Designcafe-Blog | ブログ

Designcafe™ の主宰者、平澤太のブログです。デザイン考、ライフワーク、インサイト、旅行などを不定期に綴っています。

明日からKYOTOへ

長い人は10連休の今年のGWですが、暦通りに休む平澤にとってあまり遠くにも行けないので(笑)今年は京都に行くことにしました。去年の正月に行って以来なので1年3ヶ月ぶりの京都なのですが今年は、ショップや町屋などのチェックをしながら、ゆっくり過ごそうかと思っています。前回の反省から今年はレンタカーを借りました。車は日産キューブで、出張で車が必要な時も、もっぱらこれです。さて、見物と観測目的の京都ですが、最近僕の仕事では重要人物の1人であるグラフィックデザイナーと食事&打合せもします。彼は大阪に住んでいるので、なかなか会えない人なので楽しみです。

今回の京都ツアーの中でいくつか廻ってみたいポイントがあるのですがその一つがKYOENです。ここはCafe.coの代表でインテリアデザイナー森井良幸さんがデザインプロデュースした回廊型複合商業施設です。東京は特にですが土地の狭い日本では商業施設というと高層化するのが常なのですが京都の町並みにあわせて、あえて「低層」で作ったところがポイントです。回廊型という導線は、商業施設のプランニングではかなり難しくてこの辺を森井さんがどう処理したか?楽しみ。

この他では、前から気になっていた森陰大介さんのシャツショップやAPPLEのプロダクトデザイナー西堀晋さんのショップ「エフィッシュ」など6.7ショップをピックアップして行ってみようと思っています。

前回は寺社仏閣巡りでおじいさん臭かったので(笑)若者になりすまして行ってみようと思います。


efish

a0008711_233147.jpg

京都初日の本日はレンタカーやホテルの手続きの関係で行動開始したのは夜からでしたが、五条河原町で僕のグラフィックブレーンの一人cosydesignの佐藤浩二くんと待ち合わせて、そのまま西堀晋さんが経営するカフェ「efish」で打合せ&雑談しました。

このefish、その名の通り店内にかわいい金魚が入ったガラスブロックがカウンターに並んでいて、ロケーションも鴨川沿いで夜カフェには絶好のロケーションで打合せするには最適でした。ただちょっと残念だったのは、食事のメニューが少ない事。東京の夜カフェは食事もバリエーションが多くて飽きないのですが、その感覚で行くと少し物足りない感じがします。昼間に散歩しがてらロケーションの良さで景色を眺めつつゆっくりお茶を飲む、そんな感じのお店です。

店内には西堀さんの家具が所狭しと並んでいて、非常にミニマムな空間とマッチしていて良かった。駐車場があるのも良いです。ちょうど、京都の風物詩「床:ゆか(鴨川沿いの料亭やレストランが一斉に仮設のオープンデッキを鴨川に向けて張り出す。川を眺めて食事が出来る)」の時期なので窓際からこの風物詩が眺められます。

明日の夜はその「床」が設置されている菫(すみれ)というチャイニーズレストランで食事しますが初「床」体験なので(笑)楽しみです

これ時計なんです(笑)

事務所に置く時計を探していて面白いものをTRICOで発見!デザインはオランダのプロダクトデザイナー、ヘンク・スタリンガが主宰するデザインレーベル「スタリンガ」。コンセプトを際立たせる為に無駄な要素を排除した大胆なデザインが特徴です。スタリンガの作品はニューヨーク近代美術館をはじめ各国の美術館でパーマネントコレクションに認定されています。いかにもオランダらしいデザインです。

この時計は、時分針と秒針がセパレートになっていて、しかも秒針が長いので、設置する高さを調整しないと秒針が時分針のユニットに当たってしまう(笑)のです。楽しいからこれもありかなと。

デザイナーのサイト:STALLINGA

デジタルカメラの基準

デジカメの選びかたは、基準が迷いますね。僕ははじめて買ったデジカメが初代IXY。やはりデザインが当時にしては画期的だった事が理由の1つですが、手ぶれにもの凄く弱かった。AFも効きが悪くて良い思い出があまりありません。

次に買ったのがNikon coolpix885。3.5Megapixcelの3倍ズームでスペックバランスと対価格性能がとても良かったけど、普通にきちんと撮れない。というかファンクションが多すぎるのでいちいち細かく設定しないと良い写真が撮れない。これと平行して使ったプレゼント品のSONY-cybershotU-10は、ホント小さくて5連続撮影が出来たりして良くできたカメラでした
が、あのサイバーショット特有の色味(青白い)のは最後まで好きになれなかった。

