Designcafe

Designcafe™からのお知らせ

Designers File 2021 に掲載されました

3月12日に発売されるDesigners File 2021にDesigncafeが掲載されました。Designers File 2021は、建築、空間、プロダクトデザインなどの「立体デザイン」のデザインアーカイブで、Designcafeは主に2020年の空間デザインの仕事(マンションリノベーション、展示会ブースデザイン)から選定して掲載して頂きました。書店やAmazonで絶賛発売中ですので、ぜひお手に取ってご覧ください。


Designers File 2021

  • 出版社 : ボーンデジタル (2021/3/12)
  • 発売日 : 2021/3/12
  • 言語 : 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) : 268ページ
  • ISBN-10 : 4862465013
  • ISBN-13 : 978-4862465016

発売日:2021年3月12日

 

 

海外の屋台デザイン International stall design

さまざまな形態の海外の屋台。ユニークな屋台デザインも。

Designcafeがソーシャルアクティビティの一環で企画開発している屋台デザイン “The Stand” シリーズ。このThe Standシリーズをデザインする上で参考になったのが海外の露店や屋台の形態です。もっとも原始的な商いの形態でもある露天商や屋台なので、実にさまざまな、中にはとてもユニークなものもあります。海外の場合、屋台出店の障壁低いせいか、多様な形態があり、出店者のニーズと利用者のウォンツがうまくマッチしています。大型で車で移動させる形態の屋台もありバリエーションが豊富です。

スペイン(バルセロナ、マドリッド)の屋台デザイン
Food stall design in Spanish (Barcelona, Madrid)

バル形態の海の家。海外の屋台デザインの事例。2015年の研修旅行先のバルセロナにて

バル形態の海の家。海外の屋台デザインの事例。バルセロナにて。いわゆる海の家。トレーラーで運べる仕様になっている。

バル形態の海の家。海外の屋台デザインの事例。2015年の研修旅行先のバルセロナにて

バル形態の海の家。海外の屋台デザインの事例。バルセロナにて。いわゆる海の家。こちらは簡単な鉄骨ラーメン構造にテントとアッシュのシャッターといった感じの常設バージョン。

海外の屋台デザインの事例。バルセロナにて。レンタサイクルのインフォメーションセンターは木造+スチールプレート仕上。

バル形態の海の家。海外の屋台デザインの事例。バルセロナにて。レンタサイクルのインフォメーションセンターは木造+スチールプレート仕上。外側は足場用の鉄管とターポリンの皮膜構造。簡単な素材でできています。

海外の屋台デザインの事例。マドリッドのバル形態の常設屋台。

海外の屋台デザインの事例。マドリッドのバル形態の常設屋台。スペインやポルトガルでは市場野中に写真のような小間割りされた常設屋台が軒を連ね、賑わいを生み出しています。

ポルトガル(ポルト)の屋台デザイン
Food stall design in Portugal (Porto)

海外の屋台デザインの事例。ポルトのシンボル、ドンルイス一世橋近くのスタンドアロンのレストラン。

ポルトのシンボル、ドンルイス一世橋近くのスタンドアロンのレストラン。手前が厨房、奥側が客席。モダンで非常にユニークですが、至る所にこのタイプのレストランがあります。街並みにミスマッチしているのはご愛嬌。

フィンランド(ポルヴォー)の屋台デザイン
Food stall design in Finland (Porvoo)

海外の屋台デザインの事例。ポルヴォーで見かけたコーヒースタンド。小さなコンテナを流用した形態

ポルヴォーで見かけたコーヒースタンド。小さなコンテナを流用した形態。コンテナは万能なので世界各地で見かけます。

海外の屋台デザインの事例。ポルヴォーで見かけたコーヒースタンド。こちらはハウスキットを利用したバージョン。

ポルヴォーで見かけたコーヒースタンド。フィンランドはセルフビルドで家を建てることが珍しくなく、こちらもハウスキットを使って建てた模様。

トルコ(イスタンブール空港内)の屋台デザイン
Food stall design in Turkey ( in Istanbul Airport)

