Designcafe-Blog | ブログ

Designcafe™ の主宰者、平澤太のブログです。デザイン考、ライフワーク、インサイト、旅行などを不定期に綴っています。

建売住宅というクラシフィケーション vol.1

約9ヶ月関わっていた、企画住宅のプロジェクト「ウィルローズテラス石神井公園」が間もなく完成します。ただいま絶賛外構工事中(笑)。同じクライアントとともに開発した前作「ウィルローズヒルズ赤塚公園」は、14棟の集合する分譲住宅で、周辺環境からの街のあり方、この家を購入する居住者間のコミュニティの醸成をあり方を柱に計画。いわば「集」のデザイン。それに対し今回の「ウィルローズテラス石神井公園」は典型的な都市部に計画された9棟の分譲住宅の計画で、5つのコンセプト&プランニングで各々の棟を計画しています。元々、ハウスビルダーの商品化を前提としている事情もあり、明確な意志を持つプランニングで実施した訳ですが、「個」のデザインでありながら周辺環境との調和、そもそも住まいに対しての基本的な要請とは何か?根源的な事を考え、カタチにする、大変面白いプロジェクトでした。

 商品化住宅(企画分譲住宅)の難しいところは、計画の段階で「住み手」の顔が見えない事です。建築家が創る注文住宅はいわば「オートクチュール」で建築家が提案しながら、オーナーの主観とどう整合させられるか?もしくは建築家の個性を気に入ってオファーするかのいずれかで、時間を掛けて詰めて行くことができます。当然、住み手の個性や暮らし方に寄り添った、素晴らしい住まいが出来上がります。

それに対して建売住宅も含めた商品化住宅は「プレタポルテ」。洋服のサイズのように「どんな住み手でもそれなりにフィット」し、間取り優先志向で、それなりに価格帯で勝負して「ハウスビルダーが競合する環境の中でアピール」することを義務づけられています。その結果「何となくこれでいいか」みたい妥協の産物になってしまっています。売り手の都合で市場価値が決まっている世界です。でも、これではちょっと寂しい。

僕らが取り組んでいるウィルローズの分譲建売住宅は、クライアントの掲げるステートメント「「自分たちも住みたいと思えるか。」に共感して開発しているプロジェクトです。

建売住宅は「住み手の価値観」以上に「置かれている環境」に左右されます。

最近多い、高齢者の住み替えがいい例で「子供も独立したし、こんな部屋数の多い住まいではなくて、便利な立地で管理の楽な小さな家に住みたい」みたいな、家族の成長や置かれている状況に左右される事がほとんどです。そんな中で僕たちが考えた事は「住まいに求める基本的な価値観の整理」する事。ここからスタートして「日本人の住まいの歴史を考証」しながら「住み手の個性にそれなりに対応できる数種類のプランから選べる」状況を創る事。建築家の家や注文住宅には手が届かないけど、多様なライフスタイルにもついていける建売住宅。そんなイメージでした。

続きはvol.2へ

梅雨支度

今年は例年より10日早く梅雨入りが発表されました。

毎年、この時期にレインブーツを探しては「ひざまであるのも大げさかな」と
なかなか手を出せずにいたのですが、
今年はついに短めのレインブーツに出会うことができました。

これで雨の中出かけるのも楽しみになりそうです!

 

未来を変えるデザイン展

東京ミッドタウン・デザインハブで開催している「未来を変えるデザイン展」を見に行ってきました。この展示会は「2030年、様々な社会問題を企業はどう解決しているのか」という視点に立って、各企業の取り組みを紹介するもので、様々なカテゴリーの企業19社が展示を行っています。現在と未来を対比した体験型模型展示(インスタレーション)よって会場全体を作品として来場者に体験させるユニークな展示でドーム型のケースに納められた模型を覗き込むことで、来場者は2030年の世界における社会課題とその課題解決に向けた各企業の対策を体験できるようになっています。2013年05月16日(木)~2013年06月11日(火)開催。無料。
http://mirai-design2013.jp/

● 参加企業19社(五十音順) 株式会社エイチ・アイ・エス/グリー株式会社/キリン株式会社/凸版印刷株式会社/株式会社トヨタマーケティングジャパン/日本電気株式会社/パタゴニア日本支社/東日本旅客鉄道株式会社/富士通株式会社/本田技研工業株式会社/三井物産株式会社/株式会社三菱ケミカルホールディングス/三菱商事株式会社/株式会社ヤマハミュージックジャパン/株式会社ラッシュジャパン/株式会社リコー/株式会社リバースプロジェクト/ロート製薬株式会社/ワタミ株式会社 主催:日本財団