Designcafe-Blog | ブログ

Designcafe™ の主宰者、平澤太のブログです。デザイン考、ライフワーク、インサイト、旅行などを不定期に綴っています。

Singapore 2013 Vol.6 ボート・キー&チャイナタウン

ボート・キー(Boat Quay)は、ラッフルズプレイスの程近くにある波止場の名残で、現在はレストランやバーなどの一大スポットになっています。キー quayとは波止場の意味。シンガポール独立当初のボート・キーは、不法滞留者のジャンク船が並び、不衛生で随分と荒んでいた様ですが、独立後の護岸整備と拡幅で今の景観が完成し至ります。その後、昔からあった周辺の建物をリノベーションしたレストランやバーが出現し、対岸のエンプレス・プレイスのコロニアル建築群のナイトビューの効果と相まって、人気のエリアになった訳です。

中心部のニュー・ブリッジ・ロード、サウス・ブリッジ・ロード周辺が伝統的にチャイナタウンと呼ばれており、マリーナ・ベイからも近い位置にあります。Vol.5で既出のピナクル@ダクストンもこの近く。(マレーシアの華僑政権が分離独立したいきさつもあり、国全体がチャイナタウンとも言えますが。笑)シンガポールのチャイナタウンは、ロケーションも利便性も他の民族と比べて便利です。コロニアル風の住居が軒を連ねていますが、中は1階にお店、二階に住まいとなっていて中国の様式を色濃く影響された造りになっています。

チャイナタウンのお楽しみはなんと行っても食事。 男女問わず忙しく働いている人が多いシンガポールの人々は、外食が中心。ホーカーズが充実していて、格安で食事が出来ます。こういうローカルフードに舌鼓を打つのが海外のチャイナタウンの楽しみの一つですね。

文:平澤太、撮影:平澤太・佐久間理恵

Singapore 2013 Reported by Futoshi Hirasawa
Singapore 2013 Vol.1 マーリーナベイ・サンズ
Singapore 2013 Vol.2 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
Singapore 2013 Vol.3 サザンリッジス
Singapore 2013 Vol.4 VIVO CITY
Singapore 2013 Vol.5 ピナクル@ダクストン
Singapore 2013 Vol.6 ボート・キー&チャイナタウン
Singapore 2013 Vol.7 オーチャードロード

 

Singapore 2013 Vol.5 ピナクル@ダクストン

シンガポールでは、ホームオーナーシップ制度という「国民に自分の家を持たせる」事を国策として進めていますが、国民の82%が住宅開発局(HDB)の供給するアパートメントに居住しています。そしてその結果、国民の93%が自分の持ち家を持つまでに至っています。 この中心的な役割を担っているのがHDBの手がけるアパート郡で、この最新事例の一つがピナクル@ダクストン(Pinnacle@Duxton)です。マスタープランと基本設計は国際コンペで選出されたシンガポールの若手建築設計事務所 ARC-Studio Architecture

ピナクル@ダクストンは、チャイナタウンのほど近くのアクセス抜群のエリアにあって、マリーナベイからも車で5分程度。50階建てのタワーが26階と50階のデッキで繋がっているユニークな構造です。26階のスカイブリッジと屋上のスカイガーデンは住民は自由に出入りでき、外来者は一日200名限定で入場できるようになっています。これだけの高さを誇る公共住宅はシンガポールでもまだ少ないようですが、高密度の住環境をいかに快適に住う為に沢山のアイデアがちりばめられていて、シンガポールのお家芸でもある屋上庭園(スカイガーデン)はもちろん、多棟展開に拠って景観をリズミカルにし、自然換気と自然光の効率を高める事で高湿の環境下でも快適に過ごせるように配慮されています。26階のスカイブリッジにはジョギングトラックまで敷設されている充実ぶりです。笑

