建築旅行

Designcafe™ の主宰者、平澤太のブログです。デザイン考、ライフワーク、インサイト、旅行などを不定期に綴っています。

臺北、淡水、臺中 2018_Vol.08|國立臺灣大學社會科學院 COSS、辜振甫記念図書館

グリッドとヴォイドで構成された高層部と植物のアルゴリズムから構造を導いた図書館。

台湾4日目は、台中国家歌劇院に引き続き伊東豊雄さんの建築「國立臺灣大學社會科學院 COSS、辜振甫記念図書館」へ。国立台湾大学は、日本の植民地時代の旧帝国大学が前身で、戦後接収されそのまま大学として使われていますが、2005年に施設の老朽化や諸事情の中、社会学部棟+キャンパスとしてオープンした建築です。この施設は、台湾の財界人の重鎮、辜振甫氏を筆頭に200人以上の卒業生からの寄付で建設されました。

国立台湾大学のキャンバス。広大な敷地にヤシの植栽が規則正しく植栽されていて気持ちの良い環境です

国立台湾大学のキャンバス。広大な敷地にヤシの植栽が規則正しく植栽されていて気持ちの良い環境です

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館の全景。奥側の高層部が社会学部棟、手前の低層の建築が辜振甫記念図書館。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館の全景。奥側の高層部が社会学部棟、手前の低層の建築が辜振甫記念図書館。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館を敷地左側から。シンボルとなる図書館棟は、植物の成長アルゴリズムから導いたデザイン。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館を敷地左側から。シンボルとなる図書館棟は、植物の成長アルゴリズムから導いたデザイン。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館を敷地右側から。植物のアルゴリズムはフラクタルな形状ではなく不規則で動的なデザイン。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館を敷地右側から。植物のアルゴリズムはフラクタルな形状ではなく不規則で動的なデザイン。

辜振甫記念図書館から前庭を眺める。

辜振甫記念図書館から前庭を眺める。

国立台湾大学社会学部棟(左)とキャンバス。グリッドとボイドで規則正しい印象で図書館棟とは対照的。

国立台湾大学社会学部棟(左)とキャンバス。グリッドとボイドで規則正しい印象で図書館棟とは対照的。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。鉄筋コンクリートの屋根部のディティールが超絶的

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。鉄筋コンクリートの屋根部のディティールが超絶的。外部から眺める。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館の全景。奥側の高層部が社会学部棟、手前の低層の建築が辜振甫記念図書館。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館の全景。奥側の高層部が社会学部棟、手前の低層の建築が辜振甫記念図書館。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。学部棟の1Fは職員室とラウンジ、学習室で構成されています。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。学部棟の1Fは職員室とラウンジ、学習室で構成されています。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。鉄筋コンクリートの屋根部のディティールが超絶的。不規則な形状はアルゴリズムから。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。鉄筋コンクリートの屋根部のディティールが超絶的。不規則な形状はアルゴリズムから。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。ライブラリーの書架をはじめとした家具デザインは藤江和子さんの手によるもの。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。ライブラリーの書架をはじめとした家具デザインは藤江和子さんの手によるもの。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。ライブラリーの書架は二種類の高さで構成され、外光に面した部分に自習用のデスクが並んでいます。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。ライブラリーの書架は二種類の高さで構成され、外光に面した部分に自習用のデスクが並んでいます。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。ライブラリーの書架を含めたレイアウトはスパイラル状に計画され、植物のアルゴリズムから導かれた柱脚と織りなすように並んでいます。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。ライブラリーの書架を含めたレイアウトはスパイラル状に計画され、植物のアルゴリズムから導かれた柱脚と織りなすように並んでいます。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。照明はつり下げ式の間接照明でアンビエントな印象の照明計画。違和感がありません。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。照明はつり下げ式の間接照明でアンビエントな印象の照明計画。違和感がありません。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。ライブラリーの書架はバンブーの集成材で作られています。なかなか贅沢。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。ライブラリーの書架はバンブーの集成材で作られています。なかなか贅沢。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。レイアウトはスパイラル状に計画されているのがよくわかる一枚。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。レイアウトはスパイラル状に計画されているのがよくわかる一枚。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。ライブラリーの書架を含めたレイアウトはスパイラル状に計画され、植物のアルゴリズムから導かれた柱脚と織りなすように並んでいます。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。ライブラリーの書架を含めたレイアウトはスパイラル状に計画され、植物のアルゴリズムから導かれた柱脚と織りなすように並んでいます。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。スパイラル状に計画された書架、植物のアルゴリズムから導かれた不規則な柱脚の関係性に圧倒されます。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。スパイラル状に計画された書架、植物のアルゴリズムから導かれた不規則な柱脚の関係性に圧倒されます。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。社会学部棟から入場するとこんな感じに見えてきます。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。社会学部棟から入場するとこんな感じに見えてきます。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。窓辺の自習スペース。目的に合わせて椅子やチェア、スツールが配置されていて開放的な雰囲気にマッチしています。羨ましい限り。

国立台湾大学社会学部棟+辜振甫記念図書館。窓辺の自習スペース。目的に合わせて椅子やチェア、スツールが配置されていて開放的な雰囲気にマッチしています。

国立台湾大学のキャンバス。よく手入れの行き届いたガーデン。

国立台湾大学のキャンバス。よく手入れの行き届いたガーデン。

国立台湾大学のキャンバス。広大な敷地にヤシの植栽が規則正しく植栽されていて気持ちの良い環境です

国立台湾大学のキャンバス。広大な敷地にヤシの植栽が規則正しく植栽されていて気持ちの良い環境です

国立台湾大学社会学部棟は、グリッドで規則正しい印象でヴォイドで中空フロアーを作ることでコミュニティーと学部内の人の導線をうまくコントロールしていて、非常に機能的。辜振甫記念図書館はこの施設のシンボルとなるべく、植物(ハスかな?)のアルゴリズムから導き出した構造(スパイラルと逆スパイラル)で規則性がありそうでない、ハスが自生しているような感覚を覚える建築です。雨水を還流させ、床下に流し込むことで得られる輻射冷房を採用しているそうで、見た目以上に先進的。アンビエントとタスクを使い分けた照明計画といい、スパイラルでいかにも使いやすそうな書架と言い、デザインと機能のバランスが素晴らしい建築でした。

キャンバス内は一部のセキュアゾーンを除くと自由に出入りができ、辜振甫記念図書館はパスポートの提示をすれば15分間の見学と写真撮影が許されます。台湾に建築を観に行く人たちにとっては台中国家歌劇院と並んで見学マストな建築です。

 

台湾大学社会科学部棟
辜振甫先生紀念圖書館
住所:台北市大安區羅斯福路四段一號
図書館開放時間:月~金8:20~21:00、土9:00~17:00、日休み

 

 

臺北、淡水、臺中 2018 Reported by Futoshi Hirasawa

臺北淡水、臺中 2018_Vol.01|天成文旅 華山町 Hua Shan Din by Cosmos Creation
臺北淡水、臺中 2018_Vol.02|華山1914文創園區(華山1914
文創園区)
臺北、淡水、臺中 2018_Vol.03|雲門劇場 Cloud Gate Theater、淡水老街、漁人碼頭
臺北、淡水、臺中 2018_Vol.04|臺北市立圖書館北投分館、北投温泉
臺北、淡水、臺中 2018_Vol.05|台中駅、台中国家歌劇院
臺北、淡水、臺中 2018_Vol.06|台中市円形野外劇場、国立台湾美術館、宮原眼科
臺北、淡水、臺中 2018_Vol.07|Home Hotel DaAn
臺北、淡水、臺中 2018_Vol.08|國立臺灣大學社會科學院 COSS、辜振甫記念図書館
臺北、淡水、臺中 2018_Vol.09|松山文創園區(松山文創園区)
臺北、淡水、臺中 2018_Vol.10|在鎮和台灣用餐 街と台湾での食事

→ Designcafeのデザイン・建築研修旅行・視察旅行のページへ戻る

臺北、淡水、臺中 2018_Vol.06|台中市円形野外劇場、国立台湾美術館、宮原眼科

RIBBONs / 台中市円形野外劇場がある文心森林公園のランドスケープ。アプローチがとてもユニークです。

RIBBONs / 台中市円形野外劇場がある文心森林公園。都会のオアシスといった様相で、スプリンクラーが忙しく回っていました。

RIBBONs / 台中市円形野外劇場がある文心森林公園のランドスケープ。公園と野外劇場がセットになって計画されており、とても複雑な導線。

国立台湾美術館のファサード。

国立台湾美術館のアプローチ

国立台湾美術館。敷地から見たビュー

国立台湾美術館。敷地から見たビューを別角度で。

国立台湾美術館のエントランスサイン。

国立台湾美術館。エントランス上部のオブジェ

国立台湾美術館。アネックス側を眺める

国立台湾美術館。1Fのアトリウム

国立台湾美術館、1Fのインフォメーションカウンター

国立台湾美術館。アトリウムのオブジェ。

国立台湾美術館で開催されていたビデオアート展

国立台湾美術館で開催されていたビデオアート展

国立台湾美術館で開催されていたビデオアート展。6組のアーティストが異なるアプローチで作品を展開していました

国立台湾美術館。離れのような展示棟

宮原眼科のファサード全景

宮原眼科の1Fの道路側はイートインのアイスクリームショップがあり通路が可愛くデコレーションされています

宮原眼科。1Fのテイクアウトストア。たくさんのお土産用のスイーツが並んでいます。

宮原眼科、2Fのスイーツパーラー。ここで休憩。

宮原眼科のエントランス

(ちょっとぶれていますが)宮原眼科の1Fショップディスプレイ

宮原眼科のショップディスプレイ。階段エリア。

RIBBONs / 台中市円形野外劇場

台中市円形野外劇場の正面外観

RIBBONs / 台中市円形野外劇場。中国の伝統舞踊であるリボンダンスをモチーフにした屋外劇場

文心森林公園の敷地内にある特徴的なフォルムの野外劇場で、設計は渡辺誠と楊瑞禎聯合建築師事務所。アルゴリズムに精通し、コンピュータ・プログラムによる形態発生を手法として本格的に取り入れた作品も設計する彼の海外建築では比較的新しく、2009年に竣工。