海外の屋台デザインの事例。イスタンブール空港で見かけたコーヒースタンド。

海外の屋台デザインの事例。イスタンブール空港で見かけたコーヒースタンド。

モロッコ(フェズ、シャウエン、メクネス)の屋台デザイン
Food stall design in Morocco (Fez, Chaouen, Meknes)

海外の屋台デザインの事例。モロッコ・シャウエンで見かけたパン屋さんのスタンド。

モロッコ・シャウエンで見かけたパン屋さんのスタンド。奥側がキッチンと住まいになっていて手前の素朴なスタンドで販売。

海外の屋台デザインの事例。モロッコ・メクネスで見かけたヤギの串焼き。

海外の屋台デザインの事例。モロッコ・メクネスで見かけたヤギの串焼き。なかなかワイルド。

海外の屋台デザインの事例。モロッコ・フェズの旧市街で見かけたくるみ売りの露天

海外の屋台デザインの事例。モロッコ・フェズの旧市街で見かけたくるみ売りの露天。もはや屋台でもなんでもないのですが、取ってきたものを計り売りする素朴なスタイル。

海外の屋台デザインの事例。モロッコ・フェズの旧市街で見かけた露天。バブーシュやベルベルのおばあちゃんが編んだ織物などを販売。

海外の屋台デザインの事例。モロッコ・フェズの旧市街で見かけた露天。バブーシュやベルベルのおばあちゃんが編んだ織物などを販売。小雨がぱらつくことが多いので上部にビニールで天幕をかけています。

香港の屋台デザイン
Food stall design in Hong Kong.

海外の屋台デザインの事例。香港・旺角の路地の屋台。日本の的屋と似たような作り。

香港・旺角の路地の屋台。日本の的屋と似たような作り。

海外の屋台デザインの事例。香港・尖沙咀の路地の屋台。この一角にさまざまな形態の屋台が並んでいます。

海外の屋台デザインの事例。香港・尖沙咀の路地の屋台。この一角にさまざまな形態の屋台が並び、賑わいを見せています。

 

The Stand / 屋台のデザイン制作 / Designcafe food stall series 空間デザイナーが企画デザイン開発した屋台はこちらをご覧ください。

W-house Renovation

仲の良い4人家族(ご夫婦+お子様2名)のオーナーから依頼されたマンションリノベーションの事例 (4)

Designcafe / maroom リノベーションプロジェクト第一弾。家族の団欒をテーマに家族間の緩やかな関係性と間取りにとらわれない解放感をコンセプトに計画したマンションリノベーション。

とても仲の良い4人家族(ご夫婦+お子様2名)のオーナーから依頼されたマンションリノベーションの事例。吉祥寺の閑静な住宅街にあるマンションをスケルトンから計画した。ルーフバルコニーがある一般的な3LDKをご夫婦の希望である「家族全員の団欒と個性が育める家」を目指しプランニングを行った。スケルトンから計画できることもあり、南北にまたがる大きな区画(LDK)に共有する機能を全て盛り込み、その中心にアイランドキッチンを計画。キッチンを中心にピアノ&ライブラリースペースとソファー&オーディオスペースを分け、機能的な区分をとりつつ視線と空気の流れが感じられる様に工夫した。インテリアデザインは、Designcafeから社内独立したmaroom / 佐久間理恵が担当。

カテゴリー:マンションリノベーション、インテリアデザイン
ロケーション:東京都・三鷹市
プランニングディレクション:平澤 太(Designcafe)
インテリアデザイン、コーディネート:佐久間理恵(Designcafe / maroom)
キッチン協力:サンワカンパニー
カテゴリー _ インテリアデザイン(マンションリノベーション)
撮影:小渕喜幸

The first stage of Designcafe / maroom renovation project. This is a condominium renovation project based on the theme of happy family life with the concept of loose relationship between family members and a sense of freedom without being bound by the layout.