近年のHDBの手がけるアパートメントは、多様を極めていて幾つものブロックプラン(間取り)を丁寧に検討し、そのブロックプランの組み合わせを建築設計と環境設計にフィードバックさせています。元々が移民の国で、コラボレーションに長けたシンガポールの人々ならではの発想です。このピナクル@ダクストンは最新事例のHDBですが、造りは至って質素で華美な高級感とかは皆無。政府が主導しているプロジェクトですから、主観は「多民族で移民」の人々が「快適に暮らせる」事の一本に集約されています。多様な価値感を受け入れつつ、自分の家を持つ事で好ましい職業倫理が形成され、建物や自分たちの住む界隈を大切に思う気持ちが芽生えるように配慮されているわけです。

倫理観の醸成を第一に置き、法体系とフィナンシャル制度を確立し、結婚すれば賃貸よりも簡単に自分の持ち家が持てる仕組み。そしてそのアパートは世界中の知見を集めつつ、HDBの高密度住宅のノウハウを集約して設計する訳ですから、建築的にも魅力のある景観が生み出されます。高密度な集合住宅では「周辺のコミュニティの醸成」も大切ですが、その前に「個の倫理観の醸成」の方が多民族国家では重要なのでしょうね。

文:平澤太、撮影:平澤太・佐久間理恵

Singapore 2013 Reported by Futoshi Hirasawa
Singapore 2013 Vol.1 マーリーナベイ・サンズ
Singapore 2013 Vol.2 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
Singapore 2013 Vol.3 サザンリッジス
Singapore 2013 Vol.4 VIVO CITY
Singapore 2013 Vol.5 ピナクル@ダクストン
Singapore 2013 Vol.6 ボート・キー&チャイナタウン
Singapore 2013 Vol.7 オーチャードロード

 

Singapore 2013 Vol.4 VIVO CITY

ハーバーフロントに建つシンガポール最大のショッピングセンターがビボ・シティ(VIVO City)。セントーサ島の出入り口にあたりますが、ハーバーフロント計画の目玉として、また地元の人が普段使いのショッピングセンターとして建設されたもので、基本計画と基本設計は伊東豊雄建築設計事務所で施工は五洋建設が担当しています。

ビボ・シティのユニークなところは、施設の屋上に屋上湖などを擁するスカイガーデンを設置し、海側を開放的なテラスを設ける事で、ショッピング以外の目的にも耐えうる施設になっている事です。また、幹線道路側の壁面の意匠はフィーチャー・ウォールと呼ばれる奔放な三次曲線で構成されていて、この時期の伊藤建築を準えたような外観を有します。この二つの機能とデザインが最大の特徴ですが、テナントの構成も面白く、昔の露店街を再現したカフェテラスがあったり、衣食遊のスペシャリティストアを低層階に集約していたりとてもユニークです。

ちなみに基本設計時のコンセプトは波をメタファーとした「サーフィン」で、このサーフィンを具現化したカタチがフィーチャー・ウォール。このフィーチャー・ウォール、デザインはともかく施工の精度の問題なのか、全体としてハリボテに見えてしまって少し残念でした。商業施設としては破天荒な印象が強いですが、ファシリティの構成は巧妙で、一日いても楽しめるように工夫されています。

 文:平澤太、撮影:平澤太・佐久間理恵

Singapore 2013 Reported by Futoshi Hirasawa
Singapore 2013 Vol.1 マーリーナベイ・サンズ
Singapore 2013 Vol.2 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
Singapore 2013 Vol.3 サザンリッジス
Singapore 2013 Vol.4 VIVO CITY
Singapore 2013 Vol.5 ピナクル@ダクストン
Singapore 2013 Vol.6 ボート・キー&チャイナタウン
Singapore 2013 Vol.7 オーチャードロード

 