中国の伝統的なリボンダンスをアルゴリズミックに5枚の天蓋で構成されていて、見る角度やビューによって差異が生まれます。芸術の街、台中にふさわしい野外劇場です。

台中市円形野外劇場の正面外観2

RIBBONs / 台中市円形野外劇場。中国の伝統舞踊であるリボンダンスをモチーフにした屋外劇場

RIBBONs / 台中市円形野外劇場がある文心森林公園のランドスケープ。アプローチがとてもユニークです。

RIBBONs / 台中市円形野外劇場がある文心森林公園のランドスケープ。

RIBBONs / 台中市円形野外劇場がある文心森林公園。都会のオアシスといった様相で、スプリンクラーが忙しく回っていました。

RIBBONs / 台中市円形野外劇場がある文心森林公園のランドスケープ。

RIBBONs / 台中市円形野外劇場がある文心森林公園のランドスケープ。公園と野外劇場がセットになって計画されており、とても複雑な導線。

憩いの場として60種類あまりの植栽、複雑で高低差のある公園と組み合わさることで、ダイナミックな景観を生み出しています。思ったよりはコンパクトな公園でしたが年中暑い台中の人たちにとってはとても大切な場ですね。

RIBBONs / 台中市円形野外劇場
住所:台中市南屯区文心路一段289号 
電話:+886-4-23806458
ファックス:+886-4-22202480
公式サイト

国立台湾美術館 National Taiwan Museum of Fine Arts

国立台湾美術館

国立台湾美術館のファサード。

台湾を代表するコンテンポラリーアートを所蔵する国立台湾美術館。設計は、台湾を代表する4組のアーキテクト、太嶽建築師事務所、張哲夫建築師事務所、餘弦建築師事務所、與陳柏昇建築師事務所がそれぞれ担当してます。ライムストーンのようなタイル状の石材をふんだんに使用したファサードは、モダンだけどとても重厚感があります。本館の構成は、1階と2階はテーマ別の企画展を、3階は美術館が所有するコレクションの常設展を開催していて、1Fにはミュージアムショップも併設しています。チームラボが台湾で初めてエキシビションを行なった美術館としても有名です。

国立台湾美術館のアプローチ

国立台湾美術館のアプローチ

国立台湾美術館。敷地から見たビュー

国立台湾美術館。敷地から見たビュー

国立台湾美術館。敷地から見たビューを別角度で。

国立台湾美術館。敷地から見たビューを別角度で。

国立台湾美術館のエントランスサイン

国立台湾美術館のエントランスサイン

国立台湾美術館。エントランス上部のオブジェ

国立台湾美術館。エントランス上部のオブジェ

国立台湾美術館。アネックス側を眺める

国立台湾美術館。アネックス側を眺める

国立台湾美術館、1Fのインフォメーションカウンター

国立台湾美術館、1Fのインフォメーションカウンター

国立台湾美術館。1Fのアトリウム

国立台湾美術館。1Fのアトリウム

国立台湾美術館。アトリウムのオブジェ。

国立台湾美術館。アトリウムのオブジェ。

国立台湾美術館で開催されていたビデオアート展

国立台湾美術館。別館で開催されていたビデオアート展

国立台湾美術館で開催されていたビデオアート展

国立台湾美術館で開催されていたビデオアート展

国立台湾美術館で開催されていたビデオアート展。6組のアーティストが異なるアプローチで作品を展開していました

国立台湾美術館で開催されていたビデオアート展。6組のアーティストが異なるアプローチで作品を展開していました

国立台湾美術館。離れのような展示棟

国立台湾美術館。離れのような展示棟

どことなく上野の国立西洋美術館に様相が似ているのですが、台湾の真ん中である台中に集約して造られた施設だけに施設的にはこちらの方が大規模です。常設展は基本無料で良心的。敷地も広大で高校生が木陰で涼んだりととてものどかな感じでとても良かったです。

国立台湾美術館
竣工:1988年/2004年
場所:403台湾台中市西區五權西路一段2號[地図
公式HP:国立台湾美術館

宮原眼科

宮原眼科のファサード全景

宮原眼科のファサード全景。2008年に半壊した建物をコンバージョンし、現在の姿に。

中国の最高国家行政機関国務院の任命で開業した日本人医師である宮原武熊が開業したの眼科。台湾統治が終焉した後は台中市衛生院として使用し、現在はこの建物のヘリテージを生かしたスイーツとパーラーショップとして生まれ変わっています。ここに限らず、台湾は上手にコンバージョンして建築を蘇生させていることが多くその典型的な例です。

宮原眼科のファサードを別角度で眺める

宮原眼科のファサードを別角度で眺める

宮原眼科の1Fの道路側はイートインのアイスクリームショップがあり通路が可愛くデコレーションされています

宮原眼科の1Fの道路側はイートインのアイスクリームショップがあり通路が可愛くデコレーションされています。

宮原眼科。1Fのテイクアウトストア。たくさんのお土産用のスイーツが並んでいます。

宮原眼科。1Fのテイクアウトストア。たくさんのお土産用のスイーツが並んでいます。

宮原眼科、2Fのスイーツパーラー。ここで休憩。

宮原眼科、2Fのスイーツパーラー。ここで休憩。

宮原眼科のエントランス

宮原眼科のエントランス

宮原眼科の1Fショップディスプレイ

(ちょっとぶれていますが)宮原眼科の1Fショップディスプレイ

宮原眼科のショップディスプレイ。階段エリア。

宮原眼科のショップディスプレイ。階段エリア。

美味しいアイスクリームが売りという事とファンタジックなディスプレイが相まって、国内外の観光客でとても賑わっていました。観光地でインスタスポットのようなイメージ(笑)。アイスクリームがとても美味しく、この辺りの下りはまた後日書きます。

宮原眼科
場所:400台湾台中市中區中山路20號[地図
交通:臺中駅 徒歩10分
公式HP:宮原眼科

 

臺北、淡水、臺中 2018 Reported by Futoshi Hirasawa

臺北淡水、臺中 2018_Vol.01|天成文旅 華山町 Hua Shan Din by Cosmos Creation
臺北淡水、臺中 2018_Vol.02|華山1914文創園區(華山1914
文創園区)
臺北、淡水、臺中 2018_Vol.03|雲門劇場 Cloud Gate Theater、淡水老街、漁人碼頭
臺北、淡水、臺中 2018_Vol.04|臺北市立圖書館北投分館、北投温泉
臺北、淡水、臺中 2018_Vol.05|台中駅、台中国家歌劇院
臺北、淡水、臺中 2018_Vol.06|台中市円形野外劇場、国立台湾美術館、宮原眼科
臺北、淡水、臺中 2018_Vol.07|Home Hotel DaAn
臺北、淡水、臺中 2018_Vol.08|國立臺灣大學社會科學院 COSS、辜振甫記念図書館
臺北、淡水、臺中 2018_Vol.09|松山文創園區(松山文創園区)
臺北、淡水、臺中 2018_Vol.10|在鎮和台灣用餐 街と台湾での食事

→ Designcafeのデザイン・建築研修旅行・視察旅行のページへ戻る

Madrid_2018_Vol.10|Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía _ Caixa Forum Madrid

国立ソフィア王妃芸術センター Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía

ポルトガルから通算5日目、マドリッドの二日目午前中にソフィア王妃芸術センター(Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía、MNCARS))へ現国王の母でフアン・カルロス1世の王妃ソフィアにちなんで名付けられた現代美術を中心にキュレーションされた美術館です。

旧館と新館の二つの建物から構成されていて、旧館でメインのサバティーニ館はイタリアの建築家フランチェスコ・サバティーニが設計した病院をリノベーションして美術館とし、2005年にフランスの建築家ジャン・ヌーヴェルの設計による新館が増築されています。新館は、大屋根によって生まれたセンターコート(中庭)、現代美術の企画展示室、ファウンデーションのバックオフィス、ライブラリー、カフェ、ミュージアムショップで構成されていて、センターコートを取り囲むように構成されています。 ピカソ、ダリ、ミロなど作品を数多く所蔵している事で有名であり、そのほとんどはサバティーニ館にあります。ピカソの代表作『ゲルニカ』は、プラド美術館別館から本美術館に移されていて、プラド美術館との棲み分けも図られています。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。設計はジャン・ヌーヴェル。

国立ソフィア王妃芸術センター新館。薄くて巨大な大屋根が印象的な建築。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。テーパーエッジの屋根の稜線が旧館のモールドと揃っていて美しい納まり。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。巨大なサインボード。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。左側がサインボード、右側が旧館。新館側は、この巨大な隙間から誘うように構成されています。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。センターコート。巨大で厚みのあるトップライトと細くて規律のある柱の対比がドラマティックです。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。センターコート。トップライトの明るさは建築のダークな色彩の影響もあって抑制された感じ。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。旧館との対比。新館の大屋根がおおい尽くすような印象を生み出し、軒線と旧館に隙間を作ることで個としての建築のキャラクターを際立てています。このビューが個人的にはとても好きです。

タシットナレッジ(暗黙知)を逆手にとるような建築で、本来厚みのある部分を薄く細く、ボリュームの無い部分にボリュームを持たせるなど、対比による印象が強く残るように意識されたデザイン。印象的な大屋根も薄い軒線を生みだすためにテーパー構造になっていて、内側に入り込むほど厚みが増すように設計されています。この稜線とも言える薄さが肝で旧館のモールディングのラインと添わせ、若干の隙間を生む事で建築としての個のキャラクターを際立たせています。テーパー構造になると内側に厚みを取らないといけない(この部分にキャンテー構造で梁が内包されている)ため、トップライトの部分に厚みが現れヒューマンスケールを超えたダイナミックさを同時に生みだすことに成功しています。流石です。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。新館のライブラリー。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。展望エリアへ直行するエレベーター。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。新館1Fのトイレ。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。3F旧館との接合部

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。新館オフィスエリア

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。展望エリア

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。展望エリア

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。展望エリア

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。展望エリアから見た旧館

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。展望エリアから見たアトーチャ通り、アトーチャ駅舎。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。展望エリア、オフィス側を眺める