This is an example of a condominium renovation project requested by the owner of a very close family of four (husband and wife + two children). We planned a skeleton apartment in a quiet residential area in Kichijoji, Tokyo. We planned a typical 3LDK with a roof balcony, aiming at the couple’s wish to have a house where all the family members can share a happy time and have their own personality. Because the house can be planned from a skeleton, we incorporated all the common functions into the large north-south living, dining, and kitchen areas, and planned an island kitchen in the center of the living space. The piano and library space and the sofa and audio space are separated from the kitchen to create a functional division between the two, and to create a sense of sight and air flow. Interior design is done by Rie Sakuma (maroom), who is independent from Designcafe.

Category : Apartment Renovation, Interior Design
Location : Mitaka City, Tokyo
Planning Direction : Hirasawa Futoshi (Designcafe)
Interior design and coordination : Sakuma Rie (Designcafe / maroom)
Kitchen cooperation : Sanwa Company
Categories : Interior Design (Condominium Renovation)
Photo : Obuchi Yoshiyuki

仲の良い4人家族(ご夫婦+お子様2名)のオーナーから依頼されたマンションリノベーションの事例 (1)

仲の良い4人家族(ご夫婦+お子様2名)のオーナーから依頼されたマンションリノベーションの事例 (2)

仲の良い4人家族(ご夫婦+お子様2名)のオーナーから依頼されたマンションリノベーションの事例 (3)

仲の良い4人家族(ご夫婦+お子様2名)のオーナーから依頼されたマンションリノベーションの事例 (4)

仲の良い4人家族(ご夫婦+お子様2名)のオーナーから依頼されたマンションリノベーションの事例 (5)

仲の良い4人家族(ご夫婦+お子様2名)のオーナーから依頼されたマンションリノベーションの事例 (6)

MELBOURUNE 2019|Australian Centre for Contemporary Art / National Gallery of Victoria

 

Australian Centre for Contemporary Arts(ACCA)

Australian Centre for Contemporary Arts(オーストラリア現代美術センター)は、オーストラリアのメルボルンにある現代美術ギャラリーです。ギャラリーは、サウスバンクの郊外のメルボルンアーツエリアのスタートストリートにあります。設計者は、1983年にRoger WoodとRandal Marshによって設立されたメルボルンを拠点とするオーストラリアの建築設計事務所 Wood Marsh Architects。この建築は2002年に完成しました。残念ながら、この日は展示の入れ替えで中に入れず、外観だけ見学しました。

コールテン鋼による縦はぜの外壁とアンシメトリックな形は、見る場所によってさまざまな形に見えます。平坦なサイトプランニングで周りの建築との調和をとても意識しており、またこの辺りは芸術景観地区に指定されているため、周辺の建物のデザインもとってもユニークです。 ACCAの建物外にある黄色のオブジェ『vault』は、Ron Robertson-Swannによる作品です。1980年にシティ・スクエア(City Square)に設置される予定でしたが、抗議の声によりバットマン・パーク(Batman Park)へ移設されました。その後2002年にこの地に新たに移設されたそうです。休憩のスペースとしても活用できる素敵な建築です。

Australian Centre for Contemporary Art(ACCA)
URL:http://www.accaonline.org.au/
住所:111 Sturt Street, Southbank, VIC 3006
TEL:(03) 9697 9999
FAX:(03) 9686 8830
開館時間:火ー金 AM10:00-PM5:00
     土・日 AM11:00-PM6:00
閉館日:月曜日

 

National Gallery of Victoria

ビクトリア国立美術館(National Gallery of Victoria、略称NGV)は、オーストラリアのビクトリア州・メルボルンにあるオーストラリア国内最古の美術館・博物館で美術館の設立は1861年に設立されました。現在は70000点が収蔵されています。 ビクトリア州の管理下にある同館がNational(国立)を冠するのは、同州が自治権を持った国家であった時期に設立されたためであり、1901年に成立した現在の国家であるオーストラリア連邦としての国立という意味ではないとのこと。ややこしい。現在の建築は、1967年にロイ・グランドの設計で建てられ、1999年から2003年までかけてイタリアの巨匠マリオ・ベリーニによってリノベーションしています。

