤 太
グラフィックデザイン _ Stemky 島谷志保
プロダクトディレクション_ EXTRADREI 山中亮介
プロダクション _ Designcafe / EXTRADREI
クライアント _  東レ・ダウコーニング
撮影 _ 小渕喜幸
カテゴリー _ 展示会ブースデザイン・イベントブース・展示会装飾・トレードショー
ロケーション _ 幕張メッセ

I visualize possibility of the 3 dimensional molding to have of the 3D printer with a polygon fixture.

As well as a mock-up, it produces it from a design and a design to a finished product throughout and can manufacture the 3D printer of these days. It is the example of the Dow Toray Corporation booth which exhibited for this exhibition that collected the state-of-the-art of the 3D printer in the cathedral. The theme of this display booth design is a polygon fixture. It linked the prescribed outline established by an exhibition in a polygon and I did it with sharp molding and suggested the possibility of the 3D printer.

Category: Exhibition Stand / Exhibition Booth Design
Creative Direction: HIRASAWA FUTOSHI / Designcafe
Design: HIRASAWA FUTOSHI / Designcafe
Graphic Design: SHIMATANI SHIHO / Stemky
Product Direction: YAMANAKA RYOSUKE /EXTRADREI
Production: Designcafe / EXTRADREI
Client: Dow Corning Toray
Location: Nagoya/JAPAN
Photo: OBUCHI YOSHIYUKI

展示ブースの全景

シリコーン材で製品化されたミッドソールを展示。右側のスニーカーはミッドソールを採用した製品。