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。展望エリア大屋根の厚みがいかに厚いかわかる部分。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。旧館側から新館への接合部とそのサイン

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。旧館のコリドール。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。旧館のエレベーター。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。旧館のエレベーター。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。旧館の3Fのコリドール。ゲルニカが所蔵されているフロア。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。新館側のエントランスチケットセンター。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。旧館側のファサード。有名なビューです。

国立ソフィア王妃芸術センター新館 Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía。旧館側のファサード。有名なビューです。

元々病院ということもあり、窓から日差しが入る明るい旧館と大屋根に覆われた薄暗い新館という対比構図も面白く、通常殆どの人が旧館側からチェックインする事を考えると、名作に触れた後に新館に訪れる事で感じるダイナミックな印象は驚きをもって感じるはずです。

国立ソフィア王妃芸術センター
Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía
Calle de Santa Isabel, 52, 28012 Madrid, スペイン

カイシャ・フォーラム・マドリッド Caixa Forum Madrid

カイシャ・フォーラム・マドリッド Caixa Forum Madrid。スイス人建築家グループのヘルツオーク&ドムーロン Herzog & de Meuron

カイシャ・フォーラム・マドリッド Caixa Forum Madrid。スイス人建築家グループのヘルツオーク&ドムーロン Herzog & de Meuron。右側のバーチカルグリーンの建物は、別の建物。

スペインの大手銀行、カイシャ(Caixa)財団の文化施設がこのカイシャ・フォーラム。バルセロナ(こちらは磯崎新の設計で2015年の研修旅行で訪れています)に続き二件目の施設で、2001年より廃墟と化していたメディオディア電気公社の跡地を同社が購入し、展覧会などを行なう文化施設にコンバージョンしました。手がけたのはスイス人建築家ユニットのヘルツォーク&ド・ムーロン(Herzog & De Meuron)。東京だと青山のプラダが有名です。

界隈には前述の国立ソフィア王妃芸術センター、プラド美術館、ティッセン=ボルネミッサ美術館があり、点で結んだ時にその中心地に位置する絶好のロケーション。カイシャフォーラム自体が、時代やジャンルにとらわれずボーダレスなソーシャルデザインを社会に投げかけ、問題提起し、考察する事を主観においている施設なので、様々な企画展が催されています。面積2,000平米以上の敷地に、展示室、322席のホール、メディアライブラリー、講演会やその他の活動に使用できる複数の多目的ルーム、保存・修復工房、芸術作品倉庫があり、アートやソーシャルデザインのハブとして機能するように計画されています。

カイシャ・フォーラム・マドリッド Caixa Forum Madrid。スイス人建築家グループのヘルツオーク&ドムーロン Herzog & de Meuron。前庭にあるサイン。

カイシャ・フォーラム・マドリッド Caixa Forum Madrid。スイス人建築家グループのヘルツオーク&ドムーロン Herzog & de Meuron。

カイシャ・フォーラム・マドリッド Caixa Forum Madrid。スイス人建築家グループのヘルツオーク&ドムーロン Herzog & de Meuron。メディオディア電気公社の建築に積み増すするようにボリュームを加えた構造。

カイシャ・フォーラム・マドリッド Caixa Forum Madrid。スイス人建築家グループのヘルツオーク&ドムーロン Herzog & de Meuron。メディオディア電気公社の建築に積み増すするようにボリュームを加えた構造。反対面はこんな感じ。

カイシャ・フォーラム・マドリッド Caixa Forum Madrid。スイス人建築家グループのヘルツオーク&ドムーロン Herzog & de Meuron。メディオディア電気公社の建築に積み増すするようにボリュームを加えた構造。ディティール。

カイシャ・フォーラム・マドリッド Caixa Forum Madrid。スイス人建築家グループのヘルツオーク&ドムーロン Herzog & de Meuron。メディオディア電気公社の建築に積み増すするようにボリュームを加えた構造。一階部分は駐車場になっています。

カイシャ・フォーラム・マドリッド Caixa Forum Madrid。スイス人建築家グループのヘルツオーク&ドムーロン Herzog & de Meuron。メディオディア電気公社の建築に積み増すするようにボリュームを加えた構造。反対面。

カイシャ・フォーラム・マドリッド Caixa Forum Madrid。スイス人建築家グループのヘルツオーク&ドムーロン Herzog & de Meuron。2Fのチケットカウンターとミュジアムショップ。スケルトンの天井、アルミの階段でハイテックな印象。

カイシャ・フォーラム・マドリッド Caixa Forum Madrid。スイス人建築家グループのヘルツオーク&ドムーロン Herzog & de Meuron。階段部分。

カイシャ・フォーラム・マドリッド Caixa Forum Madrid。スイス人建築家グループのヘルツオーク&ドムーロン Herzog & de Meuron。2階のチケットカウンター。

カイシャ・フォーラム・マドリッド Caixa Forum Madrid。スイス人建築家グループのヘルツオーク&ドムーロン Herzog & de Meuron。1階のウェルカムウール的なリボンビジョン。

カイシャ・フォーラム・マドリッド Caixa Forum Madrid。スイス人建築家グループのヘルツオーク&ドムーロン Herzog & de Meuron。1階のウェルカムウール的なリボンビジョン。この日は企画展でウオーホルが開催していたので、このビジュアルが幾度となく映されていました

カイシャ・フォーラムのバルセロナと比べても、コンバージョンのボリュームを地階においてグランドライン(地上)から上は殆ど手付かず(見た目的には以前と変わらない)磯崎新プランに対して、マドリッドのヘルツオーク&ドムーロンのプランは真逆の上層階に積み増しし、建築としてのキャラクターとして表層的な差異を表現しています。

表層的な部分でしか建築の表現が難しくなっている現代建築においては、時間的コスト的な制約で地階のボリュームで勝負するよりも、このマドリッドのように上層に積み上げたほうが現実的で、かつユニークな表現が可能ではないかというトライアルの素養を感じます。ボリューム的にも国立ソフィア王妃芸術センター新館のような巨大でヒューマンスケールを超えたような建築ではなく、比較的コンパクトなので許されている部分はあるかもしれません。

ヘルツオーク&ドムーロンは、トライアルを思考しながら表現としての建築を都度都度、追求している感があるので、機会があれば他の建築をもっと見てみたいと思いました。

カイシャ・フォーラム・マドリッド Caixa Forum Madrid
Av. de Francesc Ferrer i Guàrdia, 6-8, 08038 Barcelona, スペイン

 

Lisboa / Porto / Madrid 2018 Reported by Futoshi Hirasawa

Lisboa 2018_Vol.01|Istanbu-Lisboa Aeroporto de Lisboa
Lisboa 2018_Vol.02|Chiado_Baixa Pombalina de Lisboa_Primeiro dia
Lisboa_2018_Vol.03|Mercardo da Ribeira_Álvaro Siza_Alfa Pendular
Porto_2018_Vol.04|Lisboa to Porto_Restaurante Casa Aleixo_Descobertas Boutique Hotel
Porto_2018_Vol.05|Historic Centre of Oporto_Casa de Musica
Porto_2018_Vol.06| Museu Serralves|Ponte Dom Luís I
Porto_2018_Vol.07|Livraria Lello _ O que eu vi na cidade do Porto
Madrid_2018_Vol.08|Artiem MadridLa ciudad de Madrid
Madrid_2018_Vol.09|
Hotel Puerta America
Madrid_2018_Vol.10|Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía _ Caixa Forum Madrid
Madrid_2018_Vol.11|El mercado de Madrid y la comida

Madrid_2018_Vol.09|Hotel Silken Puerta America

建築家、デザイナーの競演。ホテル シルケン プエルタ アメリカ。

マドリッドでの楽しみにしていた一つがこの「ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)」。場所的には中心地の中でもやや外れにありますが、メトロが充実しているマドリッドではあまり気にならないロケーション。ロケーション以上に、各エリアごとに異なるデザイナーを起用して競演しているその設えとファシリティーが最大の魅力です。ジョン・ポウソンが担当したレセプション&ロビー、クリスチャン・リアグレが担当したレストラン、実質2Fの1stフロアー全体と客室を手がけたザハ・ハディドなど他もノーマン・フォスター、ジャン・ヌーベル、ロン・アラッド、磯崎新、デイビッド・チッパーフィールド、マーク・ニューソンなど錚々たるメンバーが客室やパブリックスペースをデザインしています。建築実施設計とデザインマネージメントは、スペイン人のフェリペサエス・デゴルドア(SGAエステュディオ)が担当しています。多様性、価値観の解釈を自由に表現するため、各建築家やデザイナーに自由な裁量が与えられてデザインしておりテーマは「夢を見られる場所」。浮世離れということでしょうか。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)のファサード。デザインは、ジャン・ヌーヴェル。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)のファサード。デザインは、ジャン・ヌーヴェル。別角度で。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)のファサードのディティール。全ての部屋にオーニングが付いています。日差しが強いスペインではお馴染みの仕様。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)のフアプローチ脇。サインがかわいいです。AMERICAとあるのは、目の前の通りがアメリカ通りなので。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)のレセプションロビー。デザインは、ジョン・ポーソンが担当。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1Fレストラン。デザインは、フランス人のクリスチャン・リアグレが担当。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1Fレストラン。デザインは、フランス人のクリスチャン・リアグレが担当。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)のアプローチから見た、レセプションロビー。デザインは、ジョンポーソンが担当。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)のレセプションロビーをレストランサイドから。デザインは、ジョンポーソンが担当。

ミニマムで端正な作風で「Theモダニズム」な印象の空間を設えたジョン・ポーソンのレセプションロビー。決して広くはないのですが、このホテルでもっとももてなしの接点になるエリアをジョン・ポーソンが担当したのは興味深く、印象的。他が浮世離れしすぎていますからね 笑。 クリスチャン・リアグレのレストランは、2Fのビュッフェエリアも含めてバーチカルに空間を捉えていて、全体的にオーセンティックな設え。コーディネートの質も高く安定しています。 ジャンヌーヴェルのファサードは、マドリッドの気候や陽気にマッチした彩度の高い鮮やかな印象ですが、オープンして13年たち少し褪せてしまった印象(笑)グラデーションが左右に広がっているので否が応でも目立ちます。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1Fレストラン。デザインは、フランス人のクリスチャン・リアグレが担当