この日は両目がXXになったキャラクターで世界的に知られるアーティストKAWS(カウズ)の3Dオブジェの展示があり、多くの人で賑わっていました。

National Gallery of Victoria(ビクトリア国立美術館
住所 180 Street, Kilda Road, Melbourne, Victoria 8004, Australia
アクセス トラムArts Precinct/St Kilda Road(アート・プリシンクト/セント・キルダ・ロード)駅から徒歩1分
電話番号 +61-86202222
営業時間 10:00-17:00
定休日 火曜日 (祝日の場合は営業),
入場料 無料

 

Merbourne / Sydney 2019 Reported by Futoshi Hirasawa

MELBOURUNE / SYDNEY 2019|GOLD COAST / North Kirra Beach
MELBOURUNE 2019|Double Tree by Hilton Hotel Melborne
MELBOURUNE 2019|Federation Square / acmi
MELBOURUNE 2019|ACCA / National Gallery of Victoria
MELBOURUNE 2019|The Ian Potter Southbank Centre / Land scape of Victoria
MELBOURUNE 2019|State Library of Victoria / Royal Arcade & Block Arcade
MELBOURUNE 2019|Mercedes ME & Central District by Merbourune
SYDNEY 2019          |Central District by SYDNEY / Queen Victoria Building
SYDNEY 2019          |The Rocks Market / Cadmans Cottage
SYDNEY 2019          |Sydney Opera House
SYDNEY 2019          |Dr Chau Chak Wing Building
SYDNEY 2019          |Central Park Mall
MELBOURUNE / SYDNEY 2019|メルボルンとシドニーの食事

→ Designcafeのデザイン・建築研修旅行・視察旅行のページへ戻る

MELBOURUNE 2019|Federation Square / acmi

アートと現代美術を中心とした複合施設 ”Federation Square”

2002年にオープンした”Federation Square”フェデレーションスクエアは、メルボルンの中心、フリンダースストリート駅の目の前にあるアートと現代美術を中心とした複合施設で世界で最も素晴らしい公共広場のトップ10に選ばれています。設計は、オーストラリア人建築家のベイツ・スマート。今回は、旅行でお世話になるホテル”ダブルツリーバイメルボルン ”から歩いて数分の距離にあり、世界的に評価された”パブリックスペース”を見学しました。

二つの映像系の博物館&ギャラリーと半屋内と屋外のパブリックスペースで構成されていて、イベント会場としての機能も持ちます。訪問した時期的にクリスマスということもあり、屋外には巨大なクリスマスツリーが飾られていました。

”Federation Square”フェデレーションスクエアの屋外広場の外観

”Federation Square”フェデレーションスクエアの屋外広場の外観

”Federation Square”フェデレーションスクエアの西側、屋外広場は様々なイベントが行われています。

”Federation Square”フェデレーションスクエアの西側、屋外広場は様々なイベントが行われています。

”Federation Square”フェデレーションスクエアの西側、屋外広場。丁度クリスマスの時期ということもあり巨大なクリスマスツリーが鎮座していました。

”Federation Square”フェデレーションスクエアの西側、屋外広場。丁度クリスマスの時期ということもあり巨大なクリスマスツリーが鎮座していました。

屋外広場から隣接するムービングイメージ博物館(ACMI)を眺める

屋外広場から隣接するムービングイメージ博物館(ACMI)を眺める

屋外広場から隣接するムービングイメージ博物館(ACMI)への通じる階段。

屋外広場から隣接するムービングイメージ博物館(ACMI)への通じる階段。外壁は、アルミパネルとパンチングメッシュのダブルスキン構造。

外壁は、多面体で構成されたアルミパネルとパンチングメッシュのダブルスキン構造で、荒々しくてダイナミックな建築。色彩もオーガニックな素養を含んでいてとてもオーストラリアらしい建築です。

