最近回数がめっきり減りましたが、旅行が好きで年に数回旅行に出るようにしています。そんな中で旅行や出張に行く時に欠かせないアイテムをご紹介。

RIMOWA Topasトローリーケース
トローリーケースはRIMOWAのトパーズを愛用しています。この32Lタイプは機内持ち込みサイズ。元々は海外出張用で購入したのですが、2〜4日の男旅にはちょうどいいサイズで、かれこれ10年以上愛用しています。年々進化していて、機密性が優れている点はそのままに、今はTSAロックも標準装備(思えば僕がこれを購入したのは9.11の前でした)で、バッグフックも付いたりしてます。RIMOWAのいい所は何より頑丈で壊れない事。壊れても修理できます。後述しますが、PCやらiPadやら何かと壊れやすいものを一緒に持ち運ぶので、入れているものが保護されるのは重要なポイントです。あと、意外とエクステンションするハンドル部分が他のものだとすぐ壊れるので作りがしっかりしている事も大きい。 トローリーケースは一度買えば、よほどの事が無い限り買い替えするものではないので、多少値が張っても頑丈なものがお勧め。最近はこう少し滞在する旅行が増えたので、二廻り大きいこの辺とかを物色しています。

 

Felisi ショルダーバッグ
旅行中のバッグとして使うのは、Felisiのショルダーバッグ。誕生日プレゼントで貰ったものですが、サイズといい使いやすさといい旅行中のショルダーバッグとしてもってこいなので愛用しています。旅行中の持ち物は、お札を挟んだマネークリップ(お財布は日本円をそのままにしておきたいので)と小銭入れ、ティッシュ&ハンカチ、カメラの交感レンズが入ればOKなので、小振りのこのサイズが丁度いいです。 ショルダーバッグは必需品。特に中国系の国はスリが多いので、鞄を体の前に持っていた方が安全。ショルダーも小振りであれば、ストレスも掛かりませんし。

Newbalance M1400
旅行中はとにかく歩きます。僕はなるべく海外では歩くようにして、その方が市井の人たちの暮らしぶりやその国のマインドを感じる事が出来るから。途中疲れて、タクシーを使ったとしても(笑)、日本に居るよりは遥かに歩くので、歩くのに適したスニーカーが疲れを軽減してくれます。僕は、Newbalanceを愛用していて、この1400と996をチョイスしています。写真はM1400の2013モデル。スニーカーは底が厚いので冬でも冷たい路面から、夏は灼熱の路面から脚を守れますし、疲れにくくなります。旅の脚はスニーカーで固めるべきです。笑

 MIDORI Traveler’s Note
旅は記憶です。デザインを生業にしている僕にとっては、引き出しと同時に自分のエクスペリエンス。そんな感じなので、カメラと並んで重要なアイテムがこのトラベラーズノート。これも、かれこれ10年近く愛用していますが、フォーマットが変わらずリフィルがあるトラベラーズノートはとても有り難くて、旅の度に調達して、趣くまま記録しています。僕の旅は、行き先を何となく決めていく事が多いので、それを書き留めて訪れた後に感想を書いたり、その時の天気や気候、お金のレート、物価感などを書き留めておくと、次同じ場所に行く時にとても参考になります。


 DQco ネックピロー ワールドマップ
5時間以上のフライトなら、確実に仮眠&睡眠します。そんな時に便利なのがネックピロー。エコノミーの旅であれば確実に寝る事が最大の障害に?なります。そんな時にネックピローがあれば、寝違える事も無く首を安定させる事ができます。 僕は寝違える事が多いので確実に首をホールドしてくれるネックピローが好ましく(笑)膨らませるエアータイプよりも少しかさばっても低反発タイプの方がお薦め。


iPhone5 & iPad-mini
説明無用のiPhone & iPadですが、海外レンタルのモバイルwi-fiルーターと併せて使えば、格安でインターネット環境を手に入れられます。今は、iPhoneでもテザリング出来るので、手軽に使えるのですが海外ローミングの金額を考えると、こちらの方がお得。この場合、一日700円くらいでレンタル出来ます。SIMカードをSIMフリーのスマートフォンに入れて使えばなおお得ですが、慣れていないとチャレンジしにくいですよね。 今は海外に行くとiPad片手に旅をしている人に何人出会った事か?といった感じですが、予め旅ナビ的なサイトをブックマークして、行き先情報をevernoteに記録していけば、大抵の情報は賄えます。マップも紙のものとiPadの二段構えだと確実に目的地に着く事ができますよ。