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)のビュッフェエリアもフランス人のクリスチャン・リアグレが担当

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)のビュッフェエリア。宿泊客以外もビュッフェ目的で外来客が来ます。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)のビュッフェエリアのテーブルセット。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)のビュッフェの食事。メニューも多様で食事が楽しいです。

 

1st Floor のZaha Styleへ。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor のエレベーターホール前のシンボルライト。デザインはザハ・ハディド。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor のエレベーターホール前のシンボルライト。デザインはザハ・ハディド。LEDのRGBで色彩変化します。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor のエレベーターホール前のシンボルライト。デザインはザハ・ハディド。LEDのRGBで色彩変化します。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor のエレベーターホール前のシンボルライト。デザインはザハ・ハディド。LEDのRGBで色彩変化します。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor のエレベーターホール前のシンボルライト。デザインはザハ・ハディド。LEDのRGBで色彩変化します。反対側から。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor の分岐点。左右の通路で部屋が分かれます。デザインはザハ・ハディド。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor、部屋のドア。デザインはザハ・ハディド。コーリアン製で部屋のナンバーと在室の有無がバックライトで表示されます。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor の128号室。デザインはザハ・ハディド。今回宿泊した部屋です。写真の露出的にはこの写真が現実に一番近いです。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor の128号室。デザインはザハ・ハディド。このフロアーでもっとも多い平均的な広さの部屋。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor の128号室。デザインはザハ・ハディド。直線がほぼないシームレスな空間はコーリアンとFRPでの造形。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor の128号室。デザインはザハ・ハディド。窓側からドア側を見たビュー。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor の128号室。デザインはザハ・ハディド。窓側からドア側を見たビュー。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor の128号室。デザインはザハ・ハディド。ベッドボード。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor の128号室。デザインはザハ・ハディド。収納もフューチャーな感じでかっこいいのですが、

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor の128号室。収納ですが完全に隠れず反対側は見えています。笑

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor の128号室。デザインはザハ・ハディド。トイレはザハデザインの便器でイタリア製。これは既製品ですが、自分のデザインという意味で徹底しています

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor の128号室。デザインはザハ・ハディド。バスルームとバスダブもシームレスにつながっており、足元がハレーションして怖かったです。笑

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor の128号室。デザインはザハ・ハディド。バスルームの洗面スペース。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor の128号室。デザインはザハ・ハディド。バスルームの洗面スペース。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)の1st Floor の128号室。デザインはザハ・ハディド。ベッドサイドボード。

ホテル・シルケン・プエルタ・アメリカ(Hotel Silken Puerta America)でも最も人気の高い1st Floorのデザインはザハ・ハディド。シームレスでザハらしいインテリアデザインです。ザハが手がけた事例だと、香港のジョッキーズクラブイノベーションタワー韓国ソウルの東大門デザインプラザ、南青山に昔あったニールバレットの旗艦店に続いて4件目の訪問。イノベーションタワーはあちらこちらで破綻していて少し残念でしたが、イノベーションタワーより前に竣工しているこちらの方が、空間としての破綻がなく施工精度もなかなか良いです。ザハのデザインは施工の力に左右されてしまいますからね。

今回宿泊した128号室も含め、部屋の狭さをシームレスな空間が解決していて開放感があります。矩形の空間であれば部屋の狭さを露骨に感じてしまうかもしれませんね。ホテル全体のデザインテーマ「夢を見られる場所」に期待を寄せれる作家ですし、期待以上にいい部屋でした。ただ、休息できるかというと、あまりに浮世離れしすぎていて長期間は泊まりたくないかもしれません(笑)

通常は景観性の悪さから避けられる低層階にザハやノーマンフォスターなど当代の建築家を起用して話題性を持たせ高層階に艶のある空間を作れる建築家や作家を起用するあたりも、全体のマネージメントの秀逸さをを感じます。セキュリティー上、他の客室フロアーにはアクセスできませんが、日に一回見学ツアーが組まれているので、全部見て見たい方はそちらを是非。

各フロアーの建築家、デザイナーのリストは下記の通り。

1st floor Zaha Hadid (ザハ・ハディド)
2nd floor Norman Foster (ノーマン・フォスター)
3rd floor David Chipperfield (デービッド・チッパーフィールド)
4th floor Plasma (エバ・カストロ、ホガー・ケーン)
5th floor Victorio & Lucchino (ビトリオ&ルチノ)
6th floor Marc Newson (マーク・ニューソン)
7th floor Ron Arad (ロン・アラッド)
8th floor Kathlyn Findlay (キャスリン・フィンドレー)
9th floor Richard Gluckman (リチャード・グルックマン)
10th floor Arata Isozaki (磯崎新氏) 
11th floor < Mariscal& Salas (ハビエル・マリスカル、フェルナンド・サラス)
12th floorとファサード Jean Nouvel (ジャン・ヌーベル)
※1st Floorが実質3階になります。

 

Lisboa / Porto / Madrid 2018 Reported by Futoshi Hirasawa

Lisboa 2018_Vol.01|Istanbu-Lisboa Aeroporto de Lisboa
Lisboa 2018_Vol.02|Chiado_Baixa Pombalina de Lisboa_Primeiro dia
Lisboa_2018_Vol.03|Mercardo da Ribeira_Álvaro Siza_Alfa Pendular
Porto_2018_Vol.04|Lisboa to Porto_Restaurante Casa Aleixo_Descobertas Boutique Hotel
Porto_2018_Vol.05|Historic Centre of Oporto_Casa de Musica
Porto_2018_Vol.06| Museu Serralves|Ponte Dom Luís I
Porto_2018_Vol.07|Livraria Lello _ O que eu vi na cidade do Porto
Madrid_2018_Vol.08|Artiem MadridLa ciudad de Madrid
Madrid_2018_Vol.09|
Hotel Puerta America
Madrid_2018_Vol.10|Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía _ Caixa Forum Madrid
Madrid_2018_Vol.11|El mercado de Madrid y la comida

Lisboa_Porto_Madrid 2018_Vol.03|Mercardo da Ribeira_Álvaro Siza_Alfa Pendular

バカリャウ ア ブラス

リベイラ・ノーヴァ市場の

リベイラ・ノーヴァ市場の

リベイラ・ノーヴァ市場の2Fからフードコートを眺める。

リベイラ・ノーヴァ市場の2F

リベイラ・ノーヴァ市場の2Fホリゾンタルから覗くとこんな感じ。

オリエンテ駅

オリエンテ駅

オリエンテ駅

Gare do Oriente

オリエンテ駅

オリエンテ駅

オリエンテ駅

オリエンテ駅

アルファンデガ通り。

アルファンデガ通りを西に

アルファンデガ通りを西に

アルファンデガ通りを西に

アルファンデガ通りを西に

アルファンデガ通りを西に

アルファンデガ通りを西に

アルファンデガ通りを西に

アルファンデガ通りを西に

リベイラ・ノーヴァ市場 Mercardo da Ribeiraのファサード。

2014年にリニューアル・オープンし、

リベイラ・ノーヴァ市場 Mercardo da Ribeiraのファサード

リベイラ・ノーヴァ市場 Mercardo da Ribeiraのファサード

リベイラ・ノーヴァ市場 Mercardo da Ribeiraのファサード

のフードコート。

リベイラ・ノーヴァ市場のフードコート。

リベイラ・ノーヴァ市場のフードコート。

リベイラ・ノーヴァ市場のフードコート。

Pizza a Pezziのキッチン。

ポルトガルの伝統料理をモダンにアレンジしたレストラン、ミゲルカストロシルヴァ。

ポルトガルの伝統料理をモダンにアレンジしたレストラン

アルファンデガ通りを西に。リベイラ市場へ

リスボン二日目は、ホテルから徒歩でリベイラ市場へ。ホテルからコメルシオ広場を通過してアルファンデガ通りを西に向かいます。

アルファンデガ通り

アルファンデガ通り。名所を巡る専用の観光トラム。

アルファンデガ通り。この日は快晴で気持ちの良い朝。

アルファンデガ通り。名所を巡る専用の観光トラム。赤色が目印。

アルファンデガ通りに面しているPraça do Município(市役所広場)とCamara Municipal de Lisboa(市役所)

アルファンデガ通りにあった穀物店。様々な豆を売っています。

アルファンデガ通り沿いの商店。

アルファンデガ通りに面したカトリックの教会、Igreja do Corpo Santo

アルファンデガ通りを西に。ゴシック様式の街並み。

アルファンデガ通り。Duque da Terceira Statueのテルセイラ公爵の銅像。

アルファンデガ通りのDuque da Terceira Statue付近のロココっぽい街並み。

アルファンデガ通りを西に。アレクリン通りを眺める。市場までもう少しです。

リベイラ・ノーヴァ市場 Mercardo da Ribeira

リベイラ・ノーヴァ市場 Mercardo da Ribeiraのファサード。

リベイラ市場(Mercado Da Ribeira)は、1882年開設の市場。リスボン市内の有名レストランを招致して2014年にリニューアル・オープン。フード・コートとして賑わっています。生鮮食品の市場は、営業時間が違うため訪れることはありませんでしたが、フード・コートは、夜遅くまで営業しており、色々な料理が楽しめる食事処として観光客に人気です。

リベイラ・ノーヴァ市場 Mercardo da Ribeiraのファサード。1882年当初のものです。

リベイラ・ノーヴァ市場。Time Outという名のフードコート。

リベイラ・ノーヴァ市場のフードコートTime Out。真ん中にフードコート、取り囲むように市場が配置されています。

リベイラ・ノーヴァ市場のフードコートTime Out。コート内の真ん中は客席で若干のキオスク、取り囲むようにコンパクトな調理室を併設した飲食店が軒を連ねています。