Singapore 2013 Vol.3 サザンリッジス

2日目の午前中は、サザンリッジスへ “The Southern Ridges”へ
2008年5月に完成したサザン・リッジスは、2000年代初めに、この一帯の丘ごとにある公園を遊歩道でつないで、人々が自然散策を楽しめるルートにしようという計画が都市再開発庁(URA)で浮上したのが始まりで、最終的には全ての国立公園を遊歩道でつないでいくという途方も無い計画の一端です。このサザンリッジス、全ての行程を歩くと3時間程度掛かるため、僕たちはホートパーク(HORT PARK)からフォレストウォーク(Forest Walk)〜ヘンダーソンウェーブ(Henderson Waves)〜ヒルトップ・ウォーク(Hilltop Walk)〜マウントウェイバーパーク(Mt, Faber Park)を目指すコースで散策しました。

まず見えてくるのは、アレクサンドラ・アーチ(Alexandra Arch)。アレクサンドラ・ロードに掛けられた、アーチが個性的なデザインの陸橋です。設計はシンガポールの建築事務所、LOOK Architects Pte。ちなみにアレクサンドラ・アーチからフォレスト・ウォークまでのルートは、シカゴ建築・デザイン博物館とヨーロッパ建築アートデザイン都市研究センターが行っている国際建築賞でベスト・グローバル・デザイン賞を2009年に受賞しており、国際的に注目されています。この橋を超えるとフォレスト・ウォーク。その名の通り、丁寧に残された原生林を出来るだけ痛めないように配慮されたスチール製の橋脚が隙間をはうように配置されていて、原生林の豊かな樹木や動物とふれあうことができます。この遊歩道は、高低差があって最も高いところだと20mくらい。床部分が雨の水が抜けるように目の細かいグレーチングで設計されていて、あまり足下がすかすかにならないようになっています。このグレーチング効果もありますが、原生林を上から眺める事ってなかなか出来ないですし、この辺のアイデアがシンガポールらしいですね。途中の看板「猿に構ったりえさ上げたら罰金!」とかもユニーク。なるべく自然の姿に忠実にしていきたい気持ちが伝わってきます。

フォレスト・ウォークを抜けるとヒルトップ・ウォーク(Hilltop Walk)と呼ばれる、舗装された山道と歩道で繋がります。この途中途中にはスコール用のシェルターが点在していたり、健康促進用(?)の遊具があったりします。ヒルトップ・ウォークを抜けるとヘンダーソンウェーブ(Henderson Waves)と呼ばれるもう一つのユニークな橋が登場。標高70mのシンガポールでは高台にあって、うねりながらのびている不思議なデザイン。設計は、国際コンペで選ばれたシンガポールの環境設計事務所 RSP Architects。夕方以降にはライトアップされる名所でもありますが、都市と自然が近接しているシンガポールならではの橋で、周辺環境に配慮されてか橋の床面は全て天然のチーク材が使用されていました。派手な外観の割にオーガニックな印象を受けます。フォレスト・ウォーク側からだと緩やかな下り坂になっていて、それ故かとても歩きやすかったです。

ちなみにフォレスト・ウォークやアレクサンドラ・アーチと言った「橋脚と橋で原生林と山間部をつなぐアイデア」はURAが起草し、それを国民へアイデアを公開。95%の賛同を取れた所で予算の手当をしています。そして国際コンペで優れたデザインを公募して実施。プロセスから国民が参画している好例です。シンガポールは、元々マレーシアの華僑が追い出される形で分離独立した歴史を持っていますが、設立当時から高いレベルでグリーンと都市の関係・その重要性を認識していて、国家主導で国を開発していったいきさつがあります。これらの開発独裁は、やもするとネガティブな印象で終わってしまいますが、マリーナベイやサザンリッジスの優れた環境開発を観る限り「お見事」としか言いようがありません。優れたマネージメントが素晴らしい環境を生み出し、その背景には国民の理解があるということ。いい環境を創ろうという気概が満ちています。ある程度のリーダーシップは、政府に委ねないといけませんが、こと環境に関してはそこで暮らす人々の「意識の高さ」も必要でしょうね。 