MacBook Air & Mobile wifi rooter
主に出張の時に持っていくのがMacBook Air。図面を確認したり、メールで確認したり、iPadで確認出来ないような時に使います。ウェブで調べモノするにしても、iPadではまだまだ不便な事が多いので。これと併せて持っていくのが既出のモバイルWiFi。借りて持っていったほうがローミングより安く使えるので、こちらの方がお薦めです。ちなみにPCは軽いのに限ります

 

FUJIFILM X-M1
旅にカメラは必需品です。というか絶対必要(笑)
出来れば、綺麗に写せるカメラが望ましく、携帯のカメラよりは大きいCCD (CMOS) を搭載している一眼レフやミラーレスが望ましいです。僕は、FUJIFILMのX-M1というミラーレスを今回はチョイス。同じFUJIFILMでリリースされているX-Pro1も所有しているのですが、移動の多い旅ではコンパクトで精彩に写せるカメラが望ましいので、X-Pro1と同じCMOSを搭載しているX-M1を旅カメラにしています。 このカメラのいい所は、WiFiを搭載している所。スマホやiPadに即座に転送出来るので、出張先の様子やFacebookなどに(笑)簡単にアップ&展開できます。 僕はこのカメラにレンズを最低二つ(広角が使えるズームレンズ・フジノンレンズ XC16-50mmF3.5-5.6 OISと明るい単焦点標準レンズ・フジノンレンズ XF23mmF1.4 R)を携行しています。前者が35mm換算で24mmからのズームレンズ、後者が52.5mmの単焦点レンズなので、風景も背景ボケの情緒的な写真も撮れます。この二つあれば完璧!


エネループ スティックブースター
電源を必要とするガジェットを持っていくと必ず困るのがバッテリーの問題です。カメラはバッテリーの予備を用意する事で解決出来ますが、iPadやiPhoneやモバイルWiFiは解決出来ず、結果予備のバッテリーとなり得るモバイルバッテリーを持つことになります。僕はエネループのスティックブースターにパワータイプのエネループを6本用意して持ち運んでいます。これさえあれば、2~3日の旅であればホテルでの充電も含めて困る事はまず無いです。 ちなみにモバイルバッテリーとしての性能で言えば、エネループのパワータイプよりも専用機(USB付きのモバイルバッテリー専用機)の方が、パワーがあります。今回初めてiPhone5をメインに色々の情報を集めていたのですが、iPhone5だけでなくモバイルWiFiの電源の事も勘定していないと辛い目に遭います。その時に1台で済ませるならより大容量のエナジャイザー XP14000あたりがいいです。持ち物も減りますし。。値段はそれなりにしますが、これさえあればノートPCなんかも賄えますし。余談ですが、コンセント変換プラグも持ち歩いた方が何かと便利。香港に限らず大都市の場合、大抵のカフェはテーブルセットの脇にコンセントを常備している事が多いので。

 

HongKong 2014 Reported by Futoshi Hirasawa

Hong Kong 2014 Vol.1|沙田 (Sha Tin)〜旺角 (Mong Kok)
Hong Kong 2014 Vol.2|荷李活道 (Hollywood Road )〜文武廟 (Man Mo Temple)
Hong Kong 2014 Vol.3|港景街〜山頂 (The Peak)
Hong Kong 2014 Vol.4|天水園 屏山文物徑 (Ping shan heritage trail)〜元郎 (yung long)
Hong Kong 2014 Vol.5|好吃的吃飯(A delicious meal)
Hong Kong 2014 Vol.6|番外編:旅グッズ