リベイラ・ノーヴァ市場のフードコートTime Out。天高があり開放的です。

リベイラ・ノーヴァ市場のフードコートTime Out。圧巻の広さ。

リベイラ・ノーヴァ市場のフードコートTime Outにあるピザ屋 Pizza a Pezzi。トリュフときのこのピザ。衝撃の美味しさ。

ポルトガルの伝統料理をモダンにアレンジしたレストラン、ミゲル カストロ シルヴァのキッチン

ポルトガルの伝統料理をシンプルにアレンジしたレストラン、ミゲル カストロ シルヴァ。

ポルトガルの伝統料理をモダンにアレンジしたレストラン、ミゲル カストロ シルヴァ。のバカリャウ ア ブラスとパシュテイシュ デ バカリャウ(干しダラのコロッケ)。

このアラームで注文した食事を取りに行きます。

昼食は、ミゲル カストロ シルヴァのバカリャウ ア ブラスとパシュテイシュ デ バカリャウ。そしてPizza a Pezziのトリュフときのこのピザ。炭水化物祭りですが(笑)この後歩く予定があるので気にせず食事を楽しみました。バカリャウ ア ブラスは干しダラとポテトと玉ねぎの卵綴じの料理で、安定の美味しさ。ポルトガルは乾物や缶詰が発達していて、いたるところにバカリャウが登場します。

リベイラ・ノーヴァ市場のフードコート外側にあるマーケットエリア。

リベイラ・ノーヴァ市場の2Fにあるレストランセカンドホーム。

リベイラ・ノーヴァ市場のホリゾンタル。

リベイラ・ノーヴァ市場のメインエントランス。

リベイラ・ノーヴァ市場の2Fからフードコートを眺める。

リベイラ・ノーヴァ市場の2Fの多目的スペース。

リベイラ・ノーヴァ市場の2Fのホリゾンタル。下がエントランスになっています。

リベイラ・ノーヴァ市場の2Fホリゾンタルから覗くとこんな感じ。

リベイラ・ノーヴァ市場のようなリノベーションして生まれ変わる市場は、ポルトガルやスペインにはとても多く、二年前に研修旅行で訪問したバルセロナのサンタ・カタリーナ市場も然りで、観光名所としての期待がたぶんに大きいのですが、トラベラーファーストに作られており、夜遅くまで食事が摂れます。結果、地元の人にも重宝され色が活性されて行くわけで、この辺のお作法は築地や日本の市場も取り入れてほしいし、築地も移転新築ではなく、リノベーションで解決して欲しかったです。

リベイラ・ノーヴァ市場
481,, Av. 24 de Julho, 1200-109 Lisboa, ポルトガル
www.cm-lisboa.pt
+351 21 346 1199

オリエンテ駅 Gare do Oriente

オリエンテ駅 Gare do Orienteのファサードライン

サンタアポローニャ駅。オリエンテ駅とは対照的な、ネオゴシックの駅舎。

サンタアポローニャ駅のコンコース。ここから一駅、オリエンテ駅に向かいます。

オリエンテ駅に向かう車中で。

リベイラ市場からホテルに戻り、荷物をピックアップしてオリエンテ駅へ向かいました。オリエンテ駅は1998年に開催されたリスボン万博の会場、パルケ・ダス・ナソンイス地区に計画されました。開業も万博に合わせた1998年で、駅舎はサンティアゴ・カラトラバとスペインのゼネコンNESCO(現在のAcciona)の手によるもの。オリエンテ駅はリスボンメトロ レッドラインやポルトガル鉄道の近郊列車や長距離列車が乗り入れる起点駅で、ポルトへはここから向かいます。将来、スペインからの高速鉄道も繋がるそうです。

オリエンテ駅。印象的な構造屋根。

オリエンテ駅。エントランスのキャノピー。

オリエンテ駅。キャノピーの中。とんぼの羽のような印象。

オリエンテ駅。コンコースは構造美が美しいですが南北のアクセスが悪く一度は迷います。

オリエンテ駅のコンコース内にあるカフェ屋台

オリエンテ駅。天蓋構造。夜はローケルビンのライトアップで線香花火のような演出がなされます。

オリエンテ駅。天蓋構造。夜はローケルビンのライトアップで線香花火のような演出がなされます。

カラトラバ節炸裂のような彼らしい構造美の駅舎ですが、東西の導線を優先するがあまり、駅の軸線に対して東西のアクセスがとても悪く、インフォメーションセンターや特急アルファ・ペンドゥラールの切符売り場が西側のみにあったりと、ツーリストにはちょっと酷な駅です。それを差し引いて建築的には見所が多く、駅前から見たビューは圧巻です。日本にも緻密で日本の構造美を表現した駅が地方にはたくさんありますが、空港や駅はツーリストにとってその国を感じることができるタッチポイントですから、どんどん増えて欲しいです。

オリエンテ駅 Gare do Oriente
Parque das Nações

EXPO.98  ポルトガル パビリオン

EXPO.98リスボン万博のポルトガルパビリオン。設計はアルヴァロ・シザ。

これを見にリスボンにきたと言っても過言ではない、EXPO.98リスボン万博のポルトガルパビリオン。設計はアルヴァロ・シザ。ポルトガル建築界の重鎮です。シザを最も有名にした仕事の一つであるポルトガルパビリオンは、EXPO閉催後に解体せず計画途中から「施設として恒常的に使用する」事を前提に計画されています。この建築を決定づけている幅58m×長さ65mの巨大なケーブル・ルーフ(吊り屋根)に覆われた、セレモニアル・プラザと呼ばれる広場は、セレモニー会場としての機能を求めつつ、厚み20cmのコンクリートの屋根は、素材に似合わない柔らかな印象を与えています。

EXPO.98リスボン万博のポルトガルパビリオン。シザらしい端正な造り。

EXPO.98リスボン万博のポルトガルパビリオン。海側から見たビュー。

EXPO.98リスボン万博のポルトガルパビリオン。絶妙なたるみ加減。笑

EXPO.98リスボン万博のポルトガルパビリオン。角度によってたるみ加減が絶妙なのがわかるかと思います。

EXPO.98リスボン万博のポルトガルパビリオン。ワイヤーを束ねたケーブルがエクステンションになっているんですね。

EXPO.98リスボン万博のポルトガルパビリオン。筑後20年経つので経年変化はありますが、この大屋根のおかげで、子供達は雨の日でも思いっきり遊べます。

EXPO.98リスボン万博のポルトガルパビリオン。正面より。

EXPO.98リスボン万博のポルトガルパビリオン。正面より。角度をつけて撮影。

EXPO.98リスボン万博のポルトガルパビリオン。正面より。角度をつけて寄ってみる。

EXPO.98リスボン万博のポルトガルパビリオン。正面より。角度をつけてもっと寄る。

EXPO.98リスボン万博のポルトガルパビリオン。先ほどと反対側のアングル。

EXPO.98リスボン万博のポルトガルパビリオン。管理棟。

EXPO.98リスボン万博のポルトガルパビリオン。管理棟。

第2のエリアとしては、14000㎡の建物があり、ギャラリー、レストラン、レセプションホール、事務室などを備えています。外壁とパティオに面した壁に規則的に穿たれた窓から、各部屋に自然光を取り込まれ、河岸には柱廊があります。周辺環境を弁えつつ、軽やかさと重厚さを兼ね備えていてとても美しい建築です。

シザは、お弟子さんともいうべきソウト デ モウラとの協働で2000年に開催されたハノーファー国際博覧会でもポルトガルパビリオンを担当しています。ポルトガルをいかに世界に知ってもらえるかを担うのがパビリオンアーキテクチャーですから、やはりこのリスボン万博での成功がとても大きく、彼の名声を確定したと言えます。

EXPO.98 Portugal Pavilion(リスボン万博 ポルトガルパビリオン)
Esplanada Dom Carlos I s/nº, 1990-005 Lisboa, ポルトガル
www.oceanario.pt
+351 21 891 7000

パルケ・ダス・ナソンイス地区(Parque das Nações)

NOWO (Sede)の社屋

リスボン科学博物館(Pavilhão do conhecimento)

リスボン科学博物館(Pavilhão do conhecimento)

リスボン科学博物館(Pavilhão do conhecimento)

通信会社の社屋。Teleperformance Portugal – Oceanário

リスボン水族館。建築はピーター・シャーメイエフの設計。水槽は水景クリエイター天野尚の手によります。

リスボン水族館。建築はピーター・シャーメイエフの設計。水槽は水景クリエイター天野尚の手によります。

CASINO LISBOA

CASINO LISBOAの行先サイン。

パルケ・ダス・ナソンイス地区は、1998年に開催されたリスボン国際博覧会の跡地を中心に開発されたオフィス街や商業施設、住宅街などから構成された新興エリアで2012年に新しい行政区として誕生しました。

万博開催後の1990年代に大規模な街づくり開始され、商業地区の中心施設としてオリエンテ駅に隣接するヴァスコ・ダ・ガマ ショッピングモールや国際見本市会場などが建てられています。万博当時の施設で残存しているリスボン水族館や既出のポルトガルパビリオンは今でも人気の観光地です。

特急アルファ・ペンドゥラールでポルトへ。

オリエンテ駅。特急アルファ・ペンドゥラール。ジョルジェット・ジウジアーロが設計したイタリアのフィアット(現アルストム)のETR460ペンドリーノがベース車両。

オリエンテ駅に預けていたバゲージをピックアップし、特急アルファ・ペンドゥラールの一等車(グリーン車)でポルトへ向かいます。3時間半の旅。

特急アルファ・ペンドゥラール。LEDサイン。レトロな見せ方ですが、単色でかっこいいです。

ホテル前の売店で購入したポルトーワイン、FERREIRA。紙コップはご愛嬌ですが、これで気分を盛り上げます。

特急アルファ・ペンドゥラールの一等車の車内。2席と1席の配列でシートワイドが広く、テーブルも広いのでビジネストリップでも快適です。

ポルト、カンパーニャ駅。

特急アルファ・ペンドゥラールの先頭車。落書きが切ない感じ。

ポルト、カンパーニャ駅の駅舎。到着が20:00すぎでした。

特急アルファ・ペンドゥラールは、ポルトガルの南北を走る高速列車。一般軌道も流用しているので、高速走行と低速走行があり、イメージとしては山形新幹線のような感じ。新型車両ということもありますが、車内のインテリアはジウジアローらしく洗練されていて、水戸岡鋭治さんの特急つばめを彷彿とさせます。車内はとても快適ですし、これなら一等車(4500円位/1人)という値段もリーズナブルに感じました。