文:平澤太、撮影:平澤太・佐久間理恵

Singapore 2013 Reported by Futoshi Hirasawa
Singapore 2013 Vol.1 マーリーナベイ・サンズ
Singapore 2013 Vol.2 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
Singapore 2013 Vol.3 サザンリッジス
Singapore 2013 Vol.4 VIVO CITY
Singapore 2013 Vol.5 ピナクル@ダクストン
Singapore 2013 Vol.6 ボート・キー&チャイナタウン
Singapore 2013 Vol.7 オーチャードロード 

Singapore 2013 Vol.2 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

Garden by the Bay -ガーデン バイ ザ ベイ-

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、エコグリーンの先進国シンガポールが掲げる「シティ・イン・ザ・ガーデン」構想を具現化した施設であり、新都心エリアであるマリーナ・ベイエリアの101ヘクタールの区画にウォーターフロント・ガーデンを作るという壮大な計画。マリーナ・ベイエリアのシンボルと位置づけられています。

この広大なガーデンは、シンガポール政府の肝いりのガーデンであり、シンガポールが持つ、高度な緑化技術(ルーフグリーンやバーチカルグリーン)のノウハウがふんだんに盛り込まれていて、それらが6つのテーマに別れて展示されています。それぞれのガーデンは、植物の進化、熱帯雨林における樹木の役割、果実と花の機能、林床での植物の適応力、ヤシ科植物の多様性、植物と動物の相互関係が解りやすく解説されています。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ|スーパーツリーズ|Designcafe-Inc.写真は、「スーパーツリーズ」(The Supertrees)と呼ばれる巨大な人工の木。高さ25~50メートル最も高いスーパーツリーズの屋上にはレストランもあり、2本のスーパーツリーの間には「空中遊歩道」(Skyway)が掛けられていてガーデン全体を見渡すことができます。これらのスーパーツリーのうち11本には、太陽光のエネルギーを循環利用するための機能が付いており、一番高い50メートルのツリーの頂上部には、レストランの「スーパーツリー・ダイニング」があります。夜にはLEDのイルミネーションがプログラムによって切り替わり幻想的な風景を演出。来場者に楽しんでもらえる工夫&スタティックな展示にとどめないところがシンガポールらしくて良いですね。

その他、永遠の春を具現化(気温を23~25度で設定)し、地中海の涼しく乾燥した気候に育つ花や木を展示する「フラワー・ドーム」(Flower Dome)、高さ35メートルの人口の山から滝が落ちる「クラウド・フォレスト」(Cloud Forest)という2つのドーム施設があります。セネガルのバオバブの木や樹齢1000年にもなるオリーブの木なども見所の一つです。これらのスーパーツリーズとフラワードームは、気化熱や雨水が相互に循環するようにできていて、環境に優しい仕組みになっています。

フラワードームとスカイウェイは有料(20ドル〜4ドル程度)ですが、それ以外は無料で見学でき、食事が出来るイートインもファーストフードもあるので、お腹がすいても大丈夫。こういう一見、お固い感じにみえるテーマ型ガーデンでも飽きさせない工夫とイベント性、話題性を兼ね備えていて、これに掛ける運営者側の「強い想い」を感じました。これでも全体の2/3程度の完成度ですから、全て完成したらシンガポール(というかマリーナベイの)新しい話題スポットになるのでしょうね。  
テキスト&撮影:平澤 太

Singapore 2013 Reported by Futoshi Hirasawa
Singapore 2013 Vol.1 マーリーナベイ・サンズ
Singapore 2013 Vol.2 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
Singapore 2013 Vol.3 サザンリッジス
Singapore 2013 Vol.4 VIVO CITY
Singapore 2013 Vol.5 ピナクル@ダクストン
Singapore 2013 Vol.6 ボート・キー&チャイナタウン
Singapore 2013 Vol.7 オーチャードロード 

Singapore 2013 Vol.1 マーリーナベイ・サンズ

2013年の定例研修先は、シンガポール。昨年に引き続き、海外の都市に赴き”感じ取ってくる”事を目的に行っているのですが、それは写真やインターネットの情報で解ったつもりでも、実際体感してみるとスケール感やボリューム感、空気感、香りなど五感を働かせないと解らない事が多いからです。