この反省から、買ったのが弟とシェアしているEOS-Kiss-digitalと仕事用のIXY-digital L。キャノン好きというのもあるかもしれませんが色味(赤っぽい)が個人的に好きです。

結局しっかり撮影できる(EOS)と仕事で記録用に撮影したりスナップショット程度ならIXYで十分な事が分かりました。2台持つのは現実的ではないですが、僕の場合あまりズームを重視しないので接写して(笑)カバーしています。

この辺は好みが出ますね(笑)

blogのカスタマイズ

スキン編集 隠れタグ?これは悩みます。僕のblogスキンはデフォルトの「two-color」をカスタマイズして、ヘッダーカラーと文字、リンク文字全てをオリジナルにし、あとの部分(列構成)は全くさわっていません。・・というかCSSが良くわかっていない(笑)

blogは、ブラウザー上で全て書き込みできるので本当に便利ですがまだ発展途上の感がありますね。もっと自由にスタイルを変えたいとか欲求が出てきます。

僕も自分のweb-siteをこのblogとは別にもっているので将来的にはMovable Typeを使ってカスタマイズしたいとか思っていますが、現状exblogで十分なので欲も出ないです(笑)。

もう少しCSSを勉強しないとダメですね。


デザインカーが今話題ですね。

一目惚れデザイン 縲恷ヤ編縲鰀に対してトラックバックします。ここ数年、某自動車メーカーのプロジェクトに参加していることもあって車のデザインに自然と目が向くようになったのですが、良いデザインの車が増えましたね。OKAIさんのFTOは、出た当初FIATクーペと比較されていた記憶があります。どちらも小型のクーペで独創的ですね。

今の車は全体的にオーバーフェンダーで大きく見える車が増えましたが今後はBMWのZ4のような、シルエットに陰影が入るような斬新な車も増えるような気がします。

僕的には、高級な小型車(笑)の格好いいヤツ(BMWのZ1に期待)が欲しいです。


G5は本当に良いです

僕の使用しているPCはMacなのですが、かれこれ15年近く使っています。はじめて買ったのはcolor-classicという今で言うi-macのような一体型の小さなコンピューターで、主にDTM(当時打ち込みバンドをやっていた)で使っていました。それからSE30→PowerMac6100→Powermac7600→G3-MT266→G4-400→G4-500CUBE & i-Book500→G5-1.8G & e-Mac1G & PowerBookG4-867という流れでモデルチェンジしてきました。熱烈なMac信望者というよりは、ソフトのアップデート上Macで不自由がなかったことで今まで続いてきたんだと思います。

今はアシスタント用のe-macを含めて3台のMacを使っていますが中でもG5は、とても気に入っています。最近買い換えた中ではダントツです。仕事上、DTP関連のソフトを中心に使うわけですが、特に3D系(shade)とCAD(Vectorworks)が早くて安定しているのがお気に入りの理由です。ちなみにメモリーは1GB。とうとう1G積んじゃったって言う感じです(笑)

またOSが10.3がエクスポゼがついたおかげでファインダーがとても使いやすくなったことも大きい理由かもしれません。

G4の時に特注でつくったワークデスク(袖にG4がビルトイン出来るようにスチールの棚がついている)がG5のサイズアップのおかげで使えなくなりましたが(笑)でも仕事で快適になるのは良いことです。

G5のi-macもそろそろ出るのでしょうが、G5は本当に良いですよ。

事務所の電話機さがし


最近何かと電話機に縁(?)がある平澤ですが、事務所の電話を手配しないといけないので、いろいろ物色しています。前回このblogで書いたB&Oが最有力なのですがMUTECHも捨てがたいと、いろいろ資料を見ています。FAXは、一緒に入る会社のモノをシェアした方が場所を取らないので良いと言うことになり、とりあえず電話機を探すことになったのですが結構悩みます。一番使うものの1つですからね・・。MUTECHは韓国の家電メーカーで作りの部分に若干不安があるのですが最近はデザインに力を入れていてtelephone610という機種は日本のプロダクトデザイナー岩崎一郎さんがデザインしています。素材の使い方がとてもポップで、いい感じです。

今回、僕の事務所は木をメインに使ったオフィスになるので主張のつよいB&Oよりこちらの方がなじむかもしれません。B&Oはミニマムですからね。

イメージとしては、機能が多機能で無くても良いのでマットな白でシンプルな電話機なんですけど(笑)子機も格好いい電話機無いですかね?(笑)