”Federation Square”フェデレーションスクエアのメインスペース。半屋外のパブリックスペース。

”Federation Square”フェデレーションスクエアのメインスペース。半屋外のパブリックスペース。

”Federation Square”フェデレーションスクエアのメインスペース。半屋外のパブリックスペース。

”Federation Square”フェデレーションスクエアのメインスペース。半屋外のパブリックスペース。

”Federation Square”フェデレーションスクエアのメインスペース。半屋外のパブリックスペース。

”Federation Square”フェデレーションスクエアの半屋外のパブリックスペース。H鋼をトライアングル状に構築したファサード部分。

”Federation Square”フェデレーションスクエアのメインスペース。半屋外のパブリックスペース。ガラススキンのディティール

”Federation Square”フェデレーションスクエアのメインスペース。半屋外のパブリックスペース。ガラススキンのディティール。

”Federation Square”フェデレーションスクエアのメインスペース。半屋外のパブリックスペース。ガラススキン正面側。

”Federation Square”フェデレーションスクエアのメインスペース。半屋外のパブリックスペース。H鋼をトライアングル状に構築したファサード部分の正面側。

ムービングイメージ博物館(ACMI) は、映画やテレビ、デジタルイメージなどの映像と動画に特化した世界初の博物館

ムービングイメージ博物館(ACMI) は、映画やテレビ、デジタルイメージなどの映像と動画に特化した世界初の博物館

フェデレーションスクエアは、半屋外の広場を取り巻く3つの施設とフードエリアで構成されていて、その中心がムービングイメージ博物館(ACMI)。映画やテレビ、デジタルイメージなどの映像と動画に特化した世界初の博物館です。最先端のデジタル文化を垣間見ることができます。また、施設内には植民地と19 世紀の芸術活動ハイデルベルク学校の時代から現在美術まで、オーストラリアのアート史を語る上で欠かせない”NGVオーストラリア
イアンポッターセンター”やオーストラリアン・コマーシャルギャラリー協会が併設されています。

ムービングイメージ博物館(ACMI) は、映画やテレビ、デジタルイメージなどの映像と動画に特化した世界初の博物館

ムービングイメージ博物館(ACMI) のメインサイン

メルボルン市民からも文化交流活動の場として親しまれ、国際的にも世界で最もすばらしい公共広場として認識されているフェデレーションスクエア。サイトプランニングも秀逸で、トラムと鉄道の駅であるフリンダースストリート駅から屋外広場→半屋内広場→ACCAとシームレスに繋がれていて施設内を巡っていくような楽しさがあります。また、南側にはヤラ川が流れており、クルーズツアーやシェアバイクでのサイクリングが楽しめ、コンパクトシティにおける公共施設のお手本のような施設です。

住所 Corner Swanston and Flinders Streets, Melbourne, Victoria 3000, Australia地図を見る

電話番号 +61-9-6551-900

 

Merbourne / Sydney 2019 Reported by Futoshi Hirasawa

MELBOURUNE / SYDNEY 2019|GOLD COAST / North Kirra Beach
MELBOURUNE 2019|Double Tree by Hilton Hotel Melborne
MELBOURUNE 2019|Federation Square / acmi
MELBOURUNE 2019|ACCA / National Gallery of Victoria
MELBOURUNE 2019|The Ian Potter Southbank Centre / Land scape of Victoria
MELBOURUNE 2019|State Library of Victoria / Royal Arcade & Block Arcade
MELBOURUNE 2019|Mercedes ME & Central District by Merbourune
SYDNEY 2019          |Central District by SYDNEY / Queen Victoria Building
SYDNEY 2019          |The Rocks Market / Cadmans Cottage
SYDNEY 2019          |Sydney Opera House
SYDNEY 2019          |Dr Chau Chak Wing Building
SYDNEY 2019          |Central Park Mall
MELBOURUNE / SYDNEY 2019|メルボルンとシドニーの食事