次回からポルト編です。

 

Lisboa / Porto / Madrid 2018 Reported by Futoshi Hirasawa

 

Lisboa_Porto_Madrid 2018_Vol.02|Chiado_Baixa Pombalina de Lisboa_Primeiro dia

TURIM Terreiro do Paço Hotel(トリム)。系列のホテルがいくつかあるリスボンを代表するブティックホテル。

TURIM Terreiro do Paço Hotel(トリム)のレストランカウンター。とてもコンパクト。

バイシャ・ポンバリーナ(Baixa Pombalina)の街並み

バイシャ・ポンバリーナの街の風景。ホテルの窓から。

バイシャ・ポンバリーナの街の風景。ホテルの窓から。

バイシャ・ポンバリーナの街の風景。晴れてきました。

バイシャ・ポンバリーナの街の風景。

バイシャ・ポンバリーナの街の風景。ホテルの窓から。

バイシャ・ポンバリーナの街の風景。ホテルの窓から。

バイシャ・ポンバリーナ(Baixa Pombalina)の近くにあるTURIM Terreiro do Paço Hotel

TURIM Terreiro do Paço Hotel(トリム)のビュッフェ。可もなく不可もなく。

リスボン初日_バイシャ・ポンバリーナの下町の宿へ

リスボン初日。午後2時に到着して、そのままホテルへ。ホテルは下町でバイシャ・ポンバリーナBaixa Pombalina)の近くにあるTURIM Terreiro do Paço Hotel(トリム)。系列のホテルがいくつかあるリスボンを代表するブティックホテルです。ホテルも部屋もコンパクトでしたが、実質24時間滞在しないこともあり、ここで十分でした。

バイシャ・ポンバリーナ(Baixa Pombalina)の近くにあるTURIM Terreiro do Paço Hotel

TURIM Terreiro do Paço Hotel(トリム)。系列のホテルがいくつかあるリスボンを代表するブティックホテル。建物の構造をうまく生かしています。

TURIM Terreiro do Paço Hotel(トリム)のレストランカウンター。とてもコンパクト。

TURIM Terreiro do Paço Hotel(トリム)のビュッフェ。可もなく不可もなく。

TURIM Terreiro do Paço Hotel(トリム)のレストランから外を眺める。雨が降っていましたが、外出時には止みました。よかった。

このホテルに限らずですが、リスボンのホテルのほとんどはリノベーションで賄われていて、建物のヘリテージをうまく生かしています。コンパクトで密集しているリスボンの街の事情を反映してか、部屋もとてもコンパクトで、長期のステイだと躊躇します(笑)。水周りもあまりよくなく、歴史のある街あるあるの典型のようなホテルでした。

TURIM Terreiro do Paço Hotel
R. do Comércio 9, 1100-016 Lisboa, ポルトガル
+351 21 049 2590
www.turim-hotels.com

バイシャ・ポンバリーナBaixa Pombalina)からコメルシオ広場を巡る

バイシャ・ポンバリーナ(Baixa Pombalina)の街並み

到着した後、チェックインしてそのまま散策に出たのですが、雨と曇りであまり街巡りには向かない天候でした。天候が悪いと写真もあまり期待できない(もちろん腕の問題もあります)のですが、今回新調したFUJIFILMのX-E3の新機能グレインエフェクト(フィルム現像したような粒状の雰囲気になる)を使って撮影。これがクラシッククローム(FUJIFILMのフィルムモードの一つ)との組み合わせがとても素晴らしく気に入りました。ほぼぶっつけ本番で日本から持ち込んだのですが、行きの道中マニュアルを熟読していてよかったです。笑

バイシャ・ポンバリーナ(Baixa Pombalina)のゴシック様式の街並み

小腹が空いたので、ホテル近くのRestaurante Adega Triunfoへ。mãe(お母さん)の手料理が味わえるお店。

小腹が空いたので、ホテル近くのRestaurante Adega Triunfo。ビスケットのような変わったパン。

Restaurante Adega Triunfoのアソルダ・アレンテジャーナ。コリアンダーと生にんにくのスープにポーチドエッグとパンが入った食べるスープ。絶品!

Restaurante Adega Triunfoでは、ワインを頼み、バカリャウ・ア・ブラスなど色々頼んだのですが食べることに夢中になり撮り忘れました(泣)。ここの料理は家庭料理的な感じで、盛り付けも素朴ですがとても美味しかった。トリップアドバイザーの評価がいいのも頷けますが、地球の歩き方には載っていなかった隠れた名店ですね。

Restaurante Adega Triunfo
Rua dos Bacalhoeiros 129, 1100-016 Lisboa, ポルトガル
+351 21 886 9840

バイシャ・ポンバリーナの街の風景。ホテルの窓から。

バイシャ・ポンバリーナの街の風景。ホテルの窓から。

バイシャ・ポンバリーナの街の風景。晴れてきました。

バイシャ・ポンバリーナの街の風景。

バイシャ・ポンバリーナの街の風景。

バイシャ・ポンバリーナの伝統的な教会。

一度も乗れなかったトラム。えらく年季が入っていますが、縦横無尽にネットワークが組まれているので慣れると便利そう。

バイシャ・ポンバリーナの街の風景。ホテルの窓から。

トラムステーション。年季が入りすぎていて油断すると見逃します。

ポルトガルの街並みといえばこのピンコロ石のモザイク。マカオにもありました。

コメルシオ広場にほど近い缶詰やさん。ポルトガルとスペインは大航海時代の名残なのか保存食、とりわけ缶詰が豊富です。

バイシャ・ポンバリーナの街並み。ロココ様式の比較的新しい地域。

バイシャ・ポンバリーナの改装中の建物。仮囲いのイラストレーションがかわいいです。

コメルシオ広場近くの建物の窓。窓かゲートか判別しにくいです。

コメルシオ広場近くの比較的新しいロココ様式のファサード。

コメルシオ広場前の裁判所(Supremo Tribunal de Justiça)に並んでいる露天商。休みの日は露店が並ぶようです。

コメルシオ広場西側のカルチャーセンター( Lisboa Story Centre)

コメルシオ広場のシンボル、ジョセ一世(Statue of Dom José I)の像

コメルシオ広場のシンボル、ジョセ一世(Statue of Dom José I)の像。海側からの眺め。

コメルシオ広場の海側の眺め。

アウグスタ通りとコメルシオ広場の交差するアーチの眺め

アウグスタ通りとコメルシオ広場の交差するアーチを下から眺める。

コルメシオ広場東側の政府機関建物。 Ministry of the Sea

アウグスタ通りとコメルシオ広場の交差するアーチと建物「 アルコ・ダ・ルア・アウグスタ」。

リベイラ宮殿前の広大な広場(170メートル×170メートル)は、テレイロ・ド・パソと呼ばれ、建築家エウジェニオ・ドス・サントスにより均整のとれた姿に再建されたもの。彼は、広場をテージョ河に向けて開かれたUの字の曲線の中に四角の形に設計し、建物の1階部分はギャラリー、U字型の2つの終点は、崩壊したリベイラ宮殿のオマージュとして2つの塔が建てられています。結果、広場はコメルシオ広場と名付けられ、リスボンの新たな街のシンボルとなり、プロポーショナルで秩序のある建築物は、政府関係の庁舎、港湾・貿易関連の目的で使用されることになります。ポルトガル植民地政策の中心地でもあったわけです。広場の中心にはリスボンで初めて王へ献上された記念像であり、屈指の彫刻家ジョアキン・マシャド・デ・カストロの作品「ジョゼ1世の像」があります。キングオブシンボル、ということでしょうね。

Praça do Comércio( Commerce Square )
Praça do Comércio MB, 1100-148 Lisboa, ポルトガル

アルコ・ダ・ルア・アウグスタを潜って、アウグスタ通りへ。

アウグスタ通りから、アルコ・ダ・ルア・アウグスタを振り返る。

アウグスタ通りは、パントマイムやバンドなど路上パフォーマンスがあちこちで行われていて賑やか。

パスティス デ ナタで有名な店「 Cafeteria Sao Nicolau」

Cafeteria Sao Nicolauの店内。イートインできます。

Cafeteria Sao Nicolauのパスティス デ ナタ。エッグタルトのことですがリスボン発祥のお菓子です。

サパテイロ通りに入った別のお店。ウインドウの陳列が素晴らしい。買いたくなります。

Estação Baixa-Chiado ( バイシャ=シアード駅)

リスボンメトロの中でも最も深い場所に建設されているバイシャ=シアード駅は、ポルトガル建築界の重鎮、アルヴァロ・シザが設計しています。シザは、この駅付近で1988年に起きた「シアード大火」で消失した街並みの再建にも関わっているのですが、このバイシャ=シアード駅も街並に影響しないように配慮されて設計しています。1998年竣工。今回の視察の目的がシザの建築を巡ることでもあったので、シアードの再建とこの駅はセットで見学を楽しみにしていました。