今回のシンガポールは、個人的には3回目の訪問だったのですが、前回が8年前ですから街の様相もだいぶ変わり、マリーナベイを中心としたリゾート開発(Marina Bay Sands, Gardens by the bayなど)はもちろん、開明的な環境保全プログラム(Southem Ridgesなど)、国民の90%が住宅所有者(マンション含む)であり、その根底を支えている住宅開発局”HDB”の最新事例(The Pinnacle@Duxtonなど)、世界最先端のバーチカル&スカイグリーンの事例(PARKROYAL on Pickering)、日本人建築家がマスタープランを計画した商業施設(VIVO CITY)など見学したいものが目白押しで、これらの見学や体感から得た情報を”引き出し”として、今後の仕事に役立てられればと。 また、単に見学だけでは面白くないので、ローカルフードのレストランやホーカーズ、Barなども時間を見つけては立ち寄り、その街のローカルな空気感みたいなものも感じながら、自分たちが楽しむことを忘れずに(笑) 廻ってきました。

マリーナベイサンズ|ガーデンバイザベイ側からの遠景|Designcafe-Incベースになるホテルですが、マリーナベイ・サンズ(Marina Bay Sands)に泊まりました。シンガポールで、今一番ホットなホテル&リゾートですが、後述するパークロイヤルオン・ピッカリング(PARKROYAL on Pickering)も素晴らしく、次回はこちらかなと w   マリーナベイ・サンズは、ラスベガスのカジノオペレーターであるサンズが2010年に開業したカジノ&リゾート。設計は、ルイスカーンのお弟子さんでもある Moshe Safdie。「世界で最も高いところ(地上200m)にあるプール=Infinity Pool」で一躍有名になったホテルで、日本でもSMAPがCMのロケ場所として使ったので有名ですね。この名物プールに入場するには「宿泊しないと入れない」事と裏庭にあたる「ガーデン・バイ ザ ベイ  Gardens by the bay」も見学目的だったこともあり迷わずこちらにしました。

マリーナベイサンズ|デラックスルームのベット|Designcafe-Incホテルの部屋はデラックスルームでしたが、デラックスという程のものではなく(笑)至って普通の設え。僕らはこの部屋で十分でしたが、ラグジュアリーな空間でのステイを望まれるなら、もうワンランク上げた方が良いでしょうね。ホスピタリティも可もなく不可もなくですが、チェックインに時間が掛かるのは改善して欲しいです。6時間のフライトでチェックインに30分以上待たされると疲れが倍増しますし。

マリーナベイサンズ|インフィニティプールのレーザーショー|Designcafe-Incこのホテルの目玉である、Infinity Poolは各タワーの57階にあって、夜の11時まで利用することができます。プールとガーデンとジャグジーで構成されていて、寒くてもお風呂に入ることができ、またタオルコンシェルジュが常設されているので、暖かいタオルを無料で使うことができます。至れり尽くせり。高台にあることもあって、結構潮風が強く、タオルを羽織っていないと風邪引きます(シンガポールの室内はエアコンが効きすぎているので、暑い日でも、そのギャップに慣れるのが大変)。殆どの人は部屋で着替えて部屋のガウンを羽織ってそのままプールへ直行していました。ちなみにこのプールの上方で夜のレーザーショーが行われるので、プールの袖でこれを観るのも楽しいです。

マリーナベイサンズ|ショッピングモールのスケートリンク|Designcafe-Incこのマーリーナベイ・サンズは、運営会社がラスベガスのカジノオペレーターということもあって、施設全体の創りがラスベガスのエンターテイメントホテル&リゾートのスタイルを踏襲しています。地下にはカジノ、アネックスにはショッピングモール、そして屋上はプールと行った具合に「一つの場所で全てが完結する」ように計画されています。日本もカジノを解禁すれば、このようなスタイルのホテル&リゾートが出来るのでしょうが、施設の中に目玉を創る「ラスベガス方式」が世界的にはスタンダードである現実を考えるとカジノの有無は、ビジターの多寡に拠るのでしょうね。