→ Designcafeのデザイン・建築研修旅行・視察旅行のページへ戻る

MELBOURUNE 2019|Double Tree by Hilton Hotel Melborne

メルボルン国際空港 ターミナル1の外観。JetStarはこのターミナルからアクセスします。

メルボルン国際空港 ターミナル1のアプローチ。イエローの設えが印象的です。

メルボルン国際空港 ターミナル1外の喫煙コーナー。パンチングの防煙壁がかわいいです。

メルボルン国際空港 ターミナル1のタクシープールからワゴンタクシーでホテルへ向かいます。今回も五人でしたのでこちらの方がリーズナブル。

メルボルンの中心業務地区(CBD)にあるDoubleTree by Hilton Melbourne

DoubleTree by Hilton Melbourneのレセプションカウンター

DoubleTree by Hilton Melbourneの1Fダイニング。朝食はここで取ります。

DoubleTree by Hilton Melbourneの1Fダイニング。別角度で。

DoubleTree by Hilton Melbourneでチェックインで頂いたウェルカムクッキー。二つのフレーバーで焼き立て。いいサービス。

DoubleTree by Hilton Melbourne。ダブルルーム。

DoubleTree by Hilton Melbourne。ダブルルームのデスク廻り。

DoubleTree by Hilton Melbourne。バスルームエリア。かわいらしい設え。笑

DoubleTree by Hilton Melbourne。バスルームエリア。かわいらしい設え。笑

DoubleTree by Hilton Melbourne。パブリックのサイン。

DoubleTree by Hilton Melbourne。エレベーター内。

DoubleTree by Hilton Melbourne。1Fダイニングの朝食の風景。

予定より7時間遅れの到着でのメルボルン

ゴールドコーストで道草しましたが予定より7時間遅れでメルボルン国際空港に到着。イミグレはゴールドコーストで済ませていたので、スムーズに出ることができました。ゴールドコーストよりも緯度が南極寄りという事もあり涼しい気温。メルボルン国際空港は市内まで25kmほどの距離で、バスかタクシー以外の交通手段がありません。市内までは約45分。混雑すると2時間かかる場合もあるそうです。

メルボルン国際空港 ターミナル1の外観。

メルボルン国際空港 ターミナル1の外観。やっと着きました。

メルボルン国際空港 ターミナル1の外観。JetStarはこのターミナル。

メルボルン国際空港 ターミナル1の外観。JetStarはこのターミナルからアクセスします。

メルボルン国際空港 ターミナル1のアプローチ。JetStarはこのターミナル。

メルボルン国際空港 ターミナル1のアプローチ。イエローの設えが印象的です。

メルボルン国際空港 ターミナル1外の喫煙コーナー。パンチングの防煙壁がかわいいです。

メルボルン国際空港 ターミナル1外の喫煙コーナー。パンチングの防煙壁がかわいいです。

メルボルン国際空港 ターミナル1のタクシープール。パンチングの防煙壁がかわいいです。

メルボルン国際空港 ターミナル1のタクシープールからワゴンタクシーでホテルへ向かいます。今回は五人での旅行なのでこちらの方がリーズナブル。

Double Tree by Hilton Hotel Melborneに到着

メルボルンの宿はDouble Tree by Hilton Hotel Melborne(ダブルツリーバイヒルトンメルボルン )にしました。メルボルンの中心業務地区(CBD)にあり、トラムのアクセスも良く、市内を見て回るには最適なロケーションだったことが決め手になりました。ヒルトンのホテルブランドの中では低廉ながらも設えは良く(特に改装リニューアル後でしたので)快適でした。デザイン会社の研修旅行なので、決めた予算の中で泊まるホテル探しはいつも悩むのですが、今回に関してはスムーズに決まりました(笑)