バイシャ=シアード駅、サパテイロ通り側のアプローチ。

バイシャ=シアード駅、サパテイロ通り側のアプローチ。よく見ないと駅だかわからないですが、その分街並への配慮がなされています。

バイシャ=シアード駅。イスラミックな装飾が美しく、地下に吸い込まれていくようなタイル装飾のトンネル。

バイシャ=シアード駅。アプローチからアーチ状の地下空間のボリュームが見えてくることで迫力があります。

バイシャ=シアード駅。シンプルなメトロタイルで覆われたトンネル内部。意図的なのかわかりませんがアプローチの照明の色温度が微妙に異なります。

バイシャ=シアード駅。改札口もとてもシンプルで、タッチ式。この写真の左右下層階にプラットフォームがあります。

バイシャ=シアード駅。ボケちゃいましたが、プラットフォームに誘うサイン。空間がミニマムなだけに、この最小限のサインも生きてきます。

バイシャ=シアード駅。南北への公共通路も兼ねたアプローチに直角状の改札に配置された改札。印象的なアーチ天井。

バイシャ=シアード駅。パイヴァ デ アンドラダ通り(R. Paiva de Andrada)側へのアプローチから改札口を振り返る。

バイシャ=シアード駅。パイヴァ デ アンドラダ通り(R. Paiva de Andrada)側へのアプローチ。

バイシャ=シアード駅。パイヴァ デ アンドラダ通り(R. Paiva de Andrada)側へのアプローチ。天井のタイルの意匠が異なります。

バイシャ=シアード駅。パイヴァ デ アンドラダ通り(R. Paiva de Andrada)側へのアプローチ。寄るとこんな感じ

バイシャ=シアード駅。パイヴァ デ アンドラダ通り(R. Paiva de Andrada)側へのアプローチから外へ。

バイシャエリアの中でも高低差のあるエリアの地下に造られていて、低地のバイシャ・ポンバリーナ地区と高台のシアード地区の境界付近にあります。駅の直上に両地区の高低差を埋めるサンタ・ジュスタのリフトがあることでも有名です。この地下空間も高低差を利用して、空間のヴォリュームを確保しておりアーチ状のストイックな空間にもかかわらず、ローケルビンの照明の効果と相まって豊かな空間を作り出しています。冒頭のアプローチも何事もなかったように佇み見事に溶け込んでいて、シザが標榜する「その場所に無いもの、欠けているものを埋める」というコンテクストにも合致しています。サイン一つでも相当話し合いをしているはずですし、最終的にこの形に着地したのはこの場所に対する優しい眼差しでしょうね。流石です。。

Baixa-Chiado
1100-043 Lisboa

バイシャ=シアード駅からシアードの高台の街並み。シアード大火に合わなかったエリア。

シアード大火から再建されたエリアの建物のドア。

シアード大火の後、アルヴァロ シザによって再建されたカルモ通りエリア。

シアード大火の後、アルヴァロ シザによって再建されたカルモ通りエリア。

シアード大火の後、アルヴァロ シザによって再建されたカルモ通りエリア。

カルモ修道院

カルモ修道院前のChafariz do Carmo

カルモ修道院前のChafariz do Carmo

カルモ修道院前のChafariz do CarmoにあるKIOSK

カルモ修道院のメイン・ファサード

カルモ修道院と教会は、1389年から1423年にかけて建設されたゴシック建築でジョアン1世が同時期に建てたバターリャ修道院の影響を受けていると言われています。1755年のリスボン地震後、結果として再建されませんでしたが、リスボンの人たちにとって崩壊したゴシック様式の教会「カルモ教会」は、大地震の爪痕として遺跡の側面も併せ持っています。

リスボン市内に数多あるゴシック様式の教会の中でも別格の教会で、その格式はこの建築に散りばめらているレリーフが物語っています。十字形に建築が配置されたプランニングでこの建物の特徴を際立たせています。

カルモ修道院。朽ちた屋根部分がわかります。

カルモ修道院。西側のファサード。典型的なゴシック様式の教会

サンタ・ジュスタのリフト側からカルモ修道院、教会を眺める。

カルモ修道院Convento da Ordem do Carmo
Largo do Carmo, 1200-092 Lisboa, ポルトガル
www.museuarqueologicodocarmo.pt
+351 21 347 8629

サンタ・ジュスタのリフト(Elevador de Santa Justa)

サンタ・ジュスタのリフト(Elevador de Santa Justa)をアーウレア通り側から眺める

カルモ修道院からサンタ・ジュスタのリフトへ向かう道中。街の高低差がわかります。

カルモ修道院からシアードエリアの街並み。

サンタ・ジュスタのリフト。カルモ修道院からのアプローチで上層階の入り口にたどり着きます。

サンタ・ジュスタのリフト。カルモ修道院から下った場所から見たビュー。

サンタ・ジュスタのリフト。カルモ修道院から下った場所から見たビュー。別角度。

サンタ・ジュスタのリフト (Elevador de Santa Justa)は、ポルトガル・リスボンのカルモ通りにあるリフト(エレベーター)です。地元では「カルモのリフト」(Elevador do Carmo)と呼ばれることが多いそう。修道院側とバイシャ・ポンバリーナの通りとつなぐでおり、リスボンの観光名所の一つとなっています。設計したのはポルト出身のエンジニア、ラウル・メスニエル・デ・ポンサルドで1902年に完成。ゴシック様式のリヴァイヴァルであるネオゴシックの特徴をよく出している建造物です。

carris.pt
+351 21 413 8679

 

Lisboa / Porto / Madrid 2018 Reported by Futoshi Hirasawa

Lisboa_Porto_Madrid 2018_Vol.01|Istanbul-Lisboa Aeroporto de Lisboa

イスタンブール・アタテュルク空港(Istanbul Atatürk Airport)の売店

ターキッシュエアーでイスタンブール経由でリスボンへ

個人的な視察で、ポルトガル(リスボン、ポルト)とスペイン(マドリッド)に向かいました。ポルトガルは、敬愛してやまない建築家アルヴァロ・シザやソウト・デ・モウラの故郷であり、彼らの代表作をゆっくり見て廻ったり、バカリャウ・ア・ブラスやパステル・デ・ナタに代表されるポルトガル料理やスイーツを堪能し、初めて訪問するポルトではポルトのディストリクトやポルトワインのワイナリーを巡りつつ、ポルトの魚介料理とポルトワインを。マドリッドでは、マドリッドの建築を巡りつつ、市場も合わせて巡って食を堪能しようと企てました。

まず成田から12時間、ターキッシュエアーでイスタンブールへ。トランジットで7時間、リスボンへ向かいました。リスボン行きだとエミレーツなど複数の選択肢がありますが、今回のターキッシュエアーはこの時期の値段が破格だったこと、イスタンブールに新空港を建設していてアタテュルク空港を利用するのはこれが最後になることも理由でした。

ターキッシュエアーの機内食メニュー

ターキッシュエアー、成田ーイスタンブール便の夕食。

ターキッシュエアー、成田ーイスタンブール便の夕食。じゃがいもと白身魚のグリル。これ美味しかったです。

ターキッシュエアー、イスタンブールーリスボン便の朝食。いたって普通の朝食。

イスタンブール・アタテュルク空港(Istanbul Atatürk Airport)のトランジットエリア。

アタテュルク空港のカフェ

アタテュルク空港の3Fのカフェ

アタテュルク空港、ターミナル内の免税店エリア

アタテュルク空港、ターミナル内の免税店エリア

アタテュルク空港、ターミナル内のKIOSK。このようなスタンドタイプが主流。

アタテュルク空港、ターミナル内のKIOSK。反対側から。

アタテュルク空港の免税店エリア。こちらはメゾンが並んでいます。

アタテュルク空港のフライトサイン。

アタテュルク空港のトランジットエリア。

アタテュルク空港のトランジットエリア。

アタテュルク空港のトランジットエリアにあるキオスク、saferi。よく見かけました。

アタテュルク空港のリスボン行き、トランジットエリア。

アタテュルク空港でリスボンに行くのは人生史上初めてでしたが、2016年のテロの影響は皆無で、乗り継ぎまでの時間を空港内の散歩とインターネットで過ごしました。WiFiはカフェなどでお茶するともれなく使える‥はずでしたが、店によっては不親切でスターバックスなどで利用するのが無難なようです。乗り継ぎ時間が比較的短かったこともあり、僕らは無理でしたが5時間以上の場合、ターキッシュエアの無料の市内観光で過ごすこともできます。空港自体は、古いこともあり、お世辞でも綺麗な空港ではないけど、新しい空港は黒海側にできるようなので、トランジット観光も含めて、次回はそちらを楽しみにしたいです。

リスボン、ウンベルト・デルガード空港に到着

リスボン、ウンベルト・デルガード空港の到着ロビー。モザイクタイルの美しい壁ですが、あまりの殺風景さにびっくり。

ウンベルト・デルガード空港の到着ロビー。

ウンベルト・デルガード空港の到着ロビー。よく言えばミニマム、悪く言えば殺風景。ポルトガルらしさがもう少しあっても良いのかなと。

ウンベルト・デルガード空港の到着ロビーのトイレ。

ウンベルト・デルガード空港の到着ロビーのトイレ。ピクトが特徴的。

ウンベルト・デルガード空港の到着ロビーの喫煙室。

ウンベルト・デルガード空港のイミグレーションを抜けた後の天窓。ポルトガルらしい遊び心があります。

ウンベルト・デルガード空港のターミナル出口付近。サインが必要最小限で、結構迷いました。

ウンベルト・デルガード空港のバゲージエリア。

ウンベルト・デルガード空港のターミナル。コンパクトで、ホーチミンの空港を思い出しました。

ウンベルト・デルガード空港のタクシープール。

ポルトガルの玄関口、リスボン・ウンベルト・デルガード空港は、とてもコンパクトな空港で、到着から出るまで30分くらい。ポルトガル自体がヨーロッパの片田舎みたいなことも起因しているのかもしれませんが、殺風景な空港(失礼!)でもう少しポルトガルらしい情緒を空間や仕組みに組み入れても良いのかなと思いました。空港はその国の顔ですし、この後利用するポルトのフランシスコ・サ・カルネイロ空港の方がハイテックで度肝抜かれました。そんな感じで19時間の移動時間を経てようやくリスボンへ。初日の観光は程々にしましたが、それは次回に。

 

Lisboa / Porto / Madrid 2018 Reported by Futoshi Hirasawa

Helsinki / Porvoo 2017 Reported by Mayu Tanaka

2017年の定例研修先 フィンランド・ヘルシンキ&ポルヴォー。田中真優のレポート。

01_HELSINKI CITY

デザイン研修旅行記:田中真優のレポート (1)

