Designcafe-Blog | ブログ

Designcafe™ の主宰者、平澤太のブログです。デザイン考、ライフワーク、インサイト、旅行などを不定期に綴っています。

青山

青山へある人のフラワーアートのエキシビジョンを見に行ってきました。でそこそこ見たところでIDEE-cafe、PRADA経由で表参道へ。天気が良かったこともあって、デジカメ持った若い子達でごった返していました。IDEE-cafeは久しぶりに立ち寄って食事したのですが、この時期はテラスを開放していることもあって食事していて気持ちがよいですね。ショートケーキが絶品でした。PRADAは、中で買い物している人よりも外で建物眺めている人の方が多かった(笑)。今シーズンのコレクションは、色々なチャレンジをしていてバック一つとっても素材と色の組み合わせが楽しいアイテムが
多いですね。

PRADA ビルで言うとその度肝を抜く意匠で話題になっていますが、PRADAが仕掛ける旗艦店プロジェクト(Epicenter Project)の一環で造られたもので、旬の建築家と組んで建物からPRADAというブランドバリューを高めようとする試みです。第一弾としてオランダ人建築家レム・コールハース率いる「OMA」の手によるNYCのSOHO店(これはリノベーションで新装)をオープンさせ話題になりました。この東京でのプロジェクトではスイス出身の建築家「ジャック・ヘルツォーク」と「ピエール・ド・ムーロン」によるユニット”ヘルツォークド・ムーロン”を起用しています。構造設計と施工は竹中工務店。斜め格子構造という剛性の強い構造は、地震国・日本ではあまり向かないとされていますけど基礎に設けた免震技術で”デザイン性を損なわない”建物に仕上がったと聞いています。外側から見た感じでは解りませんが、興味深いエピソードです。

建物を外側で見ている人が多かったと書きましたが、この建物が出来た背景を知る意味でも、建物の中にも入って商品を見たりさわったりして、PRADAが何を建築家に求めたかを知ることって大切だと思うんですよ。外側から見ているだけでは意図って解らないと思いますし。商品を見ても旧来のPRADAのイメージから意欲的に変化している感じがしますし、その意欲的な部分が建築でも感じられると思います。

世界有数のブランドストリートになってしまった青山、表参道界隈ですが同時に建築家の競演も楽しめます。あとは来年1月に竣工する安藤忠雄設計の「表参道ヒルズ」が待ち遠しい感じでしょうか。。

六本木ヒルズ66プラザ

IMG_0944.JPG

IMG_0939.JPG

IMG_0941.JPG

ユナイテッド バディ ベアーズ イン六本木ヒルズを見に行ってきました。ドイツの首都ベルリンの象徴である熊をモチーフに、ドイツと友好関係のある国連加盟各国を代表するアーティストによりデザインされた127体のバディベアーたちが66プラザに飾られているのですが高さ2mのバディベアー127体が一堂に集まる姿は迫力があって、それでいて何となく可愛らしいです。

六本木ヒルズのウェブサイトから引用ですが・・「ユナイテッドバディベアーズは、国際的な融和・平和を願って、ドイツの首都ベルリンから始まったアートイベントです。各国を代表するバディベア(熊のオブジェ)が、手と手をつなぐ、そのサークルの象徴性をもって、愛、平和、友情、寛容、そして民族間の相互理解を求めるメッセージを伝えています。」・・とのこと。手を上に上げたポーズは手を繋いでいる姿だったんですね。詳しくはこちらを見て頂きたいのですが、このバディベアーは世界を巡回していてその様子が見られます。

IMG_0933.JPG

これがアメリカ代表のアーティストによる作品です。見ての通り自由の女神な訳ですが(笑)これが良くできているんです。。。行っていない方はぜひ。。

期間: 2005年4月4日(月) ~5月8日(日)
場所: 六本木ヒルズ 66プラザ
主催: 森ビル株式会社、東京ドイツ文化センター
特別協力: BBB GmbH、Hamburg Sued
特別協賛: ビー・エム・ダブリュー株式会社、SIEMENS、株式会社ヤマタネ
協賛: ダイムラー・クライスラー日本株式会社、ルフトハンザ ドイツ航空会社、
     SieMatic、テュフラインランドジャパン株式会社
後援: ドイツ大使館、ドイツ観光局、ドイツ商工会議所、ユニセフ