メルボルンの中心業務地区(CBD)にあるDoubleTree by Hilton Melbourne

メルボルンの中心業務地区(CBD)にあるDoubleTree by Hilton Melbourneのエントランス

DoubleTree by Hilton Melbourneのレセプションカウンター

DoubleTree by Hilton Melbourneのレセプションカウンター

DoubleTree by Hilton Melbourneの1Fダイニング

DoubleTree by Hilton Melbourneの1Fダイニング。朝食はここで取ります。

DoubleTree by Hilton Melbourneの1Fダイニング

DoubleTree by Hilton Melbourneの1Fダイニング。別角度で。

DoubleTree by Hilton Melbourneでチェックインで頂いたウェルカムクッキー

DoubleTree by Hilton Melbourneでチェックインで頂いたウェルカムクッキー。二つのフレーバーで焼き立て。気の利いた良いサービス。

DoubleTree by Hilton Melbourne。ダブルルーム。

DoubleTree by Hilton Melbourne。ダブルルーム。

DoubleTree by Hilton Melbourne。ダブルルームのデスク廻り。

DoubleTree by Hilton Melbourne。ダブルルームのデスク廻り。

DoubleTree by Hilton Melbourne。バスルームエリア。

DoubleTree by Hilton Melbourne。バスルームエリア。かわいらしい設え。笑

DoubleTree by Hilton Melbourne。バスルームエリア。かわいらしい設え。笑

DoubleTree by Hilton Melbourne。バスルームエリア。かわいらしい設え。笑

DoubleTree by Hilton Melbourne。パブリックのサイン。

DoubleTree by Hilton Melbourne。パブリックのサイン。

DoubleTree by Hilton Melbourne。エレベーター内。

DoubleTree by Hilton Melbourne。エレベーター内。

DoubleTree by Hilton Melbourne。1Fダイニングの朝食の風景。

DoubleTree by Hilton Melbourne。1Fダイニングの朝食の風景。

パブリックエリアやダイニングエリアは、ラフティック。オーストラリアらしくオークが踏んだんに使われ、上手くリノベーションしている印象です。客室内は至って普通で、華美な装飾もなく水回りがかわいらしい印象。笑 

ヒルトンでもマリオットでもこのクラスのブティックホテルを展開しているのはニーズが多いからなんでしょうね。寝泊りする部屋は、多少狭く華美でなくて良いから、パブリックやダイニングのインテリアにその国のお国柄が出ている方が嬉しいですし、クレリンネスが行き届き、WiFiが快適でドリンクがサーブされていればほぼ満足。研修旅行にはぴったりのホテルです。笑

 

Merbourne / Sydney 2019 Reported by Futoshi Hirasawa

MELBOURUNE / SYDNEY 2019|GOLD COAST / North Kirra Beach
MELBOURUNE 2019|Double Tree by Hilton Hotel Melborne
MELBOURUNE 2019|Federation Square / acmi
MELBOURUNE 2019|ACCA / National Gallery of Victoria
MELBOURUNE 2019|The Ian Potter Southbank Centre / Land scape of Victoria
MELBOURUNE 2019|State Library of Victoria / Royal Arcade & Block Arcade
MELBOURUNE 2019|Mercedes ME & Central District by Merbourune
SYDNEY 2019          |Central District by SYDNEY / Queen Victoria Building
SYDNEY 2019          |The Rocks Market / Cadmans Cottage
SYDNEY 2019          |Sydney Opera House
SYDNEY 2019          |Dr Chau Chak Wing Building
SYDNEY 2019          |Central Park Mall
MELBOURUNE / SYDNEY 2019|メルボルンとシドニーの食事

→ Designcafeのデザイン・建築研修旅行・視察旅行のページへ戻る

令和元年、2019年。本年も一年ありがとうございました。

Designcafe 研修旅行2019 オーストラリア_シドニー/メルボルン

Designcafe 2019年のデザイン研修旅行先、オーストラリア メルボルン&シドニー。メルボルンと言えばこの通り「44 デグレーブス・ストリート」にて。

今年も早いもので、年末のご挨拶をさせていただく季節となりました。元号が平成から令和に代わり、Designcafeも創業15周年、会社設立10周年の節目の年を無事迎えることができました。これもひとえに、私たちを支持してくれたクライアントの皆様、惜しみない協力を与えてくれたブレーンの皆様、これまでを通じてお世話になった皆様のおかげです。改めて感謝とお礼を申し上げます。元号の改元と弊社の周年記念が重なった事に想いを馳せながら、これまでの事を振り返りつつ新しい時代に臆せず、チャレンジを続ける所存です。これまで同様、ご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

年末年始の休暇についてですが、年内の業務は12月27日までとなっております。来年も良い年にしたいものです。弊社の年末年始の休暇ですが下記の通りとなっております。年始は、令和2年1月6日からとなります。

Please be informed that Designcafe-Inc, Japan will be closed from 27 Dec 2019 due to Japanese year-end/new-year office closure. We will be back on 5 Jan 2020.  Everybody, best wishes for a successful and rewarding year!! 