前年のベトナムに続き、私にとっては 2 度目となる研修 旅行。今回はフィンランドの首都ヘルシンキへ。 羽田空港から福岡へ乗り継ぎ約 10 時間のフライトを予定 していたが、思いもよらぬアクシデントが続き、到着し たのは 1 日遅れの現地時間で夕方ごろ。航空会社に振り 回され心身共に疲れていたはずの私だったが、ヘルシン キ中央駅を出て広場から街の景色を見渡すと胸が弾んだ。 ヘルシンキの建築は、中世・モダニズム・現代建築が入 り乱れており、AALTO 設計で 1969 年に完成したアカデ ミア書店の隣には密接するように前時代の建築が建つが、 違和感は全く無い。この国では、建築・家具・ファブリッ ク等全てに対して “美しくあるべき” という思想が強い ように感じた。街の至る箇所に掲げられた広告でさえ、 そつがなく、暮らしの隅々にセンスの良さが滲んでいた。

 

02_STUDIO AALTO

デザイン研修旅行記:田中真優のレポート (4)

ヘルシンキ中心部から 4 番トラムに乗り込むこと約 20 分。 STUDIO AALTO は閑静な住宅街に位置していた。 積まれたレンガに白く塗装を施した外壁は自然豊かなこ の街の景色に溶け込み、素朴な安らぎを感じさせた。建 物の中へ入ると、程なくしてガイドツアーがスタート。 未だに生活感漂う温もりある食堂を始めとし、2 階の真っ 白な壁に囲われた仕事場、中庭が覗けるゆったりとした 空間のホールの順に案内して頂いた。STUDIO AALTO は、どの部屋にも必要最低限の照明器具 しか取り付けられておらず、あとは建物を取り囲む木々 を通り抜けた自然光がやわらかく空間を照らす。 採光のために随所取り付けられた大きな窓からは豊かな 自然が覗き、ここでは働く上での楽しさ、豊かさについ て考えさせられた。

 

03_AALTO HOUSE

デザイン研修旅行記:田中真優のレポート (3)

SUTUDIO AALTO から歩くこと約 10 分。 「植物は建築の一部」と語る AALTO が嘗て自宅兼仕事場として腰を据えていた AALTO HOUSE は、青々と生い茂 る緑に囲われ、それら自然の一部の様にして建っていた。 日本の建築や文化を賞賛していたと知られる AALTO。1 階にあるリビングと仕事場とを緩やかに隔てる引き戸 や、収納棚などからは日本の伝統建築の影響が見られた。 2 階へ上がると暖炉のあるリビングを囲うように、寝室・ 子供部屋・ゲストルームへと繋ぐ扉が並ぶ。 この階は完全なるプライベートな空間となっていた。 長く暗い冬が続くフィンランド。 そんな気候の中で、昼中の自然光を可能な限り取り込も うという、仕事と暮らしの境なく生活する AALTO の工夫 がふんだんに施された安らぎの空間であった。

 

04_PORVOO

デザイン研修旅行記:田中真優のレポート (2)

ヘルシンキ中心部からバスに乗り込むこと約 1 時間。 時間が経つにつれ、バスから覗く風景が青々と生い茂る 緑で覆われてゆくのを眺めながら、自分が今遠い異国に いることを忘れてしまう程の安らぎを感じた。 街へ着くと、バスターミナル近くのマーケット広場へ。 突然降り出した通り雨から逃げるように、まずは昼食を とった後、下には緩やかに川が流れる橋を渡り旧市街へ。 丘の上に建つ大聖堂、川沿いに建ち並ぶ赤い倉庫、クラ フト感溢れる小店の数々、パステルカラーの外壁が目を 引く住宅街。私がまず一番に思い描くフィンランドのイ メージは、この街並みの景色のようであると再認識した。 穏やかな時間が過ぎるこの街では、暮らす人々も皆また 同じように穏やかで、私の目に映る PORVOO の街をより 一層魅力的に感じさせた。

 

Helsinki / Porvoo 2017 Reported by Futoshi Hirasawa 

 

Helsinki / Porvoo 2017 Reported by RIE SAKUMA

2017年の定例研修先 フィンランド・ヘルシンキ&ポルヴォー。佐久間理恵のレポート。

STUDIO AALTO(アアルトのアトリエ)

ヘルシンキの中心地から4番トラムに乗って、郊外のムンッキニエミへ。1955年に建てられたアアルトのアトリエは、静かな住宅街の中にあります。 よく見ていないと気付かないほど、通りからの外観は周りの環境に溶け込んでいます。 ガイドツアーまで時間があったので、先に中庭の方に回り込んで散策しました。アアルトらしい曲線の外壁と階段状の中庭が印象的でした。 増築部分の食堂からガイドツアーがスタートし、製図室やミーティングスペース、アトリエなどを順番に紹介してくれます。 英語だったので少しでもわかる単語を聞き取ろうと必死でしたが、とても丁寧な説明だったように思います。

アアルトのデザインした家具や照明器具などが置かれ、建築だけにとどまらず幅広くデザインを手がけていたことが体感できる空間。 手前はパイミオチェア。アアルトの代表作である「パイミオのサナトリウム」のためにデザインされたアームチェア。 曲木の曲線が美しく、また、結核患者が楽に呼吸できるよう人間工学的な面も考慮されたデザインだそうです。

この空間はアアルトのアトリエとして、来客との打合せのほか、実験空間としても使われていたようです。 様々な照明器具が吊るされていたり、もっともアアルトらしい丸いトップライトがあったり。 階段右手の手すりのある壁はテーパー壁の実験だったようです。

スタッフたちのアトリエ/製図室は、光がふんだんに取り込まれ、とにかく明るいという印象を受ける空間。 遠近感を強調するために、奥に向かって先細りするような平面プランにしたという話は興味深かったです。 当時の製図道具なども残されていて、原始的とも言えるこの平行定規で図面を描いていたのかと感心してしまいました。

ミーティングスペースにはこちらにもアアルトお得意のトップライト。 このミーティングスペースでは、間接照明のような役割を果たしています。

食堂/キッチンは、赤いギンガムチェックのカーテンと、帆布の光天井が印象的でした。 柔らかな光が心地良い空間を作り出しています。 キッチンの窓から見える外の緑が気持ち良く、窓台のタイル貼りがアクセントになっています。

 

THE AALTO HOUSE(アアルト自邸)

アアルトのアトリエから歩いて10分ほどの場所で、こちらも周りとなじむような自然な佇まいの建物で、1936年に完成しました。 白いレンガとダークカラーの木板貼りの外壁は、夏の鮮やかな緑にもよく映えていましたが、雪景色を背景としても美しいだろうなと思いました。 自邸においても、家具や照明器具、細部に至るまで「アアルト・デザイン」が散りばめられていて、豪邸でなくとも豊かで温かな空間です。 アアルトがここで家族と生活をし、仕事をしていた姿をすぐ目の前に想像できるようで、もともと私の好きな建築家の1人ですが、 実際に暮らしていた家を体感することで、ますます親近感が湧きました。

リビング。スタジオを見学した時にも感じましたが、室内から見る外の景色の切り取り方が意識されていて、このリビングからも庭の緑を贅沢に楽しむことができました。 また、日本建築の影響も受けていたというアアルトは、この自邸にもその要素を取り入れています。 すだれのようなロールスクリーンや、ふすまのような木引戸は違和感なくインテリアとして取り入れられています。

2F家族のリビング。この写真、アアルト自邸でのお気に入りの一枚。 暖かく、優しい空気が充満しているような家族団らんの場でした。 あらゆるところにアアルトらしさが散りばめられた空間。

中庭側の外観は、リビングから見える緑の壁面は、ツタで覆われたスタジオの外壁です。 緑があってこそ、より魅力が生まれる外観だと思いました。

アトリエ内のアアルトのデスク。2面開口で自然に囲まれ、とても気持ちの良い見晴らしです。 まさに「特等席」という言葉がふさわしいスペース。

 

FINLANDIA TALO(フィンランディアホール)

アルヴァ・アアルトの設計で、1971年に完成したコンサートホール/会議場です。 プライベートイベントのため、外観の見学のみになってしまったのが残念でした。 いつかまた必ず、ゆっくり訪れたい場所の一つです。

KAMPIN KAPPELI(カンピ礼拝堂)

2012年に完成した、人々が心を休めるための礼拝堂で、フィンランドのK2S 設計事務所が設計しました。 木材が積み重なった特徴的な外観が、街中で存在感を発揮しています。 礼拝堂内部も木に包み込まれるような空間が広がっていますが、やはりこちらでも天窓からの光が優しく降り注いでいます。 アアルトの建築やこの建物に限らず、ヘルシンキの建築を見ていると冬の貴重な太陽光を最大限に生かすために、 自然光の取り込み方や光の使い方がよく意識されていることが感じられます。

KIASMA(国立現代美術館キアズマ)

アメリカの建築家スティーブン・ホールが設計コンペを勝ち取り、1998年に完成しました。 ヘルシンキの街の中では少し異質なようにも感じますが、この周辺に文化施設が集まっている環境を考えると、 現代美術館という役割を果たしている建築なのだと思います。 周りの広場や中のカフェは人が集うことを意識した空間のようでした。

 

PORVOO(ポルヴォー)

ヘルシンキから足を伸ばして、バスで1時間ほどのポルヴォー。 フィンランドでは2番目に古い街であり、旧市街を歩くとパステルトーンの可愛いらしい街並みや、 中世の面影そのまま、手作り感満載な建物を楽しむことができました。 もともと貿易の街として栄えた街で、川岸に建ち並んでいた赤い外壁の倉庫群はそのまま建物を残し、 今ではアンティークショップやカフェとして利用されています。

ポルヴォー大聖堂 街のシンボルとも言える大聖堂は どこを切り取っても可愛らしい外観で、 ポルヴォーの街の歴史を感じる建物でした。 良い意味で洗練されすぎず、 北欧のおおらかさがよく表れています。 ランダムに並べられた窓や、 手仕事の跡の残るディテールが印象的でした。

赤い倉庫群 ポルヴォーといえばこの景色。 この日は天気が悪く、思いのほか寒かったですが、 真夏だったらとても気持ちの良い水辺の景色を 楽しむことができたと思います。

ポルヴォー・カラーコレクション 外壁と窓枠、建具の色の組み合わせが様々で、 飽きることなく散策できます。

 

Helsinki / Porvoo 2017 Reported by Futoshi Hirasawa