 とにもかくにも、このホテルの魅力を出しているのは「Infinity Pool」。常夏でコンパクトな街、シンガポールならではのアイデアであり、特に観光資源となりうるものが少ない故に生まれたとも言えます。このアイデアそのものが日本で使えるかどうかは解りませんが、観光資源が多いのにキャッチアップする要素が少ない日本の宿泊施設は見習うところが多いと思います。  
テキスト&撮影:平澤 太

Singapore 2013 Vol.1 マーリーナベイ・サンズ
Singapore 2013 Vol.2 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
Singapore 2013 Vol.3 サザンリッジス
Singapore 2013 Vol.4 VIVO CITY
Singapore 2013 Vol.5 ピナクル@ダクストン
Singapore 2013 Vol.6 ボート・キー&チャイナタウン
Singapore 2013 Vol.7 オーチャードロード  

SINGAPORE 2013 番外編 -1st Day-

 7/3〜6に海外研修旅行でシンガポールに行ってきました。

行きのフライトが1時間遅れるというスタートでしたが、予定していた場所はひととおり訪れることができ、とても充実した旅行になりました。
自分の足で行って、自分の目で見て、その場の空気を感じることは本当に刺激になります。

今回の旅行で訪れた場所を振り返りながら、大まかなスケジュールと写真をご紹介します。
少しでもシンガポールの空気をお届けできれば、と。

 

-7/3のスケジュール-

羽田空港

シンガポール/チャンギ空港


宿泊先のマリーナ・ベイ・サンズ にチェックイン。
さっそく屋上のインフィニティプールへ。


ガーデンズ・バイ・ザ・ベイを散策。
だんだん日が暮れてきて、スーパーツリーたちがライトアップを始める。
小腹が空き、ガーデン内で軽食。


ヘリックス・ブリッジを渡り、ボート・キーへ。
夕食@ジャンボ・シーフード & 食後の一杯@ハリーズ・バー を楽しむ。


ホテルへ

チャンギ空港にお昼過ぎに到着する便だったので、初日からしっかりシンガポールを満喫できました。空港の建物から外に出た瞬間、もわーっとした熱帯の空気に包み込まれ、シンガポールに来たことを実感。

今回の研修旅行の目的の1つだったマリーナ・ベイ・サンズでの宿泊は、好きな時にプールへ行けたり、ショッピングモールへ直結していて買い物がしやすかったり、とても快適でした。ガーデン側の部屋だったので、部屋からシンガポールの街の夜景を眺めることはできなかったものの、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのライトアップを楽しむこともできました。 ただ、エレベーターではルームキーを認証させてから階数を押す仕組みだったのですが、私たちの各部屋2枚ずつ合計4枚のキーはなぜかなかなか認証されず、何度もほかの宿泊者の方に助けてもらいました。ほかの方々は何の苦労もなく使っていたので、不思議です…

小さな不運は気にせず、2日目は本格的にシンガポールを歩き回ります。
-2nd Day- へ。

 

DSA 空間デザイン賞 2013

一般社団法人日本空間デザイン協会が主催している空間デザインのアワード「DSA 空間デザイン賞2013」に弊社にてデザインを担当させて頂いた「ITEM in JRC 2013 国際医用画像総合展 “富士フイルム ブース”」「クラウドデイズトーキョー2012 fall “デスクネッツブース”」「第2回スマートフォン&モバイルEXPO[春] “シンメトリック ブース”」がDSA賞を受賞しました。

DSA 空間デザイン賞は、この1年間の空間環境系の優秀な作品を評価、公表し、新しいクリエイターの発掘とデザイン活動の向上、領域拡大を目指し、顕彰するものです。これに伴い、年末に発刊される「年鑑日本の空間デザイン2013」に入賞作が掲載されます。改めてクライアントの皆様、プロダクション関係者の皆様、ありがとうございました。