2019年
12月27日(金曜日)午前中まで通常営業。午後より大掃除。
12月28日(土曜日)終日休業
12月29日(日曜日)終日休業
12月30日(月曜日)終日休業
12月31日(火曜日)終日休業
2020年
1月1日    (水曜日)終日休業
1月2日    (木曜日)終日休業
1月3日    (金曜日)終日休業
1月4日    (土曜日)終日休業
1月5日    (日曜日)終日休業
1月6日    (月曜日)午前中は社内行事につき休業、午後より通常営業いたします。

2021年新卒採用及び通年中途採用ページを更新しました

Recruit – Designer / Planner –を更新しました

Recruitページ(2021年春の新卒と通年採用の中途採用)を更新しました。Designcafeでは、業務拡大の中で深化させたクリエイティビティを発揮させるべく、デザイナー職の新卒(2021年卒業見込みの方対象)と中途採用(通年)とプランナー職の中途採用(通年)の正社員を募集しております。こちらのRecruit – Designer / Planner –をご覧の上、ご興味のある方は、奮ってご応募ください。

 

 

CITE-JAPAN 2019 “DOW TORAY” booth

DOWの新グローバルVIに準拠したブースデザイン

ケイ素(シリコーン)製品では国内屈指のリーディングカンパニーであるDOW TORAYのCITE-JAPAN2019 に出展した展示会ブースデザイン。化粧品素材の展示会である今回よりDOWの新グローバルVIデザインの方向性に寄り添ったブースデザインが求められた。ブース内での適切なヴィジュアル配置、コミュニケーションテキストの掲出が求められつつ、ブース全体の造形感は自由度を生かし、女性らしいラウンド形状とし、ビジュアルとの一貫性に注力した。

デザインマネージメント _ Designcafe 平澤 太
ブースデザイン _Designcafe 田中真優
グラフィックデザイン _ Threelight
プロダクトディレクション_ EXTRADREI 山中亮介
プロダクション _ Designcafe / EXTRADREI
クライアント _  ダウ東レ
撮影 _ 小渕喜幸
カテゴリー _ 展示会ブースデザイン・イベントブース・展示会装飾・トレードショー
ロケーション _ 幕張メッセ

 

 

 

 

 

cite-japan2019 ダウ東レブース。全景右側より

cite-japan2019 ダウ東レブース。全景

 

IT-WEEK 2019 spring “Emma Tools”

プランナー _ Designcafe 平澤 太
ブースデザイン _ EXTRADREI 山中亮介 / iDesign
プロダクトディレクション_ EXTRADREI 山中亮介
プロデュース _ EXIDEA 塩口哲平
クライアント _  EXIDEA
プロダクション _ EXTRADREI
撮影 _ 小渕喜幸
カテゴリー _ 展示会ブースデザイン・イベントブース・展示会装飾・トレードショー
ロケーション _ 東京ビックサイト

展示会ブースデザインと装飾の実例-JAPAN IT-WEEK 2019 春 Emma Toolsブース (2)

展示会ブースデザインと装飾の実例-JAPAN IT-WEEK 2019 春 Emma Toolsブース (3)

展示会ブースデザインと装飾の実例-JAPAN IT-WEEK 2019 春 Emma Toolsブース (4)

展示会ブースデザインと装飾の実例-JAPAN IT-WEEK 2019 春 Emma Toolsブース (5)

展示会ブースデザインと装飾の実例-JAPAN IT-WEEK 2019 春 Emma Toolsブース (6)

展示会ブースデザインと装飾の実例-JAPAN IT-WEEK 2019 春 Emma Toolsブース (7)

展示会ブースデザインと装飾の実例-JAPAN IT-WEEK 2019 春 Emma Toolsブース (8)